2014.03.23


タガノグランパ、実績ある1400mで重賞を獲りました。

日付が変わってから映像を確認するのは昨日同様ですねぇ。リアルタイムで見れたら喜びも増したかもしれません。はい、前日のうちにタガノグランパの単複を仕込んでおりました。

シンザン記念で見立てたイメージから、ここはあの末脚が活かせるロケーションだろうと思っていました。やはり使い過ぎの印象がぬぐえなかったのですが、ざっと相手関係をみて「えいや」で狙いました。サトノルパンと枠が逆だったら少し躊躇したかもしれませんが、上手くいきましたね。ぶい。


レースラップです。
11.9-10.3-10.8-11.9-12.2-11.8-12.3

シゲルカガとネロが先行して前半3ハロンは流れた形。若干砂ぼこって見えますので馬場を考えればかなりきつかったかもしれません。タガノグランパは終始外目を追走してそのまま直線も外から差してきました。縦も横もストレスが少なめの展開。ただしラスト数完歩で手前を変えてサトノルパンに競り勝つ姿はちょっと頼もしかったですね。

この馬を物差しにするとNHKマイルカップの序列が整理しやすいような気がしていました。府中で上回れる馬はどれか、という視点。絞り込めそうですよね。

サトノルパンはもったいない競馬。スタート出遅れも痛かったでしょうが、直線で進路が確保できなかったことの方が痛かったでしょうね。パトロールフィルムで見る限り、直線の半分はアクセルを踏み損なっているようでした。4コーナーできれいにイン→アウトというコース取りが決まっていた分、惜しい印象があります。ただ、不利がなければ買っていたかというと。。。 次がNHKマイルカップなら出遅れないことがポイントになるでしょうかね。鞍上からコティリオンの記憶が蘇ってきました。むーん。

負けた馬のなかでは、タガノブルグ。ラストまで勝負に加わっていた点を評価する部分もあるのですが、終始鞍上とのリズムが合っていないように見えました。後でコメントを確認してみたいと思っていますが、乗り替わりでの変わり身は期待できそうな気がしています。



若葉Sもちょっとだけ。

アドマイヤデウスの好位差し。かかり気味から早めに粘りこみにいったウインフルブルームをしっかり捉えました。すらっとした脚長の馬体はこれからパンプアップしていくでしょうか。トモの可動域が大きいのはアドマイヤドンにちょっと似てるようにも。うーん面影は少ないですかねぇ。皐月賞で有力視できるかというと何ともですが、アドマイヤラピスの血統がG1に姿を見せるのはなかなか感慨深いですのでね。フジよりはコスモスのイメージなのですよねー。



最後に。

この3連休はこのまま日中の時間が取れない流れかもしれません。明日はなんとか。直前になりそうですが、リアルタイムで観れそうではあります。

中山はアジアエクスプレスを疑うところから。朝日杯はムーアに拠るところが大きいと見積もっていまして。ロサギガンティア、クラリティシチーあたりを中心にしようかと考えています。阪神はバンデ。ゴールドシップが結果を出すかがポイントですが、いずれにしても楽しめそうなレース運びになるのでは、と期待しています。穴っぽいところだとタマモベストプレイですかねー。追い切りの動きはよかったと思っています。

…両メインとも、本命を疑っているようですね。書いてみて気がつきましたw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/741-aedb17eb