2014.10.16


ラストインパクトの蓋。馬の実力にプラス、川田の技ありだと思っております。

台風のため月曜の京都開催は火曜に順延。水曜まで競馬ブックとGallopを待つのはいつ以来でしょう。東京は月曜開催が終わってから雨風が強まっていましたので、特に馬場への影響は少なかったと思われます。

で、火曜のメインは京都大賞典。まぁ仕事ですよね。雨の影響を推し量る術がありませんので、昼にささっとトーセンラーからの馬連を3点ほど購入しておりました。まさか下りで仕掛けられないとは思いませんでしたけどね。。。


レースラップです。
12.6-12.2-11.5-12.0-12.4-11.9-12.0-12.5-12.0-11.7-11.6-11.8

不思議なバランスなのはトゥザグローリーの力んだ逃げのためですね。あの前ががったテンションで最後までよく粘ったなぁという感想と、勝機の少ない善戦だよなぁという感想と。福永は復調の手ごたえを感じていたようですが、あの逃げからしてどこが適鞍かといわれると何とも。。。

タマモベストプレイの津村、3コーナー過ぎからの追撃は見事でした。あれ以外、2着以上を狙う方法はないように思えます。ラストインパクトにかわいがられたことも奏効したでしょう。あるいはそこまで含んでの早仕掛けだったかもしれません。…さすがに深読みでしょうかw


1、2コーナーで外から先団をパスした際、川田は包まれるようなトーセンラーのイン追走を確認していたでしょう。自分が溜めれば各馬の仕掛けが遅れ、トーセンの進路を塞ぐ確率があがる。トーセンラーの持ち味は下りの加速ですから、相手の長所を消しつつ自らに有利な展開に持ち込める。そう考えていたのなら。かくして4コーナー、仕掛けを遅らせて後続の「蓋」となるラストインパクトと、加速のタイミングが遅れてしまうトーセンラーの鮮やかなコントラストが生まれたのだと見ています。このレースのハイライトですね。

…持ち上げすぎかなー深読みしすぎかなーw でも、このくらいのことは考えていると思うんですよね。絶対にその思考をコメントにはしないでしょうし、それが勝負師として妥当な姿ですので、こちらは邪推するばかりなのでしょうけどね。「前が止まらないと思ったのでいい位置を取りにいきました」。勝利ジョッキーのコメントはどこまでもそつがない印象でございますw


どうやらトーセンラーはマイルCSへ向かう模様。天皇賞ではないんですねぇ。個人的にはいまのチューニングで府中の2000をどう走るのか、見てみたかったんですけどね。今後に向けてという点で、京都大賞典の内容自体は悲観するものではないでしょう。披露した切れ味はレースラップには表れにくいものという認識。連覇を楽しみにしたいと思います。

…あー、鞍上はしてやられたと思っているでしょうかね。武豊TVでどう取り上げるか、意地悪な楽しみがひとつ増えたとも思っています。



最後に。

今週発売の競馬ブック、Gallopにそれぞれ、凱旋門賞の回顧記事が掲載されています。ブックでは秋山響さん、平松さとしさん、一筆啓上のなかで吉田直哉さんもその評価に触れています。一方のGallopでは沢田康文さん。いずれもレース総括にふさわしい、落ち着いたトーンでした。お勧めです、ぜひご一読を。

今回の凱旋門賞は少し間を取ってから自分なりに回顧記事を書こうと思っていたのですが、上記の記事を読んで、ようやく重い腰があがりそうになっております。時間ないっちゃないんですけどね。トライしてみます。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/792-03a58aa5