2013.11.10


…グリコの回し者ではないですよw

金沢で燃え尽きたわけでもないのですが、この土曜は結果を見るだけと割り切ってオーバーホール状態でした。夜になってからエリザベス女王杯の追い切りなどをチェック。その時のお供がカフェオレでして。週中、なんだかカフェオーレのうたが耳に残ってしまっていて、素直にコンビニでカフェオーレに手がでてしまった次第ですw
白黒つけないカフェオーレ

競馬の予想ですからどこかで白黒つける必要があるのですが、年季がはいっているせいでしょうかね、白かな?黒かな?でふわふわ迷う時間こそが醍醐味になっちゃっておりまして。そこにあのシンプルなメロディーと歌詞がじわじわ染み込んでまいりました。まぁ実際にカフェオーレを買う必要があったのかは謎ですがw

…このふわふわした時間がまとまって取れないから買うレースも厳選しているんでしょうね。書いていてちょっとした気づきました。



先週の公開分ですが、netkeibaの島田明宏さんのコラムを取り上げておきたいと思います。
続・大人の遊び | netkeiba.com競馬コラム

ご本人の自己申告通り話題はあちこちに飛んでいくのですがw 東京競馬場のイベントでの伊集院静さんの発言が紹介されていまして、それが妙にささってしまいました。競馬場にひとを呼ぶためにはという杉本清さんのフリに答えたという流れらしく、曰く「競馬場に来るほうがどうかしているんだ」というものw

脊髄反射のように答えて笑いをとっていたのかなーと想像しているところですが、自分なりに感じ入るものがありまして。なんといいますか、ギャンブルをやることへの後ろめたさを体感しているからこその科白なのかなと。10万人を超えてひとが集まっていたその動機にも、その後ろめたさが混じっているようにも思えていまして。ちょっとした背徳感も熱狂や執着のスパイスだったかもしれません。

競馬がいかに大勢に受け入れられていくか。野平先生の懸念もそのあたりにあったのでしょう。この辺は井崎さんのコラムも引用しておきましょうか。野平サロンのお話。
「賭け事は上品に」これが達人の極意

記事中にある通り「賭け事は下品にやると軽蔑されるだけだけど、上品にやると修養になる」と野平先生がよく言われていたとのこと。いまいま上品にやれているかはともかくとして、競馬場に向かうことへの蔑視の感覚はどこかで心に留め置いていたほうがいいのかなと改めて思います。

ギャンブル性そのものは善でも悪でもないですからね。清濁飲み下してこその競馬上手と心得ております。あーでも予想は白黒つけないとイカンですかねーw



ファンタジーSで気づいたこと。

ベルカント武豊がスタートダッシュであらかた勝負を決めてしまいました。もちろん結果論ですけどね。新馬未勝利の逃げ切りなら2戦目で同様の選択を取りたい陣営は少ないはずです。かといって無理やり抑えたいはずもなく。有力馬ベルカントの先手は、このアンビヴァレンツの足元をみた格好。特にエイシンオルドスはがんじがらめの中で折り合いを欠いていったように見えました。

武豊の逃げ切り。バルザローナの2着は、そのお家芸を知らないが故でしょうか。後方の内でやりくりしながら、直線だけで切れを引き出しました。4R未勝利のゼウスバローズの映像を観ましたが、道中の膝の柔らかさと追ってからのしなやかさ。感覚的な表現ですみませんが、デットーリにも通じるところがあるかなーなどと。2着のルメールの進め方に落ち度が見当たらない分、立ち回りが目立って見えました。オールザットジャズかーw



はい、エリザベス女王杯です。

日曜の京都は雨予報。土曜の芝は内回り外回りとも先行有利と受け取っていますが、これがどれだけ変わってくるか。いまいまは白黒つけないで参りましょうかねw

追い切りでよく見えた馬はオールザットジャズ、ディアデラマドレ、ホエールキャプチャ、アロマティコ、ヴィルシーナ、スピードリッパー。ラキシスも順調に見えましたがまだ線が細い印象でした。

武幸四郎の佇まい。追い切り後のインタビューでは秋華賞がピークであることを訴えつつ、語尾を自身の願望で締めくくる受け答え。期待感を損なわずに嘘も混ぜない話のまとめ方はお兄さんのそれによく似ている印象でした。その秋華賞馬メイショウマンボは前走後さすがにガタッときたらしく、追い切りのラストは軽く流す程度。先着していましたが手綱の加減が見て取れました。万全、ではなさそうですが、雨の程度で重視の度合いが変わってくるという理解でいます。荒れた京都でスズカマンボ、ですからね。

個人的にはディアデラマドレ。お母さんのディアデラノビアは好きな馬でしたからねー。ただ角居厩舎の良血馬でかつ上がり馬だとポルトフィーノの記憶がございまして。。。 あまりに連想ゲームが過ぎるのも決められなくなるだけでしょうか。藤岡康太の所作に賭けてみたいとも思っています。



最後に。

カフェオーレのうた、2番の歌詞だけ引用します。

すききらい どっちでも 言葉にしなきゃわからない
言葉になると何か足りない 白黒つけないカフェオーレ


…直前まで本命を決めない言い訳をしてくれておりますw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/710-35ce74c6