2014.11.16


ワイドバッハの鮮やかな追い込みでした。

どうして武豊の差しはああもきれいなんでしょうね。3コーナー過ぎで後方の内々にゆれているのを確認したときは「ないだろうな」と思っていました。その後の展開はほとんどキズナでしたね。

パドックで見た馬体の膨らみ方はオープンで善戦する馬のそれではありませんでした。なぜ7番人気?と思っていましたよ。後方からの脚質でなければ迷わず本命でしたが、終わってみれば買う側に思い切りが足りなかったのかな。


レースラップです。
12.3-10.7-11.2-11.8-12.1-12.2-12.0-12.9

カチューシャ田辺(って書くと気持ち悪いですねw)がスッと先頭に立ちましたが、出遅れたトウショウフリークとレッドアルヴィスが勢いをつけて2、3番手に。特にレッドアルヴィスはこれが敗因ともいえる立ち遅れだったでしょう。10.7-11.2で前半突っ込んでしまえば、それは厳しいラスト1ハロンが待っています。JBCレディスクラシックのワイルドフラッパーしかり、、蛯名の巻き返し方にちょっと疑問符がついております。

ただ、マツリダゴッホのジャパンカップ(勝ち馬はスクリーンヒーロー)のように直線入口で唸るような馬なり、からの、他馬に目標にされて差される惜敗具合、まで含めて。昔からこのパターンの鞍上蛯名を買ってしまう癖があるのかもしれません。エアジハードの天皇賞秋もそうですしね。…そうですよ、その時も武豊の追い込みでした。スペシャルウィークですね。

…手癖で馬券買っちゃあ、いけないですねーw まぁ今回はレッドアルヴィスに自信の◎がつけられずタテ目を押さえていまして。多少は過去の経験をフィードバックできている模様です。

なお、自分の見立てはトウショウフリークの逃げ、レッドアルヴィスの番手追走から、トウショウフリークが思ったより粘る、というものでした。キョウワダッフィー、ゴールスキーがスポイル気味になり、フィールザスマートが善戦して馬券圏内に入るかどうか、内枠を捌く分エアハリファを下げて出来が抜群のワイドバッハを上げたのは、まぁまぁ合っていた格好ではあります。

でも、逃げないトウショウフリークを確認した時点でもう見立てと違いますもんね。何秒で入るのか、ではなくトウショウフリークのマイペースを予想していましたので。結果的にそこそこ速い流れにはなりましたけどね。まぁ、全部結果オーライだといわれれば、そうなんですけどね。

武蔵野Sに優先出走権がついたのはいつからでしょう。アジュディケーティング産駒の次走が楽しみになったと同時に、久しぶりにG1の有力馬で選択を要する武豊の姿を見ることになりそうです。個人的にはワイドバッハで臨んでほしいのですが、どうなるでしょうね。


エアハリファは必要十分。皇成もそつなく直線で前を捌いて進路を確保していましたし。今日はペース追走とレッドアルヴィス目標の両方が加味されての惜敗だったと思っています。はい次、くらいの気持ちで前向きに捉えてよいのではないでしょうか。

グレープブランデーは進路確保でちょっと運がありませんでした。レッドアルヴィスのほぼ真後ろに入ったことと、エアハリファが外へ展開するためにグレープブランデーの前方を横切ったことと。スパートのタイミングはだいぶ遅れてしまったように見えました。ただし、ラスト1ハロンだけぐっと落ち込んでいるラップタイムを見ると、スパートが遅れたからこそのゴール前の伸び、であるともいえますのでね。



さて、明日はエリザベス女王杯。メイショウマンボの復調気配は追い切り映像で感じ取ることができましたが、どうでしょう。1年ぶりの勝利がG1連覇ならさながら「日本のトレヴ」ですね。

個人的にはディアデラマドレを買いたいのですが、お母さんが好きだったんですよ、という思考停止はいけませんのでね。外枠にはいった追い込みタイプと、内にはいったラキシス、そして実力が抜けているかもしれないヌーヴォレコルト。このあたりにフォーカスを当てて予想しようと思っています。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/798-5f8342ed