2014.01.13

ミッキーアイル、完勝でした。

ウインズ横浜で観戦していました。鮮やかなスタートを観た瞬間に本命タガノグランパはほぼないなーと思っていました。レース内容について語ることは少ないでしょうか。レース後すぐに今後のローテーションが報道されたことは、関心のポイントを象徴的に物語っているように思いました。

レースラップです。
12.2-11.5-11.8-12.4-11.8-11.3-11.0-11.8

リアルタイムではスタートから流していたのかなと思っていましたが、改めてレース映像で観たスタートからの拳の感じからは、あらかじめ前々で運ぶ意思はもっていたように見えました。いずれにしても下げる方がストレスが高かったでしょうね。

課題と言えば逃げの一手であることと、手前の変え方がちょっと大仰であることでしょうか。ラップからはワンペースの馬ではないようですので、春の本番までにパンプアップと他馬に左右されない落ち着きをどこまで磨くことができるか。

今回完勝したことで今後の、少なくともNHKマイルカップまでの戦略はおそらく逃げになるでしょうね。ある意味では面白い存在になってきました。府中であの逃げかぁ。ちょっと難しいかもなぁというのが正直なところですが、どうなるでしょう。

個人的には逃げる癖のついたトーセンレーヴのようなイメージ。あぁ、ディープインパクトが控える競馬を施されなかったら、というタラレバを見ているような気もしています。このあたりも面白いですね


ウインフルブルームは対照的に待機策を選択。決断は早かったようです。最後詰め寄ったことも含めて、皐月賞トライアルに向けては十分な布石になったでしょう。朝日杯直後より楽しみが膨らんだように思っています。

千両賞の頃はリーチザクラウンのような懸念を抱えるのかな、と思っていましたが、むしろその懸念はミッキーアイルの方に残されている格好ですしね。…馬の気質もあり、鞍上の経験の質量もある話ですので正確には何ともいえませんが、そのあたりを斟酌しながら春に向けた評価を積み上げるのが、ファン個人個人に任された好き勝手な裁量の部分と心得ておりますよ。

ちょっと使い詰めているのが懸念材料でしょうか。ちょっと間隔を空けるならスプリングSで見てみたいかなー。本馬のパフォーマンスと同時に皐月賞を占う尺度にもなりそうな気がしています。


タガノグランパには不運でした。スタート後、外からニシケンモノノフの内に切れ込む進路取りの影響でワイレアワヒネがびっくりして内へよれ、さらに内のタガノに接触。タガノはここでかかり気味になってしまったようでした。ちょうどウインが位置取りを上げていく間、折り合いを取り戻すため対照的に引っ張ることになりました。ウインの位置まで楽にいけないとこの展開では厳しかったですものね。

これがなければ、もう少しいいところがあったかな。ラジオNIKKEIのラスト、しぶとい末脚に着目してみた感じは春のG1まで忘れないようにしておきたいと思います。

しかし少ない可能性をこじ開けるような本命の決め方は相変わらず、もはや悪癖でございますね。わかったうえで上手に出し入れできれば馬券力につながるのですけど。30代も後半になるというのにまだまだ折り合いに信頼が置きにくいとは困ったものですw


ワイレアワヒネ、いい馬ですね。翌月曜のフェアリーSのレベル感がかなり?だと思っていますので、除外にならなければ中山でいい結果が出ていたかもしれません。フォームがね、母父マーベラスサンデーを彷彿とさせるんですよね。前脚の折りたたみ方とか。栗毛の登録ですが栃栗毛に色合い、赤いメンコといい。タイキシャトルが入っている分掻き込み力が増していたり、まったく生き写しではないでしょうけどね。



さて、初めて訪れたウインズ横浜についても少々。

当日は川崎の映画館に寄ってからアクセス可能なウインズということで横浜に。A館、B館と分かれているのですが、A館の半分が工事中でした。そのせいかA館はかなり密集度が高かったですね。避ける意味もあり物見遊山でもあり、という感じでA→Bへ移動。B館でメインを観戦いたしました。下の写真は裏道?を通った時に見上げたクレーン。緑色の部分にJRAのロゴを確認できました。完成まではまだまだかかるみたいですねー。
工事中のウインズ横浜、クレーンを見上げるの図



シンザン記念についてふわふわと浮かんだこと。

過去5年で3勝。鞍上浜中はミスターシンザン記念、とは誰も呼んでいませんねw ただ、この時期の期待馬がしっかり回っているとも言えそうです。あー、この時期の京都1600mで求められる前々の運び方をきっちりこなせるともいえるでしょうか。そうした先入観をいったん作っては崩していく作業がピントを合わせてくれますのでね。楽しみが継続するコツとも思っています。

以前はシンザン記念を勝つと出世しないと言われていましたが、ローテーションも馬場もだいぶ変わってきましたし。そうですね、先のジンクスを葬ったのはタニノギムレットでしたね。個人的にはフサイチエアデールのイメージが強いです。美人さんだったなぁ。あー、どちらも鞍上武豊。えらく勝っていた時期がありましたが、やはりミスターシンザン記念とは呼ばれていませんでしたねw

ミスターはないけどミスシンザンは…というネタはベタすぎるのでやめておきますw




最後に。

先ほど見つけたニュース。シンザン記念の勝ち馬ジェンティルドンナ、次走は京都記念、鞍上は福永とのこと。
ジェンティルドンナ 福永騎手とのコンビで京都記念へ | 競馬ラボトピックス | 競馬ラボ

リーディングを獲ったからという理由だけなら現場に対する健全なオーナーシップを少々疑わないといけないところですが、いまいま外国人ジョッキーからの乗り替わりできっちり選ばれることも重要と思います。京都外回りでのトーセンラーとのマッチアップは非常に興味深いですね。福永の折り合う力、前受けする力が大きく試される一戦になる予感。今年だけG1の格付けでもよいのではないでしょうか。わくわくして待ちたいと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/727-40227dde