2014.08.24


ハープスターに軍配が上がりました。

いやー、3コーナーからじわじわとポジションを上げるハープスター。その外をゴールドシップが捲くって併せる4コーナー。ゾクゾクしましたねー。2頭とも一番冒険のない展開とコース取りだったでしょうが、外々をまわって3着以下を5馬身突き放しました。あー、ハイペースの分着差が開いたところはあるでしょうが、素直に、凱旋門賞に向かう2頭が抜けていたと受け止めています。強かった。4万人近くの入場者があった現地は、よい熱量だったでしょうね。

レースラップです。
12.6-10.7-11.6-11.6-11.9-12.1-12.3-12.3-12.0-12.0

予想通りのトウケイヘイローの逃げ。ただ入りの3ハロンはちょっと厳しかったでしょうか。昨年と比較…と思ったのですが、ちょっと意味がでないですねw たとえば鳴尾記念だと12.5-11.4-12.5。これだと比較としてはまだよいかな。

トウケイヘイローについては、追い切り映像から、トモの、特に内側の張りがもう少しと思っていましたので、鞍上は厳しいペースをしっかり求めたなぁという感想です。ヘンに緩めた方が勝機がなくなるでしょうからね。妥当な判断があったのだと思っています。残り400mまではトウケイヘイローのラップ。今日そこから粘るには3ハロンに拘らず、どこかで少し溜めが要ったのでしょう。


ハープスターはいつもよりスタートがでた印象。後方に構えすぎた場合を懸念していましたが、馬群の流れにギリギリ乗りながらの追走になりました。ゴールドシップに比べてニュートラルなスピードで追走する時間が十分取れたようです。

フジの中継で再三指摘がありましたが、出来はそこまでではなかったでしょうか。確かにトモの張りはいまひとつでしたが、動ける体ではあったように見えました。個人的には、レースに気持ちが向いていないのかな?という雰囲気を感じていまして。中継映像では返し馬にはいるあたりでかなり暴れているような仕草が見えましたし。実際はなんともいえませんが、ロンシャンに向けての懸念があるとすれば、もろもろのストレスが強すぎた場合、かもしれません。杞憂に終わるとよいですね。

見事なリードをした川田が凱旋門賞でも継続騎乗とのこと。ロンシャン攻略に向けて賢明な判断かどうかはわかりませんが、コンビ継続という点は立派なアドバンテージだと思っています。ぜひとも順調に。


一方のゴールドシップは後方から。個人的な見立ては馬群の中を追走して道中くしゃくしゃにされてしまう最悪のケース。…まぁそんな愚行は鞍上がそつなく回避しますよね。いま馬群を経験させることに意味を見出すかなー、などと余計なことを考えてしまいました。ハイペースを見やりながら、マイペースを貫くとあの位置取りになったのでしょう。

本番あの形で勝負になるかはなんともいえませんが、末脚のスケールを確かめるような乗り方になったとはいえそう。ロンシャンの馬場状態次第かなー。今日の追走を見る限り、こちらはあまりペースが上がらない方がよいかもしれませんね。

また、ブリンカーが不要かも、というレース後の談話があったようです。一般的な見解かどうかはアレですが、ブリンカーで視野をさえぎったのは、前方に集中させるためではなく、鞍上からのシグナルに敏感になってほしいためと理解しています。残り1000m過ぎからの鞍上のアクションを見ると、早くもブリンカーが無効になっちゃったかな。ゴールドシップとのコンタクトは、これからが大変なのかもしれませんね。


ロゴタイプとナカヤマナイト。復調気配を感じつつも、勝ち切るにはもうひとつと思って軽視しました。ナカヤマナイトはローテーション的にも穴の気配がしていましたが、追い切りでもう少しメリハリのある加速ができていれば、という印象がありました。ロゴタイプも同様ですね。どちらもどこかで復活する予感がしていますが、中山が改修工事中なのが痛いのもまた同じでしょうか。

ラブイズブーシェは内に潜り込みました。その分4着まで押し上げられたと思いますが、あの出来で追走に苦労するということは、スタミナの底が案外深くないということかもしれません。個人的にはちょっと期待しすぎました。

あとムーンリットレイクは菱田の好騎乗があったと思います。あのペースを先行するとは。人気薄だからこその内容と結果ではありますが、なかなか腹が据わっていますね。ペースを感じられていないのならかえって心配するところですが、強い馬であの位置取りができれば、と思わせてくれました。馬自身にとっても、相手が弱化した際にあの先行経験は奏功する機会があるかもしれません。


最後に。

日本では禁止されているという認識ですが、ラビット、いわゆるペースメーカーの存在が、凱旋門賞でほしいように思えてきました。オルフェーヴルの際は精神的なリードの部分が大きかったようですが、今回はほんとにペースをメイクする存在ですね。少なくともハープスターとジャスタウェイには少し速めにペースを引っ張る存在がプラスに働くように思っています。

今日のレースを観る限り、トウケイヘイローにも遠征していただくのがいろいろベターな気がしてきましたw 失礼な扱いでしょうかね。力のある馬でなければ務まりませんし、場合によるとペースメーカーの逃げ切り勝ちもあり得ますから。ご一考いただけると幸いですw …誰向けにお願いしてるのかって話ですねw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/781-4d0bd24a