2015.03.09


サトノクラウンの完勝でした。

…今週はまったく競馬に時間が割けませんでした。メイダンのスーパーサタデーもオリエンタルアートお疲れさまも武豊3700勝もなんとなく横目で確認する程度。ひとつひとつにしっかり向き合えないのがじわじわとフラストレーションに。仕事も実質、週7でしたしねぇ。というわけで、土曜の重賞は移動の合間にさらさらとPATで、日曜は弥生賞だけWINSにパッと寄って購入。いずれも予想に割く時間がない分、外れた悔しさだけヘンに増してしまいました。はい、グァンチャーレの複勝で4着だった言い訳でございますw

レースラップです。
12.5-11.4-12.3-12.4-12.7-12.0-12.1-12.1-11.9-12.4

後半厳しくなったようですね。逃げたジャストフォーユーがペースを上げていますから、戸崎の意図は切れを活かしにくい馬場を加味した粘り込みだったのかな。残り400からのラップがそれ以前と差がないですし、1コーナーの入りで控えた馬が上位を占めていますので、ほぼ5ハロンの持続力が問われる、ちょっとタフなトライアルになったと思っています。

勝ったサトノクラウンは先行馬のペースアップを受けながら、ちょっとおっつけ気味の追走。抜け出してから耳を立てていたように過敏なタイプではなさそうですね。このカッとしないテンションが東スポ杯で馬群のすき間を狙い続けられた理由かもしれません。ムーアも炊き付けながらという感じでしたしね。

位置取りの妙と4コーナーで外の馬を膨らませた挙動、福永のファインプレーはふたつだったと思っています。トーセンバジルが斜め後ろに併せてきた後に、サトノクラウンのお尻が少し外にぶれる所作。カメラワークの都合、意図的かどうかははっきり読み取れませんでしたが、ほぼコーナーの頂点のあたりで膨らむ格好でしたので、玉突き的にトーセンバジル、グァンチャーレ、ブライトエンブレムが順々に外に膨らんでいきました。事前から狙っていたように見えたんですけどね。あ、いや、でも微妙かな。でも、これも地味に着差に効いたと思っています。

上記のエスコートが着差に反映している分、皐月賞決まり、とまでは言い切れない認識ですが、ペースも異なる重賞をふたつ、それも府中と中山で獲ったことは大きいですね。まだまだトライアルは続きますし慌てずに見極めていくつもりではいますが、現状は一歩リード、という印象です。楽しみがまたひとつ具体的になってきました。

さて、福永には共同通信杯の勝ち馬がおりますので、おそらくからだがふたつ欲しいアレですね。現在30勝でリーディング、それにふさわしい選択と思っています。もちろんジョッキーに選択権があるとは限りませんが、どうなるでしょう。まずは続報を待ちましょうか。


2着はブライトエンブレム。確かに力は示しましたし、この馬場をこなしたことも評価できるのですが、札幌2歳と同じリズムで運んだという印象がありまして。ペースと馬場に柔軟に対応できるタイプではないのかもしれません。今後もコンスタントに追い込んでくるでしょうが勝ちきれない、という戦歴に落ち着いてしまうような気も。ちょっと古いですがメジロブライトがダブっております。


グァンチャーレは脚色を測るような追い込み。勝ったシンザン記念も脚をぴったり使ったような印象でしたので、ペースを受けるような競馬にはしないだろうと思っていました。2000mと中山の坂を試した結果はどう映ったでしょう。…個人的にはNHKマイルな匂いがしてきました。


シャイニングレイには厳しい内容となりました。母シェルズレイのイメージはぼんやり程度なのですが、気性は母譲りという認識。息子もかなりファイティングポーズをとるタイプになっているようですね。

スタートはすっとでていましたが、逃げ馬の後ろにつけようと鞍上が操作したあたりからファイトしてしまった様子。コメートとの接触が止めになったのでしょうが、ひょっとするともう少し馬なりに流したほうがスムーズだったかもしれません。まぁ、こればかりは外野の見立てですからなんともですけどね。

そのコメートの戦略。1コーナーまでの接触もそうですし、3コーナー付近から早めに進出したこともそう。シャイニングレイ徹底マークという意識があったように見えています。かかったうえでのマーク、かつ速めのペースアップ。これまで経験していない厳しいペースに巻き込まれたことがシャイニングレイ敗因のひとつと思っています。

ただ、今回で着火した気性が次走以降、上手に折り畳めるかというと…。おそらく次走は皐月賞でしょうが、シャイニングレイもマイル路線が妥当な気がしてまいりました。個人的にはリアルインパクトが近いイメージですが、どういう戦歴になるでしょうね。



最後に。

すっかり意識の外になっていましたが、毎年ドバイミーティングの情報はこちらで追いかけていたのでした。
2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート | 日本馬の世界挑戦!現地レポート | お楽しみ | JBISインターネット情報サービス

メイダンのダートがどんなものか、それにエピファネイア、ホッコータルマエがどのくらいやれるのか。さすがに両雄が並び立つようなコンディションはイメージしにくいのですが、情報を取りながらイメージをつくっていこうと思っています。いずれ馬券が買えるようになるかもしれませんしね。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/823-7eab9a4a