2014.04.21


イスラボニータ、初の右回りをこなしての戴冠でした。

えー、パークウインズ府中のウィナーズサークル前でガッツポーズしていたのは私ですすみませんw 1コーナー過ぎに馬群の外に進路を見つけた時点でほぼ勝利を確信していましたので、ガッツポーズもだいぶ早かったと思われます。一切の疑いなく本命視、ではありませんが、向こう正面からはアクシデントがなければというテンションでの観戦。会心の予想でした。そう言い切ることでいいイメージを忘れないようにしたいと思っていますw


当日の8R。参考にしたのはトキノゲンジ武豊の判断。8枠だったことはあるにせよ、3~4コーナーから直線まで、他馬の外々を通っての差し切り勝ち。上がり33.7は馬場がカサついて荒れている内を避けた、コース取りの妙と受け取りました。一方の9Rはマイネルミラノの押し切りでしたが、独走でしたからね。鞍上にとってウインフルブルームのシミュレーションには十分な内容ではあるなーという認識に留めました。

前日の段階で、戦歴やパフォーマンス、追い切り映像などなどから、イスラボニータ、トゥザワールド、ワンアンドオンリーの3頭まで本命候補を絞っていました。8R、9Rを見た時点で、トゥザワールドがトキノゲンジのコースを通るためには(=外々を回り過ぎないように先手を打つには)、先行策が妥当であると考えました。先行していれば、逃げ馬に合わせて息を入れる場面も作れますしね。展開面でアドバンテージをとるための先行なら、川田はしかけてくるだろうと読んでいました。15時くらいまでは最有力候補でした。


ただパドックでは、イスラボニータとワンアンドオンリーとの二択でした。特にイスラボニータの容積。首から肩にかけてのボリューム感は掻き込みのパワーと肺活量の大きさを想像させました。フジキセキのパンプアップと柔らかさ。G1を獲る馬の充実感が見て取れましたねー。あー、この充実感、なにぶん個人的な感覚なので何とか説明できないかなと思っているのですが、まだ気の利いた言葉で見つかってませんね。成長力、だと漫然としてしまいますしね。

少なくともトゥザワールドにはその充実感はあまり感じられませんでした。もちろん十分戦えるコンディションだと見ていたのですが、弥生賞のゴール前然り、スタミナの底を問われたときにちょっと足りないイメージがありまして。最終的にパドックで上位に見立てた2頭のうち、ポジション取りの差を重く捉えてイスラボニータを本命にした次第です。はい、うまくいきました。



レースラップです。
12.3-11.4-11.9-11.9-12.7-12.1-12.0-11.6-11.7-12.0

ウインフルブルームは絶妙なタイミングで12.7を1ハロンだけ計時。それ以外は12.0から大きく離れないラップメイキング。このたわんだラップで後ろからの馬の勝機はかなり摘まれてしまったようですね。柴田大知がレースを面白くかつしっかり締めてくれました。


勝ったイスラボニータ。予想を組み立てていった結果、唯一の不安は3~4コーナーで内を回ることでしたが、1コーナーで不安は払拭されていましたのでね。12.7もうまく味方につけられたでしょう。直線でのしなやかなストライドを安心して堪能いたしました。

独特な前脚の出。カラダの柔らかさが担保するあのダイナミックな振り出し方は超魅力なのですが、肩回りのパワーが増すほどに脚元大丈夫かな、とそれこそ漫然とですが心配を覚えたりしています。

父フジキセキやアグネスタキオンを想起させるのは、パンプアップに過ぎてしまった際の腱や骨への負担。トゥザワールドを捉えるあたりの瞬発力は尋常ではありませんでしたのでね。馬体の充実というのは見た目の筋肉だけではないでしょうから、上手くバランスが取れた中でダービーを迎えてほしいと思っています。杞憂だといいなぁ。


トゥザワールド、川田の見事なエスコート。勝ち馬との差は瞬間的に出せるスピードだけだったでしょうか。外枠の不利を先行することでカバーしたのは、ペースが緩むことを見越したものと推察できます。仮に後方に控えた場合、アデイインザライフのような仕掛けとコース取りが要求されたはずですので。好判断だったと理解をしています。

2冠を阻む可能性、ゼロではないと見ていますが、自身の疲労度との戦いになるでしょうか。府中の直線に向く馬は他にもいそうですしね。川田がどう工夫してくるでしょうか。


ワンアンドオンリーは後方一気を選択しました。あまり出て行かなかった、というレース後のコメントを目にしましたが、皐月賞を目標とするのであれば、スタートからしっかりプッシュしてイスラボニータとそう変わらないポジションを主張しにいったと思っています。やはり最大目標はダービーで、府中の2400に向けた布石、という意味での後方待機だったのでしょうね。

あの脚色をリプレイで見直して、ダービーが楽しみになってきました。脚質的に絶対視は難しいかもしれませんが、だからこそワンアンドオンリーの末脚を意識しながらの予想が本当に楽しみ。橋口厩舎がついに?個人的にはダンスインザダークからの2着を見届けていますので、いまからすでに感慨深くなっております。早いってw


アジアエクスプレス。敗因を距離に求める向きもあるようですが、楽に追走できるスピードであったかも含めて、現状トップスピードに不足があったかなと思っています。ラストの切れ負けもそうですし、スタートから外の2頭にパスされる姿もそうですし。ウインフルブルームを捉えるなら格好もついたでしょうけどね。

スピードをスポイルする馬場だと持ち味が活きるかもしれないな、と改めて思っていたところ、陣営からはダート戦線に戻るというコメントが。やっぱり大井のダートで見たいんですよね、この判断は歓迎しているところです。


ベルキャニオン。適性うんぬんより折り合いに専念しすぎた印象です。G1の舞台で矯正に終始する姿はなんとも。これならダービートライアルで仕切りなおしでもよかったような。府中の2400につながるかというと、それもなんともですしね。もったいないという印象が残っています。


ロサギガンティア。向こう正面、イスラボニータの斜め後ろで引っ張り続ける姿が確認できます。どこで競馬したかったのでしょう。いや、戦略がおかしいと言いたいのではなく、戦略がついに伝わってこなかったんですよね。スタートから8枠が内に寄せた際に横のぶつかり合いに巻き込まれてはいましたが、それが終始響いたとはあまり思えず。。。 パドックでは気持ちがのりすぎていましたし、陣営の意図するしないを問わずコンディションの問題があったかなという「?」をつけるに留めておくつもりです。距離ではないと思っていますよ。


トーセンスターダム。戦前の武豊のコメント映像から、あまり勝機を見出していないことを感じていました。もうこればかりは強烈に主観の問題なので、自分以外のこの文章の読み手からすると根拠がふわふわしているようにしか見えないでしょうね。なんといいますか、いろいろうまくいけば一発あるかもよ、というときの言葉の選び方と表情があると思っているのです。…なんか、すごい好きって宣言してるみたいですねw

レースではこれまでにない先行策から馬場の悪い3、4コーナーの内目を選択。これはストライドロス(=トップスピードのロス)よりも距離ロスを防ぐ戦略と理解できます。自分なりにですが、トップスピードや加速力では勝機がうすい分、距離ロスを抑えつつ馬場の悪いインを通ってみよう、という一か八かな判断があったのかなと解釈をしています。

賢しい印象を与えるかもしれませんが、馬場をこなせば上位進出ですしこなせなければ敗因として言い訳が立ちますからね。馬の評価の傷つき方を小さく抑えるのも武豊ならではの戦略、と思っている次第でして。これでダービーは気楽な立場で臨むことができますし、次にもつながるストーリーテリングかなと。…個人的には、少なくとも今秋以降に完成してくる馬体なのではと見立てています。ダービーは、むむむー。




最後に。

桜花賞の1、2着にダービーの噂が生じているのは、ウオッカとダイワスカーレットの時と同じでしょうか。状況はもちろん異なっていますが、いずれか1頭でもダービー参戦となればずいぶん風向きが変わってきますね。個人的にはオークスで再戦してほしいと思っているのですがどう推移するでしょう。どうせならショウナンパンドラがトライアルを制して
ダービー参戦、というストーリーも面白いかもしれません。…スイートピーSからオークスみたいですね。


来週から府中開催。これに合わせたのか、ウインズ新宿もオープンするようです。アクセス可能な範囲内でウインズの選択肢が増えるのは吉報。ただ、2月は結構いきそこねた分、現地参戦を増やしたいですねぇ。鼻のくすぐるアレルギーも峠をこえていますし、うまく時間を工面して楽しみたいと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/748-ad268fe3