2013.10.13

一週間経ってしまいましたが、京都大賞典の話をば。「遅!」と思ったアナタが正解ですw

改めて振り返ってみましたが、北村友Jがレースの重心からうまくずらした騎乗をしたというレース直後の理解でよさそうです。位置取りも重要ですが、ペースアップするタイミングの方が勝敗のポイントになったようですね。結果として無欲の?ヒットザターゲットが差し切りました。

レースラップです。
12.9-11.6-11.6-12.7-12.6-12.4-11.7-11.4-11.1-11.6-11.3-12.0

スタートしてから1コーナーまでの間。外からわっせわっせとゴールドシップが押し上げてきたところで、ヒットザターゲットは反対に手綱を抑える所作がみえました。ゴールドシップに突かれたニューダイナスティが3ハロン目をググッと押し上げる中、ポジションを下げていく勝者と敗者のコントラスト。映像は観返してみるものですねぇ。ちょっと象徴的に映りました。

周囲と逆に手綱を抑えるのは3、4コーナーも同様でした。ラップを見る限り、勝因と敗因はこちらの方でしょうね。人気薄の気楽さもあるでしょうが、ジョッキーのペース判断も少なくなくプラスに作用していたと思います。

しかし、ヒットザターゲット。買えませんでしたねー。個人的には昨年の福島が印象深くて。復興競馬初日のメイン、福島民報杯。現地に乗り込んでいまして、パドックで自信を持って切っていたんですよねw

一応言い訳をしておくとw 晴れの良馬場として記録は残っていますが、薄曇りから小雨という天気で微妙に馬場が読みにくかったんですよね。でも、開幕週のパンパン馬場で福島2000で1:58.2、京都2400で2:22.9ですから、このリズムで買えば、って後の祭りでございますねw


それでいうなら、2着のアンコイルドはキャラクターが捉まえにくくなっています。札幌記念のドボドボ馬場でも諦めずに3着。一方勝った白富士の上がりは33.5。勝つための最適な条件はどんなでしょうね。もうわかっている方もいるのでしょうが、自分には課題ですね。ジャイアンツコーズウェイかー。ストームキャットが鍵ですかねー。


目を見張ったのはトゥザグローリー。3、4コーナーの厳しいペースでポジションを押し上げていきました。11.3のラップで先頭に立ったのは地力の証と思います。蹄の不安で春は全休だったようですが、休養明けを考えたら出来過ぎくらいのパフォーマンスでしょうか。

次走も引き続き池添Jが乗るようですし、そもそもが叩いて良化するタイプですし、ちょっと楽しみが増してきました。これから気温も湿度も下がりますので、まずは無事に。


ゴールドシップの敗因。シンプルにスピード不足とはアンカツツイートの弁でしたが、馬場もコースもペースも違う状況下で宝塚記念のパフォーマンスを再現しようとしたこともポイントだったかな、と思っています。

スタートから押して押して好位に取りついた時点でニューダイナスティを引っかけてしまい、我慢しきれず3コーナーを待たずにペースを上げたニューダイナスティを追撃するような格好になりました。あ、和田Jに罪はないですよ。燃えやすい気性に対応した結果の展開かなと理解しています。

上がり勝負にはせず、生涯ベストのような走破時計だったと思われますが、結果には結びつきませんでした。ゴールドシップ自身はグランプリと変わらないパフォーマンスだったかもしれないですね。いまいまは、阪神と京都のギャップにスポイルされたと見ています。

オーナーの要請から同じ戦略を取ったという話も目にしましたが、事前の算段はともかくとして、これで次走は立ち回りやすくなったのではないでしょうか。チャンピオンの矜持を背負う必要がなくなるのは、今のゴールドシップにとっては大きなプラス材料になるでしょう。

あとは、ふた月使い込んだ府中で大まくりが出来るのか。ジャパンカップでの後方待機策は、オルフェーヴルのようにある意味無茶するポイントが必要になると見ていますので。自分のパターンに引き摺りこめるか、見極めることになると思っています。



最後に。

週中は仕事三昧で、このリズムでは落ち着いて回顧もできないなーと割り切りモードでした。土曜の競馬も眺めるに留めて、エネルギーを充電する感じでした。

府中メインの白秋S、ラトルスネークはハッとする切れ味でしたね。メンディザバルがシンプルに乗っているように見えていて、あーいう時は自然と掴めているのかなと。乗り馬にもよりますが、ここ1、2週は逆らわない方がよいかもしれないですね。というくらいは中継を観れましたw


さて、秋華賞。実はこれから追い切り映像を観るので、もうすぐ夜明けですがまだなんともw

心肺能力ではデニムアンドルビーが抜けていると思っているのですが、京都内回り2000で後方に置かれるタイプはね。いまいまは前走をノーカウントとしてエバーブロッサムか、1、2枠から攻めるか、といったイメージをもっています。

ただ、これを上回って捲り切るならデニムかっこいいなー、みたいなこともふんわり考えていまして。さてさてどうしましょうね。はい、気持ちよく集中して予想したいと思います。

※すみません、すでに訂正をしていますが当初「心配能力」と書いておりました。お前が心配だよって話ですね。。。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/703-2b6557d4