2014.12.04

エピファネイア、強かったですねー。

追い切りもパドックも評価は1番手でした。以前よりパドック周回時のテンションもましになっていましたし。もともとダービーで本命にしていた感触はいまだに残っていて、馬体の膨らみからして十分勝負になると思っていました。ただ、やはりあの前向きすぎる気性がネックだなーと思いが巡ってしまいましたね。4コーナーまでに折り合いの破綻がなければ、というタラレバは当日の自分には信ずるに足りない感覚でした。それに馬場と展開を深読みして、2、3番手評価に下げてしまったんですよね。

4コーナー、先行する3頭のポケットにはいって力を温存する陣形が見えた時点でこれはおそらく勝たれるなぁと思っていました。サトノシュレンは早々にバテるでしょうから、あとは3頭の壁が崩れた部分から抜け出すだけですからね。ラップの落ちた場面を逃さず蛯名イスラボニータが進出してきたことに大興奮してはいましたけどw

菊花賞のスローペースとは異なりますが、ハミを強く引っ掛けっぱなしでも余力を残して直線に向けば、というレースがエピファネイアの(完成形とはいえないでしょうが)パターンになっている様子。これからもこのスタイルでいくことになるのでしょうね。

エピファネイアと中団の後ろ目から進出したハープスターが同じ上がりで35.0。上がり最速がかなり後方から脚を伸ばしたスピルバーグで34.8。33秒台どころか34秒台前半のスパートも担保されない馬場状態が窺えます。こうなると前半の位置取りでアドバンテージを作ったエピファネイアが持ち前のスタミナそのままで押し切ったのは納得。終わってみれば一方的に強さを見せ付けるレースとなりました。


レースラップはこちら。走破タイムも速かったですね。
12.8-11.2-12.0-11.9-11.7-12.2-11.9-11.8-12.4-11.9-11.5-11.8

土曜の雨がどの程度影響するのか、その見極めが非常に難しかったというのが個人的な感想。言い訳しますよーw 9Rあたりからパドックに張り付いていたのですが、14時を過ぎるともう全然スマホの電波がつながらず。直線だけでいいから映像を見せてくれ、と思っていたのですが、叶いませんでした。返し馬の感覚だけで馬場のグリップ感を掴もうとしたのが反省のひとつではあると思っています。

ジェンティルドンナ、イスラボニータが大丈夫と読んでいましたからね。この2頭ともラスト1ハロンはパワー切れで下がってしまいました。馬場をうまくグリップできない旨のライアンのコメントがありましたが、しっかりグリップしないとスピードが保てない馬場コンディションだったことが推察されます。もう少し回復している見立てだったので、ここが自分の読み違えかなと。

イスラボニータは距離延長というより緩めの馬場でかつ長い直線、馬場に対してペースが厳しかったこと、そして4コーナーから追撃を開始したことがすべて加わっての敗戦だと思っています。じゃあパンパンの馬場だったら?逆に待機勢の切れ味に屈していたかもしれません。ん?だと距離かw いやいや、前走天皇賞のパドックで、思ったより馬体のスケール感に欠ける(=中距離G1を押し切るには総排気量や強いグリップが足りない、的な)印象をもっていたのですが、その感覚を大事にすればよかったのでしょうね。

これまで府中のG1では2度とも、目標にされる形での惜敗が続いていました。立場が気楽になったことで反対に先行馬を目標にした場合のアドバンテージは大きいのでは、と妄想をしてしまいました。伸びしろに期待しすぎるいつもの癖がでた結果の本命視。…あー、イスラボニータがうんぬんではなく、本命を決めかねたことが一番の反省点でしょうね。


ハープスターは3コーナーのアクシデントが大きかったでしょう。トレーディングレザーの直後にいたワンアンドオンリーはすぐに反応できましたが、そのひとつ後ろでは対処は難しいでしょうから。左前がぶつかったのかな、その直後にはもう仕掛けて出る流れに。よく35.0でまとめられたと思います。オークスの蹄鉄外れかけといい、府中では運に恵まれていませんね。

トレーディングレザーは残念。いまゴドルフィンブルーをジャパンカップで見るということは、日本での繁殖の価値をプロモーションすることが含まれていると思っていますが、最もむくわれない結果となってしまいました。高速馬場が原因とは一概にいえないでしょうが、そうした揶揄だけが膨らんでいくことがないよう望んでいます。


残り800mからの12.4で溜めをつくれたのがエピファネイア。しかし、向こう正面ではかなりスミヨンが体勢を崩しながら我慢させるシーン。本人もコメントしていましたが、やっぱり相当な前進気勢とパワーのようですね。行く気を削がずに力を温存する術がジョッキーの実力の一部なのでしょうが、スミヨンはテン乗りで(テン乗りだからこそ、かな)結果に結びつけました。本人は凱旋門賞に来るならぜひ乗りたいとリップサービスともつかないアピールをしていたようですが、いやー、ロンシャンの2400mは向かないんじゃないかしら。

2枠4番は母シーザリオのオークスと同じ。あのオークスより、ダービーより、だいぶスムーズにレースできたなぁ、などと黒い帽子がウイニングランをする姿を眺めながら感慨に耽っておりました。エアメサイアとラインクラフトの秋華賞はシーザリオの不在感の方が強かったなぁ、とか。いろいろ出て来ちゃいましたねー。


一方、エピファネイア主戦の福永は胸中複雑でしょう。テン乗りの勝者とこれまでの主戦との残酷なコントラスト。思い浮かんだのはステイゴールドの目黒記念でした。このあたりはベテランファンならでは、なのでしょうね。

当週のnetkeibaのコラムでは今回の乗り替わりに触れていて「スミヨンがどう乗るか興味深い」「結果によっては自信を失うこともある」「エピファネイアには頑張ってほしい」という言葉が確認できます。ジャスタウェイと能力に遜色はない、という分析は、こうしてレース後に見ればしっかりとピントが合っているといえそうです。

そのジャスタウェイ、4コーナーから直線に向いての誘導はきれいに決まっていました。先週のフィエロといい、2着を連続できる安定感は乗り馬の力だけでは説明しきれないでしょう。擁護ではなく、少なくとも一方的な揶揄を受けるものではないと受け取っています。レース直後のTLはさすがに酷かったですからね。


個人的には、と断った上で。福永ではエピファネイアのあふれるパワーを抑えきれなかった、という見解でいます。スミヨンとは、背筋力の強さと膝の柔らかさというフィジカルの差、そして前進しようとする力の「逸らし方」に技術の差があるものと推察しています。ひょっとすると、説得といいますか屈服といいますか、どちらがボスかという張り合いの部分にも差を見いだせるかもしれません。…素人が勝手言って申し訳ないですけど。

ここから派生した着想を少し。

どんなセレクションを経てその国のトップジョッキーになっていくか、競争のプロセスは各国異なっているという認識です。詳しくはないのであくまで推察するばかりですが、日本のそれは他国に比べて技術とメンタルの研鑽をそこまで要求されていない、とするなら。日本競馬の騎手育成が抱える構造的な問題が、よりによって国際交流の象徴というべきジャパンカップのパフォーマンスで顕在化したのかなと。…いや、いままでもあったんですよ。これだけ露骨に見えなかっただけで。ちょっと象徴的な事象と映っておりまして、どう受け止めてよいか正直戸惑っています。トップジョッキーがボトルネックになりかねない競馬かぁ。



エピファネイアは予定通り、有馬記念参戦を発表。この秋は3戦という話があったはずです。ブドーが体重調整を苦に帰国してしまいましたが(高田潤のブログを見る限りは食べすぎなんですけどね…)、これでスミヨンが継続騎乗になるのか。結論まではもう少し待つことになるでしょうかね。継続騎乗ならシンボリクリスエスのラストランのイメージで待ちたいと思っています。

ジェンティルドンナも早々に有馬参戦を表明しています。この水曜に再び戸崎へスイッチする報道も。最初で最後の中山なら落としても戦歴に傷はつかないでしょうか。個人的には馬場さえ合えばと思っていますが、師走の天気がどれだけいたずらをするでしょうか。


年度代表馬は有馬記念まで持ち越しでしょうね。エピファネイアか、ジャスタウェイか、ジェンティルドンナか。あー、トーホウジャッカルも可能性あり?でしょうか。そうそう、以前の投稿で最優秀古馬牝馬はラキシスかなーなどと書いてしまいましたが、ジェンティルドンナがおりますよね。失礼いたしました。男勝りで勘違い、とかではなく、端的にすっとぼけておりました。あのシーマクラシックを忘れてはいけませんね。



最後に。

当日は現地観戦でした。10万人の競馬場はなかなか動きづらかったですが、モカソフトクリームもしっかりいただきましたよ。英国ダービー展目当てで競馬博物館にも足を運びました。館内のソファにはおそらく徹夜組でしょう、死屍累々として爆睡しておりました。もう少しなんとかなってほしいかなw

順路を少し離れてメモリアルホールへ。殿堂馬の並びにエルコンドルパサーを見つけました。実は全く構えがありませんで、本当にフラッとメモリアルホールにはいってみたんですよね。ジャパンカップ当日に確認できた偶然も相まって、血統登録書を見ながらグッときてしまいました。

ジャパンカップと欧州の主要G1との連関を強く動機づけした馬。ようやく、あるべき場所で見ることができてよかった。

いずれ、オルフェーヴルもジェンティルドンナも。エピファネイアも?

…にしてはメモリアルホールのスペースが足りない気がしてますけどねw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/801-db9dd67d