2013.10.15


祝日の月曜開催、指定席での観戦でした。

Club A-PATで定期的に指定席をプレゼントしているのですが、初めて当たりまして。仕事の流れがちょっと怪しかったのですが、無事に行けてよかったです。メモリアルスタンドの最前列とは粋な計らいでしたねー。今後も応募しますのでよろしくお願いしますーw
府中メモリアルスタンドからの4コーナー

昼前に到着して午後のレースから参戦したのですが、まぁうららか。いい天気と最前列は緊張感を損なう最高のロケーションでした。すっかり弛緩したまま、3レース連続で本命が4着という泥沼予想に陥りましたw

順に、クレバーデステニー、チャペルプリンセス、ケイティープライド。まぁ緊張感を持てば当たるのかといえばアレですけどw

ケイティープライドは初ダートながら積極策。直線早目に先頭に立ったところを待機策のゲマインシャフトに豪快に交わされました。川田Jのアクセルを踏んでいく姿勢とケイティープライドの強めの前進気勢がラストを甘くした感がありますが、こういう馬をしっかり狙えたのは悪い気しないです。と一応書いておきますよ、もうw



府中牝馬Sはホエールキャプチャ。

逃げ馬不在、決め手を補う意味でコスモネモシンの逃げかな、というくらいしか先行争いが読めないメンバー。スローペースをコントロールよく好位追走して直線ビッと切れる馬を重視するつもりで評価の上げ下げ。ドナウブルーやホエールキャプチャの評価をあげて、アロマティコ、ハナズゴール、ゴールデンナンバーをさげるリズムはうまくいったようです。

あとはどれを本命視するか。軽ハンデの切れ味と前走で五分にゲートを出ていたことを見込んで、スイートサルサに寄せてみました。単勝は外れましたが、3連複を選んだことで馬券的にもうまくいきました。うし。

レースラップです。
13.1-12.0-12.8-13.1-12.8-12.2-10.8-10.7-11.3

しかしすごい上がりですね。レースのそれが32.8で、最速だったゴールデンナンバーの上がりは32.0。器用さと加速力が強烈に問われる展開になりましたね。スローだとひとつ前、ひとつ外というポジショニングがセンシティブに影響するという認識ですので、勝敗に加わるにはスイートサルサの位置でもギリギリ、ひとつ後ろではアウトだったということなのでしょう。


ホエールキャプチャ。思えば勝ったヴィクトリアマイルでも比較的スローな流れを巧みに立ち回っていましたから、それをキャッチアップできていれば無難な結果ともいえそうです。体調が下降していた時期のイメージがあった分、強くは推せませんでしたね。一応、前走札幌記念をノーカウントと見積もっていたことはいい手応えとして残っています。


ドナウブルーは万全の仕上げとは思えなかったのですが、展開利と地力で2着を確保したと見ています。テン乗りのメンディザバルもかなり研究していたでしょうか。これで体調が上向いて来れば京都でも面白い存在になるかもしれません。個人的にはやっぱり体型や身のこなしが(顔もw)好きなんですよね。スイートサルサに決めるまでは結構逡巡してしまいました。


ハナズゴールはちょっともったいない展開。パトロールフィルムで観る限り2コーナーを回ってから最内のミッドサマーフェアがふらつき、マルセリーナ、ハナズゴールと玉突き的な馬体の接触があったようです。それをきっかけに手綱を抑える仕草がしばらく続きました。ここで力をロスしてしまったかもしれません。直線までホエールキャプチャの直後でしたのでそこから弾けたらと思って観ていましたが、10.8-10.7のレースラップではね。

次走はどこになるでしょう。マイルCSなら一発狙いの乗り方に徹してほしいなと思っています。


あとはスイートサルサ。鞍上は力負けとコメントしていたようですが、今日の負け方はある意味度外視していいように思っています。展開に合わせてポジションを前後できる分、あとは条件ひとつかなと。引き続き人気しないのなら忘れずに狙っていきたいですね。本命にした分の贔屓目?いやいや。あ、でもちょっとはあるかもw



最後に。

府中の最終が終わった後、ひとの流れは盛岡の馬券売り場へ。あっという間に小さめのエリアがごった返していました。あわてて馬券を購入して再びスタンドへ。ターフビジョンで南部杯を観戦しました。

エスポワールシチーがホッコータルマエを突き放した瞬間、府中のスタンドが揺れました。悲鳴とも歓声ともつかない興奮した声援がぐわっとボリュームアップしていました。後藤Jの復帰後初G1制覇。レース後じわじわと、エスポワールにしておけばと思ってしまいました。素晴らしい復活劇。佐藤ジョッキーだったらどう乗ったか、なんてコメントは用意していたかどうかを問わず素晴らしい限りと思います。エンターテイナーが帰ってきましたね。

合わせてホッコータルマエの特徴もひとつ見えたかなと思っています。ニホンピロアワーズがいればなおよかったんですけどね、2頭ともJBCなら予想が非常に面白くなりそうです。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/705-071c946b