2014.04.13

ハープスター、届きましたね。

3コーナーあたりで馬群が縦に伸びた時点で、川田将雅の胆力はこういう形で試されるのかと思って見ていました。

フクノドリームの大逃げに若干引っ張られるような縦長の陣形は、直線に向くあたりでそのまま横長に変形すると思っていました。ハープスターの仕掛けるであろうタイミングからして、加速しながらその横長の馬群の一番外まで振られる見立てが早い段階でできていました。

ペース、距離ロス、そして馬の気性。これをすべて受け止めて1着に導くことができるのか。そしてフィニッシュまでまじめに走ってくれるのか。馬のリズムを尊重するだけ、などという言葉は字面そのままには受け止められないでしょう。諸々の葛藤を察しつつ、それを飲み込むような形で本命視することにいたしました。

息をのむ上がり勝負。直線は最後まで気が抜けませんでしたねー。結果として、すべてをクリアしての上がり32.9。尋常でない桜花賞馬の誕生となりました。強かった。


レースラップです。
11.9-10.5-11.4-11.5-11.7-11.4-12.8-12.1

フクノドリームの大逃げはかなりきついラップだったのでしょうね。走破タイムはアパパネと同じなのですが、その2010年の2ハロン目は11.2。今年は前半からかなり飛ばしていったことがわかります。対照的にその内枠の動きを見ていたであろうベルカントは後方2番手。これは対ハープスターというより、追走のペースを守った結果でしょう。

最後方で待機する川田の判断には、レースの流れ云々ではない腹のくくり方を感じ取ることができました。直線半ば、レッドリヴェールを視野に納めた時点でようやく安心感がでてきたかな。いやー、それまではやきもきしましたね。

ハープスターのラストの反応とスピードに鞍上にどんな手ごたえを覚えたでしょう。集中して走ってはいたようですが、力を出し尽くしたかというとちょっと違う印象もありまして。実力の底はまだ見えていないと思っています。

次走、距離が伸びる分の折り合いに不安は少ないですから、今回よりは予想しやすくなるでしょうか。オークス、ナマで見たいと思っています。

あ、凱旋門賞を云々するのは春のクラシックが終わってからでよいでしょう。ヒーロー、ヒロインを待望する風潮でもあるのでしょうかねぇ。キャッチなコピーを打ち出しやすいから?この一週間、レース後もそうですが、ちょっとマスコミが煽り過ぎているような印象がありました。



レッドリヴェールは勝者の競馬。例年なら、相手がハープでなければ、という見ごたえたっぷりの内容だったと思っています。先行勢の序盤のペースに惑わされず、12~13番手で進めたのは戸崎の好判断。直線もいい形で他馬の間を抜けてきたんですけどねぇ。

小柄な馬体は昨年暮から増加なし。一方で追い切りで追い出されてからの動きは十分。強い集中力もありますしね。予想の結論は悩みましたが、ハープの脚質がアレである限りレッドが押し切る可能性も十分感じていました。いや、こちらも強かったですね。

次走はダービーという報道。阪神ジュベナイルの勝ち馬がダービー挑戦となるとビワハイジまで遡るでしょうか。個人的にはオークスでハープスターとの再戦が見たいですが、どうなるでしょうね。



ブエナビスタとレッドディザイア。残り1ハロンの見栄えは2009年の再現のようでした。脚質的にも予見できましたしね。改めてレース映像を見直していただけると。競馬ラボの対談はかなりの伏線であったようです。

そうそう、このデジャヴ感については半笑いさんもツイートしていました。さっと過去の名場面とイメージが重なるあたりは、プロアマ問わずファンの思い入れがなせる業なのでしょうね。



ホウライアキコ、レーヴデトワールはマイルならではの差し込みと見ています。ベルカントはいつからスプリント路線に本格参戦するか。後方待機で折り合う姿はNHKマイルへの布石としては十分でしょう。距離が延びて期待となるとヌーヴォレコルトでしょうか。フォーエバーモアは気持ちの部分で2400に不安を残していますし、マーブルカテドラルはオークスまでに体調があがってくるか。

…うーん、やはりこの1、2着と他馬との差がはっきり見えた桜花賞、という認識に落ち着いていますね。



最後に。

ゴール板を越えた後、川田が勝ち馬を称える姿がいつにも増して慇懃でしたね。手元に引くように首すじをスーッとなでて、ポンと叩く。今回その「スーッ、ポン。」は2回でした。回数に意味があるかは不明ですがw G1の舞台で見られるとまた味わい深いですね。こういうのは気障だからこそいいのです。


個人的に、ようやく川田のG1を買うことができました。キャプテントゥーレもビッグウィークもゴルトブリッツもジェンティルドンナも、終わってから買わなかったことを悔やんでばかりでしたので。今回はあの気概にのることができましたね。そう思わせるジョッキーがいる事は貴重なこと。次への期待も喚起してくれますからね。

…おぉ、来週も期待していますよー。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/747-4f9c8b7d