2014.08.18


クラレント、粘るダノンシャークを捻じ伏せました。

勝利ジョッキーインタビューで話していた通り、前にダノンシャーク、横にマジェスティハーツを捉えていたことが厳しくも賢明な仕掛けを生んだのでしょうね。ラスト1ハロンの粘り合いでグッと前にでたのはクラレントの底力、そこまでは田辺の判断が効いたものと受け取っています。テン乗りだったが故になおさら、レース前にどんなイメージを持っていたか聞いてみたいですね。

レースラップです。
12.6-10.9-11.4-11.6-11.6-11.5-10.8-12.1

マジェスティハーツの直線に向いての我慢。結果は追って案外でした。ラスト400からの10.8、この場面で際立つキレを披露できるタイプではないかな。最速ラップが残り600からになる展開なら出番があったように思っています。相手関係、馬場含め、今日は向かない流れだったでしょうか。

ただ鞍上の試行錯誤は見て取れたと思っています。前走中京記念はゴール前で脚があがったところを大外から2頭に差されていますしね。…それよりも前半ちょっとかかったことの方が大きかったかな。スタートからポジションを取りに行った分のロスは覚悟していたでしょうけどね。馬場と展開とを考慮してのポジショニングの工夫は今後の糧になるのでしょう。

個人的には、馬体に(特にトモに)もう少し力がつかないと先行策が奏功しないのではないか、という印象があり。お父さんがそうでしたよね。現状の馬体と、アンカツの中継での解説にあった通りもう少し距離がほしいかなということを加味すると、差し損ねるのを覚悟で神戸新聞杯の乗り方に徹底する方がよいかもなーなどとイメージしています。


エクセラントカーブはクラレントの真後ろから抜け出してきました。進路が確保できるまでの時間が溜めになって、ラストの伸び脚につながったのでしょう。調子が維持できるなら京成杯で連覇を目指すのがよさそう、と思っていたのですが、今年は新潟開催でしたね。その時点での馬場状態次第かな。

若干シャイニープリンスの進路を侵食していましたが、シャイニーの脚色が怪しかったですのでね、大勢に影響はなかった、という判断で十分なように思っています。


サトノギャラントは、もうこのスタートを覚悟して買うタイプになるのでしょう。北村が押して押してあのダッシュですものね。むーん、ペルーサと同じ厩舎という符号はどう捉えたらよいでしょうね。後半の伸び脚からすると、こちらももう少し距離があった方がよいのかしら。


タガノブルグは軽視しました。3歳の1400で適性を見せ、NHKマイルは内々を上手く立ち回っての2着。ダノンシャークが粘りこむ展開が予見されていましたからね、これでは適性の外かなと。このあたりは半笑いさんのツイートで似た内容が確認できました。なんというか、虎の威を借るとかではなく、答え合わせができた感じですね。


ただ予想自体は雑になってしまいました。新潟は天候と馬場が読みにくかったですからね。競馬開催地以外ではかなり被害がでた地域もありました。コミケ会場周辺だけは晴れていたという神がかりな状況もあったようですがw 個人的に14時あたりでのそのそと起床した時点で、この推移にはついていけてないですものね。早起きしろ、が大きな反省点でございますw

ダノンシャークが先行して粘りこむところで、1、2頭差し届くのはどれだろう、というイメージに収斂した結果、枠順と脚質、ポジショニングからタイプの異なる馬をピックアップしてBOX買いする「散らした」買い目になりました。まぁ、最後の1頭をショウナンアチーブとクラレントで悩んでいるあたり、散らしたのではなく絞り切れていなかったのでしょう。

ちょっと思い当たっているのは、こういう費やすべき時間を確保できない場合にどうやって予想を組み立てるか、について少し深掘りが要るかなーということ。これまでもそうでしたが、しばらくはそんな状況が続きそうですのでね。楽しさの程度は維持しつつ、限られた時間で予想を組み立てる。ちょっと意識してみようと思っています。…なにか業務の効率化のような発想でやな感じですねw



最後に。

札幌の日曜メイン、UHB賞。スマートオリオンがあれで差されてしまうとは。抜け出すと遊んでしまうところがあるとは鞍上皇成のコメントですが、それよりはマヤノリュウジンのストライドが勝った印象。強かったですね。

前走バーデンバーデンカップは中継映像から見切れるくらいの大外かっとばし。レース後半に思う存分ストライドを伸ばす経験は、馬にとってはよかったのでしょうか。それを壊さずに追い込むのなら鞍上池添は申し分なし。昨年3着の実績から、中山のスプリンターズSでもう一度見てみたいですねぇ。ちょっとデュランダルな感じもでてきたでしょうか。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/779-a758385b