2014.01.27


ヴェルデグリーンの差しが決まりました。

フジの中継、レース前にインタビュー映像が流れていましたが、仕掛けどころは4コーナー?というフリに対して「3コーナー」と回答する田辺。相変わらずウソがないなーw と思って観ていました。ホントに3コーナー過ぎから進出、しかも1番人気のレッドレイヴンを目標に、しっかり結果をだしちゃうあたりがキマッていますね。

レースラップです。
12.5-11.1-12.9-12.2-12.4-12.3-11.9-12.3-12.4-11.9-12.1

なお昨年制したオールカマーのレースラップはこちら。
12.8-11.1-12.1-11.7-11.9-11.8-12.2-12.1-12.4-11.8-12.1

道中のペースや番手は細かく異なっていますが、アンカツさんが解説していた通り、鞍上田辺は似たイメージをもってレースに臨んでいたように見えました。スタートから1コーナーまで、ニュートラルで追走して中団にポジショニングできたあたりは勝因のひとつかなーと思っています。

2着のサクラアルディードは五分のスタートから軽く追っつけながら1コーナーへ。この加減が2着につながったように思います。もちろんそれ以外の要素を軽視するわけではないのですが、中山の1800、2000、2200mは1コーナーをどんなポジションで迎えるかがけっこう大きいと心得ておりまして。昨年斜行でミソを付けたベリーですが、今年はファインプレーというところでしょうか。

個人的にサトノシュレンの前残りに淡い期待を持っていたのですが、1コーナーまでに先頭に立てなかった姿でだいぶ見通しの甘さを痛感いたしました、はい。向こう正面の下りで軽くもっていかれていましたしね。ハミを取ったまま残り1000mからのラップが11.9で上がっていますしね。ラストの登坂を待たずに残念な幕切れとなりました。次はどうするかなー悩ましいですね。

気になったのはフラガラッハ。ワンテンポ遅らせてからの捲りはいい脚でした。高倉の狙いとアクションはしっかり合致していたように見えています。直線入口までに勝ち馬の外から肉薄する姿、登坂で離されてからゴール前で巻き返す姿。中京マイルでドン嵌まりするイメージと合わせると、フラガラッハの買い時のリズムを掴めた、かもしれませんw



東海Sも少々。

ニホンピロアワーズの完勝でした。内枠を取ったグレープブランデーに寄せてみましたが、完全に見当違いでしたね。レース直後はグレープへの残念な思いでいっぱいでしたが、レースラップを見てちょっとだけ見直しているところです。

12.6-11.2-12.4-12.1-12.1-12.1-12.7-12.2-13.0

サトノプリンシパルはかなり攻撃的なラップを踏んでいました。4コーナーのコーナリングで緩んだ以外は厳しめの展開。直線にむいて再加速した12.2まではサトノのラップ。レパードS以降は連対がありませんが、これで掲示板に残ったあたりは実力をつけている証拠かな。今後が楽しみですね。

これを好位追走したニホンピロアワーズ。なんといいますか、端的にいうと阪神1800mを左右ひっくりかえしただけ、というレースっぷりに見えました。緩みのないペースを好位追走という図式はジャパンカップダートと同様。恵まれた勝利というのは見当違いでしょうが、図らずも得意な展開で運べた分の圧勝劇だったとみています。早くもチャンピオンSの有力候補ですね。

問題はフェブラリーS。距離短縮と府中の馬場でこのパフォーマンスが期待できるか。グレープが勝てばすんなり予想しやすかったんですが、どうなるでしょうね。予想の難しさが増えたのは楽しみが増えたと思いましょうか。

一方のグレープブランデー。直線で振るわなかったことより、向こう正面で軽く追っつけながら追走していたことが気になっています。好位をキープしたかったのか、そもそも手応えが悪かったのか、あるいはその両方か。いずれにしてももうひとつ後ろのポジションでニホンピロアワーズを視界に入れるものと思っていましたので、個人的には意外な所作でした。若干太目でもあったでしょうか。巻き返しの可能性はゼロではないと思っています。



その他の話題もいくつか。

武豊3600勝。中京10Rのメイショウインロウでイン突きでした。昨年最後の武豊TVでは通過点というニュアンスでさらっと語っていましたが、常時前人未到というのはやはりすごいなぁ。秋には3700勝したいとのこと。府中で観られることを期待しています。

同レースでの福永の降着。パトロールフィルムを観ましたが。間をおいて2回、タガノリバレンスの前をカットしてしまいました。2、3走前の直線映像と合わせると左にもたれる癖があるでしょうか。それにしても、という内容だったと思います。ジャッジの按配で2日間の騎乗停止は妥当なペナルティかと思われます。ワールドエースがアウトですか。

あ、若駒Sのモンドシャルナは福永の失策というより必然の負けかしらと思っています。トモが非力かつ伸び切って追走する懸念から序盤のポジショニングを諦めたのかなと。若駒Sを勝つためだけなら違う展開を選んだでしょうし。悲観する内容ではなく、馬の成長力次第かなーというのがいまいまの見立てです。というわけで、降着とはあくまで別件ですね。

川田の注意義務違反。自分はルールに合致しているかというより、ジョッキーが勝負が決してスピードを緩める按配をどこまで信頼するか、という価値が問われていると思っています。プレイヤーの裁量を保つ方に議論が進んでほしいですね。ルールを厳密化することは、正しくはなっても面白くはなりにくい方向性ですので。あれで着順がひっくりかえったら重大なペナルティ、という程度が適当かなと思っています。



最後に。

京都牝馬S。ウリウリあたりに差されそうという悪い予感はぴったり。ドナウブルー2着は想定の範囲内だったのですが、どうしてもドナウ2着の馬単流しが買えませんでした。きれいなシルエットだったなー。好みの馬の引退はさびしいですねぇ。おつかれさまでした。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/729-8032a6b7