2013.10.27


台風27号は東京からは逸れていきました。

この天皇賞ウィークは接近する台風とのにらめっこでした。雨風の被害はどうなるか、もちろん気になっていましたが、競馬ファン的には馬場への影響も重要ですものね。結果的に東京の南の海上を通り抜けるコース取りに。金曜から土曜の午前中までは強めに降ったり止んだりという天候でした。

土曜の府中は不良馬場。メインの紅葉Sはコスモソーンパークの粘り込みでした。ラロメリアをゴール前で差し返すような図式でしたが、上がりが11.6-11.3-12.5。ラスト1ハロンの失速っぷりは馬場によるものでしょうか。先週日曜の最終レース、ガチバトルの差しとも似ているように思いました。この時のレースの上がりは11.9-12.3-13.4。前の失速をスタミナで捉えるタイプの外差しですね。

どうやら日曜は晴れ間が戻ってくる様子。この傾向がそのまま継続するとは思えませんので、当日の馬場を見極めることが大きなポイントになりそうです。当初、エイシンフラッシュは完全にお客様と思っていましたが、馬場の回復次第でそうとも言いきれなくなるかなー。



土曜の京都メインはスワンS。コパノリチャードの逃げ切りでした。

同型のエーシントップが出負けしたことと、テイエムオオタカが早目に競り合いを避けたことで、比較的楽に直線を向けたことが勝因と思っています。もともと力があると思っていましたし、月曜に最終登録を見た時は面白いかなとか過ぎっていたんですけどね。浜中の、テイエムオオタカに一瞥くれる瞬間は「おおっ」と驚いた次第。もう若輩とした存在感ではなくなっているのでしょうね。

馬体の膨らみ方に好感を覚えたレッドオーヴァルから入りましたが、結果としてペースと最内枠がアダになったと見ています。前に入られないようにスタートをだした分、ずっと力んだ走り方になってしまっていました。ミルコは拳を上げて力を逸らしていたと思われますが、持ったままにしては力を溜められなかった様子。中途半端な敗戦になりましたがが、鞍上継続なら次走は思い切った後方待機も可能でしょう。マイルCS、エントリーしてくるならヴィクトリアマイルへの布石も含んで面白いかなと思っています。

ちょっと残念だったのはラトルスネーク。スタートから後手後手を踏んでしまいました。前走と同じジョッキーが
乗っているとは思えず。待機策から秋華賞2着まで押し上げるような切り替えはみられませんでしたね。消耗が大きいうえ着順は上がらず得るものも少ない、という厳しい結果を招いてしまいました。辛口の心象になっているのは、マイルCSで観たかったのに、という思いが強いせいですね。はい、POGで指名してるといつまでも引きずる悪い癖ですw



さて別の話題ですが、この週中に来年度の番組が発表になりまして、そのことを少々書いておこうかなと思います。
2014年度開催日割および重賞競走について

まず、ジャパンカップダートがなくなりました。あ、いや、あくまで個人の感想ですよ。チャンピオンズカップとして中京へ移設、というのが正の見解ではあります。でもねぇ、国際招待競走としての名目と実態、そして「ジャパンカップ」という看板。これらを外した時点で、あーなくなったなぁと。

アメリカから強豪馬を招待する動機は低減しているんですかね。いっそ中京はタペタにしちゃってメイダンとの連携を強めるとか。オールウェザーとひとくくりにするにはいろいろ難しそうですけど。

…どうも世界の主要レースとの連関より国内の調整に終始したように見えている点が残念で。ローテーションの組み方は新しい価値の提案にもなり得ますからね。それなら武豊Jが再三訴えている、いわゆるお祭り開催日(複数G1の同日開催)を試みる方がよほど意味があるのかなと。既存のファンだけでなく広く関心を集めるには、打ち上げ花火も大事かと思っておりまして。多少忙しさはありましたが、2004年のジャパンカップ、ジャパンカップダートの同日開催はいい昂揚感で迎えたことを覚えています。…ちょっと話が逸れてますけど。


2歳重賞にもだいぶ変更が。朝日杯が阪神に移設、その分ホープフルSがG3になっています(ラジオNIKKEI2歳Sを中山に移設という名目?のよう)。発表には「マイルG1競走に加えて、2歳中距離路線の頂点」という表現がありますので、中距離重賞には別の価値を見出している模様です。

むーん。以前からそれをはっきり打ち出せていれば、例えば2000年の最優秀2歳はアグネスタキオンだったかもしれませんね。朝日杯という唯一のG1が年度末表彰の選定基準につながる傾向があったと理解していますので(レースの格が、という議論は消極的な姿勢とも思っています)これで変わるのかなー。ホープフルSの方がメンバーもパフォーマンスも上、結果として評価も上という年があってもよいですね。


いちょうS、京都2歳Sの重賞格上げによって2歳のローテーションにボリューム感が増しました。個人的には、2歳戦線の拡充は、馬主の購買意欲アップを狙った対策なのかなと感じています。古馬の準オープン、オープンクラスの馬を大事に使って入着を繰り返せればある程度ペイできるし楽しめるし、という安定感があるなら新規購入への意欲は減退して不思議ないかなと。こんな景況感ですしね。

購入から賞金獲得まで、早期にペイしやすい環境が促進されるなら、その循環に期待する購買も比例するかもしれません。ホントのところはわかりませんけどw

ただそこに狙いがあるなら、むしろダート重賞の充実に力を振り向けてほしいかなと。交流重賞との兼ね合いはありますが、プラタナス賞とか重賞にしちゃいませんかw サウスヴィグラスとかワイルドラッシュとかスウェプトオーヴァーボードとか、いまよりもっと値段がつくかもしれません。…的外れですかねーw



はい、またまた、全く別の話題ですが、島田明宏さんのコラムについてもさらりと。

netkeibaの金曜のコラムがなかなか響いております。
大人の遊び | netkeiba.com競馬コラム

以下のフレーズはまさに自分が馴染んできた競馬を表しておりまして。

私が20代前半のころから競馬にのめり込んでしまったのは、競馬が「ひとりで遊べる」ものだからだと思う。


初心者が競馬場で時間を持て余してしまうのも、こなれたファンがレースとレースの間を慌ただしく活動するのも、ここがポイントだと思っています。個々人のイメージや思考が、目の前の馬の動きと連関することが楽しいんですよね。初心者はもちろん、そんなイメージや思考パターンを駆使することができないわけですから、そりゃ持て余すわけです。必死に新聞の読み方や馬の見方を聞いて、なんとか楽しさに気づけるなら深みにも嵌れるでしょうけど。

社交の材料として競馬の話題が機能することも経験していますし、複雑怪奇なひとり遊びに興じないたくさんのライトユーザーを許容することも興業として競馬が続いていくポイントだと思うようになっていますが、ひとり分のイメージにのめり込むことこそ感じてきた面白さなんですよね。これまでも「イメージをくゆらす」などと表現してきましたが、まさにこの「ひとり遊び」なわけでして。ちょっと高揚しながらコラムを読み進めた次第です。



トウケイヘイローはどれくらい前傾ラップで突っ込んでいくのか。ジェンティルドンナが道中必要以上に自分のペースを守るとしたら、前残りの可能性?乾いた馬場で差しこめるのは、トゥザグローリー?アンコイルド?ヴェルデグリーン?レインスティック?…はい、こんな調子で枠順がでてからは「大人の」ひとり遊び全開でございますw

そうやって自分のイメージに宿る願望や癖が表出する様を楽しめるようになったから、長く続いているんでしょうね、きっと。




最後に。

改めて、今年の秋の天皇賞。個人的にはトウケイヘイローとジェンティルドンナ、どちらの単勝をもっていたら楽しめるかという基準で、当日の馬場とにらめっこする予定です。天気も回復するでしょうし、気持ちよく現地観戦しようと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/707-e30aac67