2014.03.31


コパノリチャード、不良馬場を物ともしませんでした。

ドバイミーティングに伴う夜更かしの後遺症から、なかなかカラダが利きませんでしたね。東京も日中は強風が止まず。ようやく見届けた中京9Rの1200mで現地の馬場状態を確認。ラスト1ハロン13.5を見たところでようやくスイッチが入ったかな。想像以上に荒れ馬場で、これはイカンという感じ。ゴールドシップの皐月賞がよぎりつつ、あの馬場をこなせる馬とスポイルされる馬を大きく見直す連想ゲームを始めた次第ですw

しかし冷静に考えられていなかったでしょうねー。ラストが失速するラップのバランスなら前走の阪急杯と類似していますし、速いスタートダッシュはそこまで求められない馬場状態ですからね。コパノリチャードはほぼ盲点になってしまいました。やらかしてしまいました。個人的にはダイワメジャーと相性が悪いなーで腑に落ちているんですけどねw


レースラップです。
12.1-10.7-11.7-11.9-12.6-13.2

今日の殊勲はエーシントップの鞍上でしょうね。一番きれいにスタートを決めたレディオブオペラの外から積極的に主張していきました。2度3度内を窺う素振りは、レディごしにハクサンムーンの二の脚を警戒していたのでしょう。これを割り切ってハナへ。そのまま3コーナーに向けてズブズブの内に切れ込んでいきました。不良馬場を行き切ったアドバンテージ。お見事なヘッドワークでした。

そうですね、2ハロン目でストレイトガールより前にいた乗り役は、馬場を見越したポジショニングを意識してレースに臨んでいたと思っています。


そのストレイトガールは正攻法。3、4コーナーまでのコース取りは馬場のよしあしの境目ギリギリのところ。通ってくれましたね。あのコースを通るための先行脚質と、函館の馬場をこなした心身を加味して本命視した次第です。あとは直線でどこまで伸びるか、だったのですが、よく頑張った3着なのでしょう。最後まで気持ちが途切れずに走っていましたので、そこは見立て通り。本命視自体に悔いはありません。良馬場なら勝ち負けだったでしょうね。


スノードラゴンは最速の上がりで2着。根岸で買ってオーシャンで買わない、裏裏にはいるリズムでしたがここはしっかり狙うことができました。後ろ過ぎという指摘なら野暮というもの。左回りのG1でアドマイヤコジーンですからなにやらデジャヴな感覚がございますね。あー超思いつきですが、秋に盛岡で見られるなら面白いかもしれません。


マヤノリュウジンはスタートからかなりプッシュしての先行策。栗東坂路の追い切り映像がのきなみもやって見えにくかったのですが、パワフルさが増した登坂と映っていまして。父キングヘイローのイメージも後押ししたでしょうか、かなり期待をして買い目に組み込んでいました。あくまで結果論ですが、待機策でもよかったかもしれませんね。こちらはサマースプリントで期待したいかな。


勝ったコパノリチャード。パトロールフィルムで進路取りを確認しましたが、馬場の悪いところを最小限通って距離ロスを防ぐ意思が見て取れました。返し馬で馬場をこなせることは確認していたのでしょう、その結果のアウトインアウトだったと思っています。判断の種類はゴールドシップの皐月賞と重なります、あそこまでワープではないですけどね。

考えてみればダイワメジャーの皐月賞と同じ鞍上なんですよね。いやー父仔で買えなかったとは厳しいなw この特徴をしっかり狙えるリズムを掴みたいですねぇ。



主に馬場とペースを主因としていますが、予想の段階でスマートオリオン、サンカルロ、レッドオーヴァル、シルクフォーチュンの評価をしっかり下げられたのは収穫。この手ごたえは覚えておきたいですね。条件が好転すれば容易に巻き返してくる馬ばかりと思っていますので、その際にはばっちり狙えるように。

ハクサンムーンは痛恨の出遅れ。直線差して5着まで巻き返してきましたが、よさが活きたレースではありませんでした。馬場をこなすとはあまり思っておらず、前走の負けと鞍上の強気なコメント(誰が一番速いか証明、的な)も裏目に出るような予感がありまして。自信があれば強がる必要もないですからね。

オーシャンSの負けについて松山元調教師が「ドーパミンの分泌不足」とコメントしていましたが(GallopでG1の時だけのコラムが始まっています)、レースの度に強いテンションを保つことがそろそろ難しくなってくるかもしれませんね。トロットスターやアグネスデジタルのように燃え尽きる姿になる前にタイトルホルダーになってほしいと思ってますが、どうなるでしょう。香港?



最後に。

ゴールの際に飛行機のパフォーマンスが飛び出しました。個人的に印象が強いのは中日新聞杯のサンライズマックスですが(ちょっと古いか)、それ以外にも何度かあったように記憶しています。天皇賞で下馬しての一礼も印象的ですが、デムーロのパフォーマンスと言えばこちらですね。相変わらずのボディバランス、魅せてくれました。

ファンへのメッセージとは本人の弁ですが、今後繰り返した場合は制裁も厳しくなるでしょうから、ルールが変わらないようであれば控えた方がファンに向けてはプラスになると思われます。レース中に手綱を放す点は安全面でNGでしょうからね。

…でも、突き詰めるとつまらない見解になっちゃいますね。ルール順守だけでも無法地帯でも片手落ち。過怠金10万円は正しいけど、ちょっと野暮。そのくらいのバランス感をもって今後も楽しめればと思っております。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/744-4ecd1102