2014.04.23


寝ないとなので、さっくりと。


ようやく、ようやくですよ、エルコンドルパサーの功績をオフィシャルに讃えることができます。顕彰馬選出。
平成26年度顕彰馬の選定について

そして競馬の殿堂には新しいページが。
エルコンドルパサー|JRA賞・競馬の殿堂

JRA60周年にともなって複数投票の枠が2票から4票に増えたこともあるでしょうか、得票数は80%だったようです。いやいや、ディテールはともかくですよ、選ばれたという事実が重要。よかった。日本の競馬はついにこの馬を評価できないのではないかと半ば諦観を覚えておりましたからね。

過去につぶやいた呪詛のような記事はこちら。浮かばれる思いです。
more than a DECADE エルコンドルパサーの評価



語りつくせないのをわかっていてペコペコとキーボードを叩いています。

ぱっとひとつ挙げるなら、レーティングでしょうか。先日のドバイデューティフリーを受けてのジャスタウェイのレーティングは130。対して、エルコンドルパサーの評価は134。単純比較する物差しではないにしても、134を上回るのはシーザスターズやフランケルなど限られた名馬だけ。日本馬歴代最高の数字はもっと評価されて然るべきだと思っていますよ。

あとは望田潤さんのBlogの一説を思い出しました。初見はTwitterのbotアカウントなんですけどね。

エルコンドルパサーは能力の高さでロンシャンでも東京でも最高峰のパフォーマンスをみせてくれましたが、あの俊敏前向きなピッチ走法ですから有馬や宝塚でグラスワンダーと捲り合いをやったらものすごい競馬になったんじゃないかと思うし、それはもう一度でいいから見てみたかったですね~


エルコンドルパサーさんも好きです、でも、グラスワンダーさんはもっと好きです!
というどっかの引越し的CMのフレーズが浮かんでおりますがw
自分は当時グラス派でしたからね。
そうか、今度はグラスワンダーを顕彰馬プッシュしましょうかw



ともあれ、よかった。その一言です。

府中の競馬博物館に行く楽しみがまたひとつ増えました。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/749-763f5368