2014.03.02


ミッキーアイルのひとり旅でした。

大外枠を確認した時点で本命で仕方ないなと思っていました。ハナに立つまでに披露するスピードに、あえてついていく人馬はおそらくないだろうと。深追いして自滅する可能性が高いですからね。わかっていても抗しきれない1番人気に、素直に1票を投じた格好になりました。


レースラップです。
12.6-11.1-11.5-11.5-12.1-11.6-11.1-12.5

3コーナーから4コーナーにかけて緩んで、直線で最加速してセーフティリードを取る、というのは事前のイメージとほぼ同じもの。特段目新しい着想でもないと思います。浜中は馬の行く気を削がずにほぼシンザン記念を再現してみせました。むやみに喧嘩を売りにいく馬がいなかったことは、これまで示してきたミッキーアイルの強さがけん制材料として機能したということでしょうね。

アンカツツイートがひいらぎ賞の時点から懸念していた、同型に絡まれる展開。今回も生じませんでしたね。というよりエイシンブルズアイがスタートで躓いたことが奏効したでしょう。あー、今回の結果だけ見れば奏効ですが、これでその懸念は持ち越しになった格好ですからね。このままNHKマイルカップに直行とのこと。カレンブラックヒルのようなけん制の効いた逃げが府中で観られるか。

直線でよれる仕草は、成長途上の証か、単に手前の変え方がぎこちない癖なのか。余力とも取れるあたりがなんとも評価を難しくしますね。ただ1戦ごとに馬体の重量感は増しているように思っていまして。他の有力馬の脚質次第かなー。春は楽しみになってきました。


白梅賞で注目されたのでしょうが、エイシンブルズアイはミッキーアイルの単騎逃げという展開にはもっとも向かない対抗馬だと思っていました。その前走は内枠スタートから、少し前がかりの気性をなだめる様に逃げを選択。マイペースで直線まで運べたことで全身を大きく使うラストスパート、上がり33.9の切れ味につながりました。が、500万下ならではの緩マークという印象がありまして。テレ東の中継では結構煽っていましたが、どうかなーと疑って見守っていました。

出遅れが痛かった上、クリスチャンが抑えにかかったことで馬の前進気勢が左右への力のブレを生んでいたようです。横の馬と接触しながらの追走。11.1の地点でついていけなくなったのはやむを得ない流れと受け取っています。この1戦で見限る必要はないと思いますが、次はNZTかな。脚長の馬体で使い込んだ中山が合うか、ちょっと微妙な気がしています。


タガノグランパを対抗に推したのは正解でした。シンザン記念を単勝を買って見守った教訓?が活きた格好です。折り合いに心配が少なく先行可能で切れも兼備。岩田にスイッチして番手を伺う可能性が高く、かといってミッキーアイルとスタートからやりあう可能性は低いとみて、前残りの2着とイメージ。本賞金加算もひとつの狙いでしょうしね。そうなんですよね、終わってからだと何とでもいえる例のアレですw

3、4コーナーで緩んだときに追いかけなかったことがしっかり2着を確保する要因でもあり、1着になれなかった要因でもあると思います。最低2着、というテーマをもって臨んでいたなら納得の所作ですね。タガノブルグが馬体をあわせてきたときも落ち着いていました。G1となると、むーん、穴馬の1頭でしょうか。こちらはNZTか毎日杯ならもう1回狙ってみたいところです。あーでもちょっと使いすぎでしょうか。



その他、気になったレース。

クラシックという意味では、中山の水仙賞。率直な感想はモンドシャルナの取りこぼしですが、逃げたナスノアオバ、鞍上のペース配分も見事だったというべきでしょう。モンドシャルナは行き脚がつかなかったにしても、中山の4コーナーで馬群の後方外では、かなり厳しいポジショニングというしかなく。最近で典型的なのはトーセンスターダムの京都2歳かな。あの4コーナーと同様の苦しさがあったと思います。レースの重心からずれて(たとえば離した逃げやポツン最後方で)追走する戸崎にあまりいいイメージをもっていないのですが、ヘンに強化されてしまうような結果でした。



おおっと、共同通信杯。

平日開催の共同通信杯を回顧していなかったんですよね。イスラボニータの決め手は素晴らしかった。サトノアラジンはあの緩ペースをもうひとつ我慢できませんでしたが、ペース次第で巻き返しも可能と見ています。ベルキャニオンも悪くなかったですがイスラボニータの決め手に屈したあたり、もうひとつ馬がいいほうに変わってくるかどうか、かな。

一応ラップも載せておきます。スローですねぇ。
13.0-11.6-12.1-12.6-12.9-12.5-10.9-10.9-11.6

中山未経験ですが、いまのところイスラボニータが皐月賞の最右翼という認識でいます。トーセンスターダムがどうも中山に合うイメージがなく、バンドワゴンは折り合い面で不安が残ります。アジアエキスプレスはスプリングS次第ですが、そもそも芝路線を選択してくるか未定という事情もあり。というわけで、あくまで「いまのところ」イスラボニータ、ですね。



最後に。

その中山の馬場状態。JRAのホームページではオーバーシードとエアレーションを行ったと明確な発表がありました。どちらも「第1回中山競馬終了後に」という表現なので2月のいつ頃かは定かでないのですが、穴を開けつつ洋芝の種まきが行われたようです。ただ2月は低い気温が続いたことで(20年に1度の雪でしたからね)洋芝の生育が芳しくなかったとも。

開催初日のこの土曜だけではなんとも判断しづらいのですが、現時点の馬場の印象で言うと、速いラップを続けるにはパワーが必要?筋肉が細めで、柔らかさを売りにするタイプは苦労してしまうかなーというざっくりした印象を持っています。少なくともエクイターフでパンパンな馬場ではなさそうです。

少し前の競馬ブックで馬場造園課の方を交えた座談会記事があり、今後は馬場を柔らかめに作る方向にシフトしていくという主旨のコメントが掲載されていました。今回のエアレーションもその一環と受け取っています。エアレーションのタイミングが難しいこともコメントがありましたね。実際に根を切ってしまうわけですので、取り戻しが効きにくい作業なのは理解できました。あー、メンテナンスに携わる方の声を直接目にできる貴重な記事ですので是非ご一読を。

このあたりの状況から推察すると、これからの中山開催、1日でも重馬場で芝コースを使ったら必要以上に馬場状態が悪化してしまう、かもしれません。さすがに急に昨夏の函館のようにはならないと思いますが、2ヶ月開催でどう変化していくのか。個人的には開催が進むほど、5月の府中とは関連性の乏しい馬場コンディションになっていくと思われます。…府中でのパフォーマンスを期待している分、トーセンスターダムは皐月賞回避を視野に入れてほしいなー、などと適当なイメージをくゆらせております。



とりあえず、明日の中山記念。トウケイヘイローがどれくらいこなしてくるか、では推し測れないかもしれませんが、近年屈指の好メンバーが軒並みスポイルという結果は十分警戒しておきたいと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/736-27dc442a