2014.10.27

トーホウジャッカルが最後の一冠を取りました。

本命に推したサウンズオブアース、内回りとの合流地点でインをついたときはかなり期待しちゃいましたけどね。追いついてからもう一伸びされてしまうとは。不利な体勢になりながら神戸新聞杯でゴール前差し込んだトーホウジャッカル、そのパフォーマンスは伊達ではありませんでした。個人的に1、2着馬には3000mの適性と枠順の差があったように思っています。いやいや、負け惜しみじゃなくてですねw

レースラップです。
13.0-12.0-12.0-12.0-11.9-11.7-12.4-12.5-12.3-12.4-12.2-11.7-11.7-11.6-11.6

やっぱり京都の芝、速いですね。走破タイム3:01.0はソングオブウインドのタイムを1秒7上回るレコード。速い=強いでないのは自分でも認識しているところですが、こうした馬場では前々で運ぶことと、繰り返し馬場を叩き続けられることがアドバンテージになるとも考えています。

個人的な見立てをもう少し。急加速するパワーに優れたタイプやしっかりグリップして馬場を蹴り続けるスタミナタイプだと、いまの速い馬場に特徴をもっていかれる(スポイルされる)、という理解をしています。自力でスピードを上げなくても、馬場が加速を容易にしてくれる=減速幅も抑えてくれる、となると他の馬がその恩恵を受ける分アドバンテージが強く打ち出せないのかなと。違うかもしれませんけどね。今日でいうと、ダービー馬が中団のポジションを取りにいったことと、直線早々に失速したあたりに、その理解を適用してみています。敗因はそれだけではなさそうですけどね。


勝ったトーホウジャッカル。スタートから好位のポジションを確保、ずっと内ラチ沿いをキープしながら先団馬群を追走していきました。ここで折り合える力は大きなアドバンテージを生んだと思っています。マイネルフロストの直後というのも奏功したでしょう。あとは4コーナーを待たずに内ラチから離れて進路を確保。…いやー、こうして書くと実にシンプルに乗っていたんですね。

鞍上酒井はG1・2勝目。勝利ジョッキーインタビューでの表情は、勝算と自信をもって臨んでいたようにみえました。あー、長距離戦について聞かれていましたが、いやいや、少し前ですがニホンピロレガーロで万葉Sを勝っているとか、実績はありますからね。このあたり、インタビュアーが先回りできると観る側はだいぶ安心できるのですけどね。

父スペシャルウィークは菊花賞2着。以前の武豊TVでレース回顧した際、武豊自身がうまく立ち回れなかったことを吐露していました(セイウンスカイの鞍上が本音で話せる?的な振りをしていたのが印象的でしたね)。巡る因果と申しますか、息子は先行できたなぁとか、尾花栗毛つながりならウインフルブルームよりフローテーションじゃね?とか、ミーハーな血統ネタがふよふよ脳裏に浮かんでおりました。

次走はどうなるでしょう。有馬記念なら評価の難しい存在になりそうで、楽しみが膨らみますね。


サウンズオブアースは惜しい2着。最初のコーナーは勝ち馬と併走していたのが、コーナーを回るたびに少しずつ位置取りを下げていきました。ラップを見るまではひとつ外のディスアドバンテージを強く意識していたのですが、少し下げた1周目のスタンド前までは12.0を切るレースラップ。鞍上が意識して下げたようですね。そのコントロールが効くだけ、こちらも折り合いに不安は少なかったでしょう。

その分4コーナーでは内を狙えるポジションに収まっていましたし、あんまり不利不利言うと分析じゃなくて単勝が外れた恨み言になりますのでねw 内に切り返す分加速のタイミングが遅れたことだけ、主張させていただきたいと思いますですw


ワンアンドオンリーはいろいろなファクターが次々裏目にでてしまった印象です。大きくは前に馬が置けずずっと力んだ追走になったことでしょう。外枠の懸念が露骨にでてしまいました。また、阪神の直線をパワーと息の長さで駆け上がる特徴ではなく下りできれいに加速する力が求められること、これは事前にわかっていましたけどね。今後があるダービー馬に一戦必勝の仕上げや戦略を施す陣容でもなかったでしょう。これに前々で運んだ馬がレコードを叩き出す速い馬場。…惨敗する画までイメージしていましたので、この着順着差は善戦と捉えているところです。

序盤の位置取りも、横山が勝負になる位置まで運んだとみれば不利な条件下でやれる範囲の抵抗は示したものと受け取れそう。今回はノーカウントでよいのではないでしょうか。キングジョージから逆算してジャパンカップや有馬記念を使うべきか、考えてほしいなと思っています。


トゥザワールドはダービー馬同様力んだ追走になってしまいました。逃げたサングラスがかなり速いラップを刻んだことで、思い切った先行策は選択肢から外れたのでしょう。必死に抑える川田のアクションに、セントライト記念の直後から描いていたナリタトップロードをなぞるイメージは消えていきました。。。 パドック映像での見応えは素晴らしかっただけにね。ベストターンドアウトもそうですが、この一戦に向けてやりきった感のある充実っぷり。トモの張りに陣営の真摯で強い姿勢が窺えるようでした。だからこそ、レース後の下馬は残念で気がかり。はっきりした情報はまだのようですが、無事であることを願っています。


タガノグランパは自在性を身につけての4着。直線に向くまでは上手く運んでいたと思うんですけどね。直線の進路を見る限りは菱田が必死だったでしょうか。ウインカーを出す余裕がなかったように受け取れました。せっかく人馬で大舞台にあがるチャンスを得てきたわけですから。もったいない騎乗でした。


速い馬場でよどみなく引っ張る展開になった分、どちらかというと軽快なスピードを活かすサトノアラジンやトーセンスターダムが着順を上げてきたという理解もしています。サトノアラジンは不利がなければ着順をあげたでしょうが、いずれも勝敗にはからめなかったでしょうね。それぞれの鞍上が意識していたかはともかく、前崩れを期待するような位置取りでレースを進めていたと思っています。



最後に。

ツイートで見つけたのは、今年の牡馬三冠の勝ち馬の馬番。皐月賞のイスラボニータ、ダービーのワンアンドオンリー、菊花賞のトーホウジャッカル、いずれも1枠2番とは。

そして、皐月賞馬がダービーで背負って負けた7枠のオレンジ。今度は菊花賞でダービー馬が背負った格好です。抗しきれない極端な傾向、この原因として速い馬場ただただ嘆く論調がまた強まるかもしれません。

個人的にはジョッキーの戦略の変化で揺り戻しがかかる可能性を感じていますが、ジョッキーの裁量を許容できない状況が強まると、より一方的な傾向が続いてしまうようにも思っています。

いずれにしても極端な傾向が続くのは不確定要素を減らしますので、賭け事を「つまらなく」してしまう懸念がありますね。いろいろなファクターが拮抗してこそ面白みが増すと思いますので、ただ馬場をいじるだけでない、プレイヤーの戦略の変化にも、それを伝える側にも、冷静さと前向きさが欲しいなぁとふわふわ思っているところです。

とりあえずTV中継のなかで、時計が出やすい馬場ですから、くらいの一言は加えて欲しかったかな。…あー、トーホウジャッカルの強さを疑うこととは別ですよ、というのが伝わりにくいのか。難しいですね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/794-b31d1fa0