2014.05.31


平日の仕事を終えて、ようやく落ち着いてダービーと向かい合っております。

年齢と経験を経たせいでしょうか、ヤバイテンションというよりは集中といいますか凛とした感覚といいますか、比較的落ち着いた高揚感を保っているという状況でございます。

あー、でも新宿駅のダービー・デコレーションにわくわくしてみたり。思わずウオッカ像をパシャリとやってみたり。ふつうにどミーハーですねw


治郎丸さんのブログ。
ガラスの競馬場: 変わること、変わらないこと。

仕事を問わず、重ねた年齢とキャリアは「看板」の信頼と結びついていきます。蛯名正義ならこう乗ってくれる、という看板を掛け返るというのは信頼とそれに基づく騎乗の依頼を掛け返ること。リスクを負ってなお次を求める試行錯誤の姿勢は、揶揄されるものではないと思っています。誰にでもできることではないでしょうし、取り組まない人ほど揶揄してしまうようにも思います。…だからいつも本命視、というわけにはいかないですけどね。残酷ですが結果は別の話ですので。

変わらないと表現された横山や武豊も細かなチューンアップを繰り返しているはずです。乗り方に正解がない、というのは幾度となく耳にしたコメントですが、至極ストレートな表現であるのでしょう。

異なるスタイルの盟友、という対照化で、今年のダービーがまたひとつ味わい深くなりました。いずれの進路を求めたジョッキーが栄冠を手にするのか。わくわくしますねー。こういった言葉を目にしていきたいと願うのはだいぶこじれたベテランの証なのかもしれませんね。ありがとうございます。ROUNDER No.4、買いますw


…補記として。

個人的に感じているのは、トントンの時のジョッキーの腰から馬の胸前に矢印を引いて、この向きに力がきれいに伝わったときには推進力の扶助になるのかな、ということ。岩田がブランコに例えていたことがありましたが、ブランコを漕ぐときにグンとアクセントをつける感じを置き換えて自分はイメージしています。乗馬で静止状態から馬を歩かせるときは軽く腰を入れますよね。その挙動が大きくなったバージョンといってもいいかもしれません。

笹田師はたしかnetkeibaの小牧との対談で、武豊も推進を促す点をもっていてそれが最小限の動作なのだ、という主旨の話をしていました。これらの議論を踏まえるとやっぱり、馬にどう乗り手の力を伝えるか、その答えはひとつではないということなのでしょうね。



橋口師のインタビュー。
橋口弘次郎調教師 | オリジナルインタビュー | 競馬ラボ

ダンスインザダークを語る師の姿は折に触れて拝見していますが、引退間近だった小林稔師の執念に思いを巡らす姿は初めて見るような気がしています。確か両者とも栗東の坂路に常時構えるタイプ。坂路調教に先鞭をつけたのはミホノブルボンの戸山師と小林師だったと記憶しています。馬を壊さず長く使う小林師が、フサイチコンコルドの逆体温とダービー当日までにらめっこした矜持。橋口師は今度は自分が執念を見せる番と感じているようです。

ジョッキーに注文なんかつけたらろくな事ないから、何も言わない。この泰然とした姿勢が何人ものジョッキーにチャンスを委ねてきたはずです。ザッツザプレンティ、ローズキングダム、スリープレスナイト。チャンスを掴んだジョッキーがその背にありましたよね。

ワンアンドオンリーは父ハーツクライと同じ陣容。異なるのは鞍上がすでにダービージョッキーであること。ダンスインザダークのダービーを慢心と表現できる師の戴冠となるでしょうか。…ちょっと集大成という言葉にやられているのかもしれませんね。



蛯名のインタビュー記事も。
【競馬】イスラボニータ、鞍上・蛯名正義が語る「ダービー熱」

フェノーメノの2着よりハイアーゲームの3着がダービーで「挑んだ」という意味で印象深い、というのは納得でした。早めにアクセルを踏んでキングカメハメハに挑んだのはよく覚えています。すんごい早仕掛けだなーと思ってみていました。

コメントを見る限りは、興奮でも冷静でもない、勝負に臨むにはほどよいテンションにあるようです。それは優駿のインタビュー記事で栗田師に受けた印象と似ています。有力馬の陣営の中では一番大きく構えているような印象。実は重要なアドバンテージではと思っていますが、どうなるでしょうね。

…そうか、その蛯名ハイアーゲームを最後に差して2着したのが横山ハーツクライか。いろいろつながっていますね。



最後に。

実は土曜に仕事を控えているのに言葉を探してふわふわ書いてしまいました。仕事を終えたら完全にダービーモードに入るつもりです。もう邪魔はさせませんよw

今回の記事はひとの思いにフォーカスしていますが、これらの思い入れと馬場やペース、展開、能力の見立ては分けて捉えるつもりです。こちらも冷静と情熱の間、ほどよいテンションで予想を取りまとめてまいりたいなと。…アグネスデキシイの思い入れにあっさりやられているかもしれませんけどねw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/757-74bd2618