2013.10.14


メイショウマンボ、鮮やかな2冠でした。

予想はもう全然読み違えでした。ビーナストリック、ノボリディアーナ、セキショウ。逃げると思しき馬がもっと溜め逃げに持ち込んでのロングスパート勝負かなと考えていました。そこから、好位の外で器用にポジショニングできて粘り込める馬を探す形に。穴馬でもいろいろ目をつぶって買ってみようと思っての、ウリウリ本命でした。買った傍から不安になっていましたね。。。

はい、メイショウマンボはパドックでよく見えていましたw ハイペースからの地力勝負を想定していれば、シャトーブランシュとどちらを本命視しようかな、という選択になっていたと思います。あーあ。

レースラップです。
12.1-10.4-11.9-12.2-12.3-12.3-11.9-11.8-11.8-11.9

幸四郎Jはインタビューの言葉通り、馬の地力を信じたレース運びだったと思います。11秒台が4つ続く上がりラップを追いかけて突き放すのは、内回り2000を器用に立ち回るだけでない、力の証明といっていいでしょうね。

スピードもスタミナも。同じ2冠ということだけでなく、今日のレース運びはカワカミプリンセスの様に映りました。クラシックの時期は本田Jでしたが、幸四郎Jも一時期乗っていて、G1では結果がでなかったと記憶しています。あくまで個人的な心象なのですが、妙な符合だなーと思いつつ、2006年の秋華賞をおさらいいたしました。結構似ていますよ、レース運び。

あとはジョッキーの面構え。勝利ジョッキーインタビューでの表情がよかったですね。いい仕事の循環の中にいることは収入の高低と同じくらい重要と思います。信頼関係をしっかり紡げているのでしょうね。上からでも下からでもなく、表情からそう受け取った次第です。


スマートレイアーは出遅れからの2着。レース後のコメントからはゲートの中で出遅れを覚悟した模様でした。自分の見立ては馬群で溜めた結果、4コーナーで進路が見つけられないというスポイル。出遅れによってそれは避けられたのですが、やはり後方一気では秋華賞は厳しいですね。戦歴を考えれば善戦ですが、重賞を獲る力は見込んでよさそうですね。あ、ちなみにこちらにはベッラレイアのイメージを持ちました。


デニムアンドルビーは僅差の4着。こちらは案の定、コースと展開にスポイルされてしまいました。ゴールドシップをなぞるようなタイミングで動いていきましたが、最後はメイショウマンボに突き放され、後ろから来たスマートレイアーにも捕まる結果に。

向こう正面のポジショニングを考えると直線は相当頑張っている印象。京都なら外回りに変わる方がよさそうですね。しかし、今回に関しては鞍上の動かしていくタイミングが微妙だった気がしています。鞍上がポジションに嵌めようとし過ぎてしまったかな。後半の追い込みだけに徹しても結果が出ないかも、という板挟みは察するところなのですが。


もったいなかったのはシャトーブランシュ。4コーナーで詰まってしまいました。その後の脚色からすると、スムーズだったらと思っちゃいますね。失礼な心象かもですが、3、4コーナーでどう捌くつもりだったのか、ちょっと伝わってこなかったんですよね。ヒットザターゲットの再現には条件が違い過ぎていました。

デニムアンドルビーともども、京都外回り2200のコースレイアウトなら巻き返し十分と思っています。明日の府中牝馬S次第でもありますが、エリザベス女王杯は面白いメンバー構成になりそうですね。



最後に。

週中もさらっと競馬関連の記事はチェックしていたのですが、『幸四郎「マンボのリズムで」』という記事タイトルを目にしていまして。ダジャレかい、と心中で軽く扱っていたのですが、そういえばティコティコタックも音楽からみの命名なんですよねw いろいろサインは出ていたということでw


さて、明日も開催はございますね。3日間開催の最終日は府中にばっちり繰り出す予定です。府中牝馬Sはまださっぱりピントが絞れていませんが、それ以外のことはいったんリセットしてのんびり時間が使えそう。天気もよさそうですし、堪能してくるつもりです。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/704-6ac65951