2014.01.06


エキストラエンド、ルメールのメリハリが勝利を引き寄せました。

勝つためのポジショニングがうまくいっていたのは3~5着、シャイニープリンス、ガルボ、ブレイズアトレイル、それにトーセンレーヴだったと見ています。

特にブレイズアトレイル、力が足りない分、そのひとつ後ろで構えていたエキストラエンドとオースミナインに交わされてしまいましたが、藤岡康太の進め方は好印象。逃げたテイエムオオタカのひとつ外という枠順の妙もしっかり活かしていたようです。

レースラップです。
12.4-11.0-11.3-11.9-11.5-11.3-11.4-11.7

出負け気味のエキストラエンドですが、下り坂でペースの上がる展開に直線までシフトアップを待っていました。落ち着いた対処が鮮やかな着差を生んだと思っています。本命の乗り方ではないでしょうが、お見事ですね。

オースミナイン福永もルメールと同様しっかり待てていました。1、2着の明暗は枠順と4コーナーでの進路取りでしょうか。福永は直線に向く際に一瞬だけ外に進路を求めたようです。トーセンレーヴが膨らまずにコーナリングしたことで外を諦めて再度内にハンドルを切った、ように見えています。そもそもトップスピードに乗るまでの加速力の差もあるように映っていますが、エキストラエンドと内外が逆ならいろいろ違っていたかもしれません。

マイネルラクリマはどうしたでしょう。3コーナー手前で挟まれてからはポジションが後退するばかりでした。トップハンデとプラス体重。いつもの先行策ができなかったのか、早々に控える形に切り替えたのか。いずれにしても3コーナー以降の進め方は残念なそれでした。あれで勝ったらデュランダルでしょうね。

メイケイペガスターに期待していたのですが、かかり癖は相変わらず。藤田の進路取りは馬群を避ける形でした。他馬の後ろを選択しなかったあたりに問題点が潜んでいそうですが、いまいまはなんともわかりかねています。抜群の追い切りだったんですけどね。



中山金杯はさっくりと。

こちらも内々の後ろで控えていたオーシャンブルーがイン突き。ディサイファの仕掛けは妥当なものと見えましたが、有馬2着の裏付けがモノを言った格好ですね。京都と同様にこちらの勝ち馬も本命を背負った乗り方ではなかったかな。前半かかり気味でしたしね。

レースラップです。
12.2-10.5-12.4-11.8-12.5-12.1-12.0-12.2-12.1-12.3

今回はレースラップよりも仕掛けどころが重要でしょうね。離して逃げたドリームヒーロー以外は直線入口に向けて加速する展開。加えて大半の先行馬の手応えがまだ残っている状況ですと、直線入口は横一列に広がる形になりがち。このためでしょう、カルドブレッサは大外までもっていかざると得ませんでした。狙っていたんですけどね、残念でした。



最後に。見直してみた阪神カップについて。

残り100mを切ってからのムーア、両足を振り子のように使い始めました。当初は重心移動を利用してリアルインパクトをもうひと粘りさせたかったのかなと思っていましたが、あれは実は拍車だったのかなという推測をしているところです。あの激しい振り子の最中、後ろに足が振れる度に馬の腹をギュッ、ギュッと蹴っていたのではないかと。だとすると、ものすごいボディバランスですよね。

朝日杯からの2週はかなり中山の特性を掴んでいたように見えています。荒っぽいシーンもあったようですが、少なくともクロタカとインプロヴァンスはムーアさまさまだったと思っていますw そうですね、ここしばらくのムーアからの乗り替わりは機械的に狙い下げてみるのも一興かもしれません。いや、それぐらい掴んでいたという印象があります。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/725-5e96a496