2014.12.10


ホッコータルマエ、磐石の運びでした。

クリノスターオーの2番手から、スローと見るや向こう正面でペースアップ。パトロールフィルムで観る限り、ムーアが幸を二度見していたようにも。外からローマンレジェンド、真後ろからナムラビクターが狙っていましたが、前半のスローを好位で乗り切ったことがラストまでの粘りにつながったようです。にしても、向こう正面から吹かし気味に行ってそのまま押し切りましたからね。強かったと思っています。

レースラップはこちら。
12.6-11.7-13.2-12.9-11.9-12.2-12.4-11.7-12.4

クリノスターオーの逃げ。1、2コーナーを利してペースをグッと落としました。おそらくは有力馬との実力差を埋めるための策だったものと推察しています。先行馬のアドバンテージ。1コーナーでのポジショニングが明暗を分けるのは昨年までの阪神と変わりないでしょうか。

個人的には中京1800のイメージについて、中山、阪神の回りが逆、というざっくりした捉え方にしていたのですが、おおむね合っていたでしょうか。馬場の重さも近しいようですしね。ホッコータルマエと10着インカンテーションとの上がりは0.1秒しか違わず。3ハロンの中身は異なるでしょうが、このあたりに外枠スポイルの特徴を端的にみることができるでしょうか。

向こう正面でのホッコータルマエの進出。自分の本命はクリノスターオーでしたので、この時点で諦観がはいっていました。残り1000から11.9と踏み込み気味にペースアップしてしまいましたからね。走破タイムこそG1としては振るっていませんが、後半5ハロンのラップ構成にに厳しい展開を読み取ることが出来ます。だらだらとペースアップして直線の坂で11.7と歳加速ですから。スローだから低レベル、ではないと思っています。

ホッコータルマエは今春ドバイで調子を崩し、この秋も笹針を施してJBCクラシックに臨んでいたとのこと。陣営の苦労がしのばれます。よく立て直しましたねー。次走は東京大賞典。ナマ観戦にしたいですね。


2着ナムラビクターは内枠を利して先行馬の直後でじっくり。直線持ち出してからはよく伸びて来ました。ペースとポジションに嵌った感がありますし、なにより馬自身の気持ちが向いたかな。前走からこちら、鞍上小牧がレースにいってみないとわからん、と泣いていましたからね。…タテ目は押さえていたのですがナムラ抜け。終わってみるとなるほど、なんですけどね。こういうときこそ押さえておくべきでした。


3着ローマンレジェンドは岩田が積極策。というよりは外枠克服のためやむを得ない積極策とも映っています。ヘンに控えると馬群の外々を回る最悪の展開が待っていますからね。枠順の妙はあったと思っています。追い切りの動きはよかったのですが、もう少し時計の出る馬場だったらなぁ、という思いとともに予想の上では少し下げる形にしました。調子が維持できれば暮れが楽しみですね。


4着サンビスタは無欲の追走が奏効したでしょうか。うまいこと馬群のポケットで負荷を抑えていたと見えています。3コーナーでナムラビクターの直後。ラチ沿いの縦の並びが着順を落としたグレープブランデー、ベストウォーリアですのでちょうどいいポジションに収まったともいえそうです。最後伸びてきたのは単に恵まれただけではないでしょう。次走は年明けの交流重賞でしょうか。楽しみになるパフォーマンスでした。


ワイドバッハはスプリンターズSのマヤノリュウジンのような後方スポイル。ものすごい上がりですが、あの位置で勝てる展開にはなりませんでした。阪神の頃でいうならシルクメビウスかな。武蔵野Sよろしく、フェブラリーSで嵌ったら鮮やかでしょうね。調子を維持したまま2月の府中で会えればよいなと思っています。


外枠スポイル勢は、1コーナーから不運が続いたようです。コパノリッキーは出遅れをリカバリーできずに外々を回る不利。インカンテーションは前に行ったダノンカモンに再三被せられる場面。ワンダーアキュートはハナから先行策を捨てたような待機策。いずれも1、2コーナーの位置取りが望ましいものにはなりませんでした。調子さえ落とさなければ、次走以降平気で巻き返してくる可能性を忘れないようにこころします。はい。


クリソライト、というよりビュイックの判断がちょっと不可解でした。スタートからの行き脚がつかないのはやむを得ないとしても、早々に内々のポジションから外に展開する判断にした様子。1コーナーと3コーナー、それぞれレースラップの加速ポイントで喧嘩を売るようなアクセルの踏み方。きついポイントでの真っ向勝負は美しいかもしれませんが、もうひとつペースをずらすような戦略が想定されていなかったでしょうか。ビュイックの不得手がでたのなら要チェック、と思っているところです。


ひとつ気になっているのはカゼノコ。秋山だからこその鮮やかなジャパンダートダービー、秋山だからこその不可解なJBCクラシック、だと思っていました。今回はワイドバッハと同じリズムで評価を下げたのですが、いつか嵌るはずなんですよ。それがどこだろうと思案中でして。やっぱり京都1800ですかねぇ。悔しい思いをしないよう、見極めはしっかりしたいですね。



2歳戦で少しだけ。

日曜の新馬1400m。2着惜敗のミッキークイーンはなかなか面白そうです。前残りのレースを1頭だけ捲り上げて来ました。四肢の回転力、いい躍動感を見て取りましたよ。スタート出負けの分の取りこぼし、には違いないでしょうから次でしっかり結果が欲しいですね。距離はもう少しあったほうが似合う気がしています。春のG1で見たい1頭ですが、どこまで行けるでしょうか。



最後に。

ひとつ前の記事でプライベートなご報告をさせていただきましたが、匿名でお祝い&激励コメントを頂戴いたしました。やっぱりうれしいものですね。

不特定多数の方とやり取りするのは正直厳しい、というスタンスはあまり変わっていないのですが、自分自身が慣れてきたことも大きいのでしょう。以前に比べてヘンに堅苦しく構えるところはなくなっているようです。相変わらずいいね!やコメントを拒否しているわけではありませんので、気になることがあればいつでもコメントください。

私信のようになりますが、改めて。プレッシャーにならないようにいろいろ配慮をいただいたコメント、ありがとうございました。励みになります。それこそ程ほどに、家庭を壊さないようにw 自分なりの競馬語り、続けていきたいと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/803-e3a12d35