2013.12.15

アジアエクスプレスのパワフルな差しが決まりました。

パークウインズ府中で観戦しました。関東G1のファンファーレを聞きながら、あぁ朝日杯でこれを聴くのは最後なんだなぁというちょっとした感慨もあり。すぐにホープフルSで聴けるじゃん、くらいフットワーク軽くしておきたいですね。

パドックでの見立てはプレイアンドリアルとアジアエクスプレスでした。馬体のスケール感とちょっと切れ味を削ぐような芝の状態から、この2頭のどちらかを本命視しよう、と思ったところまではよかったんですけどね。前走がオキザリス賞、府中のダートマイルですからねぇ。さすがに常識が邪魔をしてしまいましたよ。

レースラップです。
12.7-11.0-11.4-11.7-11.8-12.2-11.8-12.1

道中は気合をのせられながらの追走。どうやら気を抜いてしまうそうですね。4コーナー手前あたりはこのまま伸び切れないかも、という手応えに見えました。そこからの差し脚ですから息が長かったということでしょう。パトロールフィルムで見る4コーナーでの外への持ち出しは実にスムーズ。鞍上のエスコートも綺麗に決まっていました。コーナリングの軌跡はもう、何らかの美学をもっているそれですね。ムーアの美学。

パドックでのウマの見立てはもうひとつあって「来年のジャパンダートダービーで見たいなー」というものw いや、レース後ムーアも発言していましたが、やっぱりダート寄りの適性だと受け取りました。確かにG1を勝ちましたが、今回は例外的なケースと捉える方が賢明のように思っています。

ちょっとパワーに寄っている印象がありまして。おそらく5月の府中の良馬場では良績は望みにくいんではないかなと感じているところです。G1を獲ったことで今後適性に乏しいローテーションになってしまうかもしれません。それこそドバイを狙うのも一興かもしれませんな。ただ、とても面白いウマがでてきたのは事実。だって、もう次走が読めないですものね。今後の軌跡を楽しみにしています。

一応オキザリス賞のラップも。
12.3-11.0-11.7-12.1-13.0-12.4-12.2-13.2

前日に一度レースを見返してはいたんですけどね。「ギアがいくつもある」かぁ。後でもう一度振り返ってみます、オキザリス賞の方をw


プレイアンドリアル。本命にしてしまいました。パドック映像で見た馬体は思っていたより厚みがありました。これなら中山の直線をパワフルに登坂できるかなと思い直していました。ただイレ込みがね…。外枠発走の先行馬、前にウマをおけない状態は容易に想像がつきます。一瞬、そのリスクを考えたのですが、そのまま本命で通してしまいました。イレ込みでハミを取りっ放しだったことが敗因と理解しています。リスクの見積もりが甘かったですね。。。

イレ込みがきつくなる原因は様々でしょうが、オーナーの気合乗りとリンクしているというのはちょっと言い過ぎですかね。レースまでのプロセスに指示がだせる立場、そのジャッジに強い前進気勢があるなら、負荷のかけ方も知らず知らず強く働いてしまうように思えていまして。期待や悲願の思いの深さはわかりようもないのですが、プレイアンドリアルのイレ込みは過剰な期待の表れのように思えています。…単勝を買った人間が言うセリフではないでしょうかw


ショウナンアチーヴ。ずっと評価を上げていなかったのですが、返し馬の弾み方を見て相手に含めました。今日の馬場には合っていたでしょうか。結果的に縦目だったわけで言葉もないわけなのですがw

後藤の残り800mからの肩ムチ。繰り返し拳をひねって早めに仕掛けていきました。冷静に、でも勝負にいったんだろうと見ています。いい佇まいといいますか、復帰後のレースに向かうスタンスが印象よいんですよね。先週はそれで期待しすぎた訳です、はいw

結果としてムーアの目標となりましたが、あそこでアジアエクスプレスを警戒するならむしろ消極的なマインドというべきでしょう。力を尽くした、いいパフォーマンスだったと思います。


アトム。こちらはウマの気合がなかなか感じられず。パワーというよりピッチ走法の分、中山の登坂を苦にしないのではと見立てていましたが、パドックでは俊敏性もスケール感も気持ち足りない印象でした。4コーナーから直線坂下、スッとポジションを上げられなかったあたりが、その印象とリンクしています。

川田は「前が詰まった」とコメントしていますが、その印象がある分、陣営を擁護するニュアンスも感じ取っていまして。擁護するされるの関係は逆で然るべき、とも思っています。


ベルカント。話題先行ではなかったと思っています。速過ぎず、溜め過ぎない、いいラップを踏んでいたのではないでしょうか。勝った差し馬に35.3を要求するタフさが今日の馬場にはあって、ベルカントの適性はそこに及ばなかったという見立てでいます。

マイルは少し長い、という武豊のコメント。トレーナーとジョッキーの因縁や記録へのチャレンジでかすんでいたかもしれませんが、小倉2歳Sの時点で逃げ切るには気性が…と言われていましたからね。体型うんぬんよりも気持ちがスプリント寄り、という評価でいいように思っています。3歳春まではローテーションに苦慮してしまいそうですね。


ウインフルブルーム。控えて伸ばす競馬ができました。できなくて惨敗のイメージがありましたので、これは見立てを修正しないといけません。次走が気になります。きさらぎ賞だと無理なく適性の範囲で結果が見込めるでしょうか。本気でリーチザクラウンのローテーションですけどねw



最後に。

日曜中山最終。朝日杯と同じ芝1600mでマイネルアダマスに乗るムーアを、2匹目のどじょう(言い方古っw)を狙って買って見ました。後方から内で控えて、外に出すチャレンジをし損ねたまま直線へ。切り返せずに前が詰まっての5着。不完全燃焼の感は否めませんでした。ただ、綺麗に決めたアジアエクスプレスと合わせて、コースの狙い方が少し見えたような気がしていまして。先ほど書いたアレです、ムーアの美学。あくまで個人的な心象ですけどね。来週の大一番に活かせるかは未知数ということでw



さぁ、有馬記念ですよ!!
ジェンティルドンナもジャスタウェイもメイショウマンボもキズナもエピファネイアもいませんが、有馬記念ですよ!!!…こう書くとちょっと寂しさを覚えますねw


誰ですか、オルフェーヴルでいいんじゃね?なんて短絡的に結論付けている人は。その結論に至るまでの過程が醍醐味なんですから。

…まぁ、いまの言い回しだといたい本命は決まっているみたいに聞こえちゃいますけどねw


仕事は相変わらずのペースですが、1週間ばっちり考えていきたいと思っています!



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/719-46c973ce