2014.11.01


世間はハロウィンのようですねぇ。

繁華街はすごいことになっていました。T-ウイルスに感染したかのようなセーラームーンが勢ぞろいして記念撮影していたりw ダースベイダーが並んで歩いていたりw その横でもはやテンションが落ち着いて恥ずかしくなっているキキが歩いていたりw もはやかぼちゃはどこにも見当たらず。日本のハロウィンはだいぶ独自の進化を遂げているみたいです。

はい、自分は順調に23時まで仕事をして、そのまま天皇賞の新聞を買ういつも通りのG1前金曜日でした。ハロウィンって天皇賞のことですものねw


枠順がでてからはゆるゆるとした脳内シミュレーションが続いております。イスラボニータの7枠15番を見た瞬間は思わず仕事を止めてそのまま早退しそうになりましたがw 周囲の枠の馬を見て、夜に追い切り映像を観て、少々落ち着きを取り戻しました。ええ、今回はイスラボニータ贔屓で参りたいと思っておりますよ。追い切りの動きが圧巻でしたのでね、期待値がインフレしているところです。

スタートをヘグらなければ二の脚を伸ばしながらカレンブラックヒルが前に行くでしょうから、マーティンボロが前めのポジションを狙わない限り、カレンを先導役としてイスラボニータはそこそこのポジションを取りにいけるようなイメージ。

外から被せてくるとしたら大外枠のマイネルラクリマですが、スタートからプッシュして大きく外に振られたくはないでしょうから、前めのポジションを臨むとしても2コーナーをなんとかやり過ごしてからじわじわ進出していくのではないかなと。

一方でジェンティルドンナは最内。基本スタートのいい馬ですから心配は少ないのですが、出遅れた場合最内枠がかえってアダになる可能性は否定できないですね。戸崎が出しすぎることはないでしょうが、2コーナーでエピファネイアの後ろに入ってしまうようだと、4コーナーから直線入口で他馬を捌くのに難儀するかもしれません。

エピファネイアは最終追い切りで少々趣が変わったようです。角居師からはこの春の調整は折り合いを重視し過ぎた旨のコメントもあり。今回の仕上げで心身ともにどんな姿を見せてくれるか。いまいまは、強すぎる前進気勢を上手く折りたためずにラスト1ハロンを踏ん張り切れないというイメージなのですが、これは当日見極めるしかないですね。

上位人気で一番スムーズに先行できそうなのはフェノーメノのように思っています。ただ今回の追い切りは、春の天皇賞時に比べて少しメリハリに足りないところがあるかなーという印象。ディサイファが主張した場合、少し外を回る可能性もありそうです。

そして、内々の前々で有力馬がひしめくなら、外からスムーズに歩を進めた方が結果につながりやすいかもしれません。はい、強引にイスラボニータ推し完成w


まぁねぇ、当然コース替わりの内々を進んだ馬が有利には違いないでしょうから、案の定負けることも想像しています。展開が後押ししてスピルバーグという可能性も感じていますし、新潟記念はローウィラーがやんちゃしていましたがw 穴としてマーティンボロも考えています。


3世代のダービー2着馬が揃い踏み、というのはかなり珍しいと思いますが、どうでしょう。それもブロンズコレクターのようなひとつ足りないという存在でなく、すべてG1馬というのが素晴らしく。タイプが異なるのも予想を楽しませてくれます。

そうそう、3世代のダービー馬が揃ったのは2008年のジャパンカップ。メイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイ。豪華でしたねぇ。でも勝ったのはそのいずれでもなく、スクリーンヒーロー。アルゼンチン共和国杯は生で観戦してその強さを確認していたのになぁ。…いまなにかフラグが立ちましたかねw



最後に。

ルメールが短期免許取得、この土曜から騎乗しますね。期間は東京大賞典までかな。まずは土曜の芝の乗鞍で、大外の1800と最内のアルテミスSが控えています。馬場コンディションやペースをシミュレートするには有意義かもしれません。リアルタイムで観れなさそうですが、ポイントにしようかなと思っています。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/795-032689ce