2015.03.16


バウンスシャッセの差し切りでした。

ひとつ前の東風Sにヒントを見ていました。というより、今週通して中山芝コースは外差し傾向だったようですね。土曜は仕事で日曜はお昼過ぎまでお布団と一体になっていましたので、日曜は東風Sから見始めた次第です。クラリティシチーの差し切りですが、田辺の控え方が大胆に映っていまして。前に行く馬が複数いて、馬場が少し重めで、内枠のバウンスシャッセ。控えてタフに差すなら連はあるな、などと考えておりました。正解でしたね。…あまり予想に時間をかけない方がよいのでしょうかw

レースラップです。
12.6-12.0-11.5-11.5-11.6-11.9-12.4-11.8-12.2

ミナレット、サクラプレジール、マイネグレヴィルあたりが勢いをつけて先手を取りにいく1コーナーまでの短い区間。馬番4、5、6が前々に行くわけですから3番の横がポッカリ空く可能性は十分ありますよね。パトロールフィルムで確認した限りだとそこまで余裕があったわけではなさそうですが、少し外に張って通りたいところは選べた様子。

その後の進め方は武豊の差しのようにも見えました。きれいにふわっともってきましたねぇ。特に4コーナーの余裕を持った進出の仕方。先週の弥生賞よろしく玉突き的に外に振られているのですが、手綱をもったままの分影響は少なかったようですしね。ペースが速くなることも、外差し傾向の馬場もしっかり捉えていたのでしょう。田辺の判断力に対する信頼を改めて確認するような一勝でした。

バウンスシャッセにフォーカスすると馬場も鞍上のリードも向いた印象。レースへの前向きさは以前より感じましたが、府中の速い馬場で突き抜けるイメージはあまり湧いておらず。今回のレースもフラワーCに似たリズムを感じていますし、皐月賞と函館記念を選択した陣営の見立ては納得するところでもありまして。ヴィクトリアマイルかぁ。


引退レースとなったアイスフォーリスは惜しい2着。直線の入口はモーゼの十戒よろしくきれいに前が開きましたが、もうひと息でしたね。東風Sになぞらえるならシャイニープリンスでしょうか。東京でも中山でも善戦するイメージでしたので、個人的に相手として押さえる事は難しくありませんでした。まだやれる、というイメージを残しながらの引退は恵まれたものと心得ています。お疲れさまでした。


ブランネージュは厳しいポジションだったように映っています。レース前半は突っ込み気味のラップを半分受けるような、そしてレース後半は後続の目標になるような位置取り。あれで押し切ったら相当抜けた強さを示すことになるでしょう。鞍下の能力に対する高い見積もりがあったか、あまり自覚的にペースを見極めていなかったか。鞍上はいずれの構えだったでしょう。


気になったのはエバーブロッサム。石橋脩が残り600から積極的に運んで4コーナーで先団に取り付くところまではよい印象でしたが、そこからジリジリとした脚色になってしまいました。昨秋からの復調気配は感じられるのですが、クラシックのいい頃のイメージからはまだ遠いでしょうか。古馬になってボリュームが増してこないディープ産駒、というのはあまり良績に結びついていないような。。。 もう少し期待して見たいと思っています。


フィリーズレビューもちょっとだけ。

クイーンズリングの差し脚はメンバーの中ではかなり抜けていました。おそらくデムーロは1400の重賞を獲るためだけのレースにはしなかったのでしょうね。レース後のインタビューでも桜花賞への期待を口にしていた通り、これで有力馬の一頭という扱いで申し分ないと思っています。

ただしマイナス20kgの体重はかなり引っかかっています。ここを頑張ってしまったことの反動が出てしまう懸念は、桜花賞まで忘れずに置かないとですね。栗東所属でデビューから2戦とも中山を使ってくる点、1800→1600→1400というローテーション。これをクリアしての3連勝は馬の地力と思いつつ、どこに配慮した判断であったのかも気にしておきたいと思っています。でも強かったですね。



最後に。

フジの中継でデムーロのインタビューを見ていたのですが、インタビュアーが少々意地悪な印象を受けました。楽しかった、のコメントに何がどう楽しかったかと聞き返すのは、真意が伝わっていないが故に視聴者向けに質問を踏み込んだとも、日本語の不自由な部分について意図的に揚げ足をとるようにも。いずれにしてもさわやかな印象がなかったのはちょっと残念でした。

デムーロの日本語をヘンにフォローする必要はないと思いますが、インタビュアー先入観が強く出てしまっているなら、そちらがノイズになってしまうことが多いでしょうからね。勝者を讃える場面ですので、すっきりした進行を心がけていただきたいと思った次第です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/824-b65c453e