2013.12.15


この日曜日、中山では最後の朝日杯になります。

ダービーに直結しないという批判を受けて久しい2歳G1ですが、個人的にはそりゃそうだろうという率直な感想を持っておりました。古くはマルゼンスキー、ミホノブルボン、ナリタブライアン。マルゼンスキーは出られませんでしたが、クラシックの序列を語る上でこうした勝ち馬の残像がオールドファンほど色濃いような気がしています。個人的にはグラスワンダーが最も印象深いですけどね。当時はNHKマイルCができたことで、クラシック組みとの比較と並行してエルコンドルパサーとの対決モードが強く煽られていました。

阪神マイルに変わることでクラシックの傾向も大きく変わるでしょう。ホープフルSがG1昇格する場合、最優秀2歳はどうなるんだという意見も目にしましたが、むしろこれまでが「朝日杯勝利=唯一のG1実績=最優秀2歳」的な思考停止を招いていた可能性もあり。投票する方にも先の残像が色濃いかもしれませんね。G1への権威主義的な姿勢かもしれません。いずれにせよ、各自の目線でレースごとのパフォーマンスを見定める価値観が並行するなら、その方が面白いだろうという感想をもっています。2000年の最優秀はメジロベイリーには申し訳ないけどアグネスタキオンでしょう、というような。

ベルカントが朝日杯を勝ったら、最優秀2歳牝馬はどうするんだという議論も実際目の当たりにしてみたいですねー。…このあたりは無責任ないちファンの傍観が過ぎるかもしれませんけど。


そのベルカント。角田調教師は競馬ラボのインタビューで最内枠を強調していましたが、島田さんのコラムを見ると後入れの1枠2番が第一希望だったようです。最内枠だと出遅れは致命傷ですからね、同じく1枠1番だったフジキセキを持ち出すのも含めて「理想的?」と個人的には首を傾げていたので、この記事を見て多少腑に落ちた感がありました。外枠よりいいのは間違いないですね。
快速牝馬ベルカントをパートナーに、武豊、朝日杯でGI全制覇なるか?(1/3) - Number Web : ナンバー

武豊は朝日杯未勝利。勝てば中央G1全制覇となりますが、今回は過剰な期待はむむーどうでしょうね。ミッキーアイルの除外は追い風と思いますが、勝つためにはいくつか条件に恵まれる必要がありそうです。あ、フジキセキとスキーキャプテン、その鞍上同士がタッグを組んでというつながりは長くファンをやっていればこその味わいがありますね。


そのミッキーアイルのひいらぎ賞。強かったことは確かそうなのですが、なんといいますか、しっかりとしたラップなんですよね。勝つことにこだわる展開でなく、もうひとつふたつレースを教えるスタンスが感じられるとよかったのかなと思っています。逃げ馬?という疑念がありますね。

ラップ構成を見るとアルフレードが勝った2011年に近い模様です。

ひいらぎ賞のラップはこちら。
12.6-11.2-11.5-12.1-12.1-11.9-11.1-11.7

アルフレードの朝日杯はこちら。
12.6-11.1-12.1-12.2-12.2-11.7-11.0-12.0

ベルカントの理想はこんなバランスかなとイメージしていますが、ポイントは一番差の大きい3ハロン目にあると見ています。ここをニュートラルに流して落ち着いたラップが計時されるなら可能性アリかもしれません。が、そう上手くいかないのではという年季のはいったエクスキューズも同時にありまして。ウインフルブルーム、マイネルディアベル、同型馬がいるんですよね。おそらく振り切れるはずなのですが、その結果3ハロン目を速くしてしまうような気がしています。ねーどうしましょw


追い切りでよく見えたのは、ベルカント、アトム、ニシノデンジャラス、グリサージュ、プレイアンドリアル、ハイアーレート。ちょっと多いですかね。

レースのどこかで瞬間的にペースをあげられるかが勝負の分かれ目と思っていまして、アンジュレーション的にそこでパワーが求められると見ています。そうするとリーチザクラウンのように千両賞を勝ってきたウインフルブルームやマイネルディアベル、プレイアンドリアルあたりは、瞬間的な加速が可能な筋肉量にはあまり見えておらず。であれば、グリサージュやハイアーレートに思い切って寄せてしまうのもアリかな、と。色気出しすぎかしらw


ショウナンワダチを外枠理由で下げつつ、内枠で立ち回れるアトムの評価をあげようかな、などと思案中。直前まで悩みそうな気配は平常運転の証ですねw



最後に。

全く別の話題ですが、競走馬ハンドブックという本が刊行されております。
[丸善出版ニュース] 「競走馬ハンドブック」* わが国初の本格的な競走馬育成書。* 2013年12月発売

競走馬の育成についての知見を日本ウマ科学会編集で取りまとめた一冊。アカンですねw 16000円の値段が育成従事者向けの専門書であることを示していると思われますが、ばっちり買う気ですw おかげさまで賞与もでましたしね。年末年始に読みふけるイメージが早くもできあがっておりまして、ダメな子ですw



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/718-d834843e