2014.07.20


アクティブミノルの逃げ切りでした。

一週間の疲れがでたのか、夕方まで眠りまくっておりまして、レースは録画で確認。金曜に枠順を見た時点ではマイネルエスパスかアクティブミノルが本命かしらねーとざっくり思っていたので、見立ては合っていたようです。

レースラップはこうでした。
12.1-10.6-11.4-12.0-11.9-12.2

スタートが決まりましたもんね。他の馬は横並び、その中から12番のゼッケンだけはっきり見えていました。最内に寄せながらマイネルエスパスを制したことは大きかったでしょう。そのまま突っ込み過ぎず、溜め過ぎない逃げ。後続との4コーナーでの手応えの差は、小回り逃げ切りの典型的な見栄えと思いました。あー逃げ切るなー、的な予感ですね。藤岡康太、仕事きっちりでございました。

マイネルエスパスはペースを握られてしまったこと、3コーナー手前で一回前につっかけて引いたロス、このあたりが敗因かなと思います。レース展開の狙いと実際の進め方にどのくらいギャップがあったかは気になるところですね。

トウショウギフトは案の定外枠が堪えた格好。馬体の成長がこれから見込めそうな印象がありますので、本賞金を加算できなかった3着はかえってよい結果をもたらすかもしれません。



小ネタをひとつ。

土曜のテレ東を録画していたのですが、福島メイン安達太良Sでの原良馬さんの予想が振るっていました。1番人気のアンアヴェンジドが本命だったのですが、馬体重プラス16kgがなんとも残念だったようで。絶妙な間をもって「何を食べたんですかね?」というコメントw そんなdisり方は初めて聞きましたよw

おまけにレースは磐石ともいえる北村の好位差し。巧みにインをキープして1コーナーに入っていましたからね。予想が当たった勢いはこわいもので、ステーキを食べたんじゃないか的コメントまで飛び出しておりました。原さんからこれだけ気の効いたコメントを引き出しただけでもういい番組ですわw



最後に。

この土曜は函館競馬場にてスペシャルウィークとグラスワンダーのお披露目がありました。JRAのサイトにかっちょええポスターがUPされていましたのでさらりと画像リンクを貼っておきます。
両雄再会 グラスワンダー×スペシャルウィーク来場

自分はTwitterのTLで情報を眺めていたのですが、どうやら前日のスクーリング時点で両者が興奮してしまったため、2頭別々にパドック周回することになったらしく。…もうこの時点でオールドファンの脳みそはダメでしたね、「あいつらまだ戦ってるのか!」的な発想になってしまいましてw はいバカまっしぐらでございます。実際、ワンダーの馬っ気はバキバキだったみたいですけどねw

若い頃の、と表現した方が手っ取り早い年齢になってきたようですが、99年の両グランプリは個人的にはそれは熱かったのでね。以前、4cm差の有馬記念について書いた記事がありますのでよろしければ。…なにか、ちゃんと書きたいが故に力が入りすぎた文章になっているようですが、何卒ご容赦を。
more than a DECADE 1999年有馬記念

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/771-48c8a1d0