2015.04.22


ドゥラメンテの末脚につきますねー。素晴らしかった。

リアルスティールを飲み込みにかかったミルコを見て取りながら、WINS新横浜でゆっくりと右の拳を突き上げたのは私です。失礼いたしましたありがとうございました。サトノクラウンの出負け以外はほぼ見立て通り、金額は少なめですが予想も完勝でございました。

実はこの週末、半分仕事で仙台に滞在しておりました。取って返した流れが流れて新横浜に迷い込んだ次第です。なかなか予想をまとめる時間は限られていたのですが、かえっていい集中ができたでしょうか。最後はサトノクラウンと迷いましたが、返し馬の映像、芝の蹴り返しを眺めながら、印象的だったセントポーリア賞の脚色を思い出してのドゥラメンテ本命でした。ぶい。

直線、鞍上デムーロがたぎっていましたねー。アンビリーバブルと言わんばかりの首ブンブン。ガッツポーズが早かったことでだいぶ裁決に怒られたようですが、エンターテインメント半分、安全な運営はもう半分。多少はゆるく許容しつつ楽しんで見られるあたりが落としどころかなと思っています。あのパフォーマンスならこちらにも興奮が伝染りますよね。十分堪能いたしました。リアルタイムでも左手で「4」を示していたことはわかりましたよ。


レースラップです。
12.5-10.7-12.0-11.8-12.2-12.2-12.1-11.7-11.4-11.6

8枠からクラリティスカイの逃げ。先ほど映像を見返してみましたが、やっぱり鞍上は狙っていましたね。前で運ぶであろうアクティブミノル、ワンダーアツレッタのスタートダッシュを疑ってかかれるなら。横山ですからね、先手を取ってマイペースというのは十分想定できました。中間のラップを12秒台後半に落とさなかったことも勝負の範疇でしょう。もし緩めたら後ろから交わされてかえって着順を下げていたかもしれません。

ドゥラメンテはスタート直後に少し主張していましたが、じわっと下げての後方追走。このあたりはデムーロの当意即妙でしょう。結果的に前走のような折り合いを欠いたスタミナロスの可能性を消してくれました。3コーナーからのギアを上げながらの追走もさすが。あとは直線で外には出しにくそうだから内を捌けるかなーなどと見守っておりました。

やはりポイントは4コーナーの所作でしょうか。左前方に進路が開けた瞬間の反応はサンデー直仔のような印象でした。急速にトップスピードに達する分、まっすぐ走りながら加速できないそれ。その直前まではストライドを詰めてハミの抑制も効いた状態でしたが、そこから解放された瞬間に大きく斜行したように見えました。サトノクラウンの手前で遠心力を食い止めるところまでは右手前のようにも見えており。ということは左後脚を推進力にしながら左にすっ飛んでいったわけですね。ちょっとびっくりです。

いちおう鞍上は初めての右回りと歓声に驚いたと話していますが、実際はどうだったでしょう。個人的には、パドックで見立てた細さ→体幹の未完成さ→左右の挙動にまだ弱い、という仮説をもっていますが、原因はさまざまに推測できそうです。この回答はダービーでわかるかもしれません。と、議論からは上手に逃げておきましょうかw

ドゥラメンテは音楽用語で「荒々しく」という意味。レース振りから荒々しいイメージも喚起されそうですが、どちらかというと現状は「未成熟」と表現したほうがしっくりきています。気性面も含めてどっしりしてくる頃に凱旋門賞なら可能性は十分でしょうか。あ、でもお母さんの気性があるのか。落ち着くほうがらしくないかもしれませんね。

アドマイヤグルーヴの回顧記事、年末のご挨拶に混ざっていました。そうそう、ルーラーシップが3/4ですものね。ちょうどいい時期にアピールで来た格好でしょう。
more than a DECADE 年末のご挨拶

次走は日本ダービー。皐月賞のようなリズムで進められるなら、そして成長分が加味されるなら。2冠の可能性、楽しみになりました。新緑の府中、晴れてほしいですね。


リアルスティールは先行策から粘りこんでの2着。福永はそつなく誘導したように見えていますが、3コーナーまでの折り合いは実はそこまでうまくいっていなかったかもしれない、と思っています。内枠先行から十分仕掛けどころを探れた共同通信杯から推測して、よどみない流れになったときの信頼感にちょっと欠けた分評価を下げました。

ダービーでは馬場状態がポイントのように思っています。パワーの要らない速い馬場なら福永の先行策が奏効するイメージ。なんとなく同厩の先輩ダービー馬もいっしょにイメージできますが、そうなるとなかなか因果なもの。あくまで観る側の勝手な文脈ですが、鞍上はワールドエースを振り切ることができるでしょうか。


サトノクラウンは出負けが大きかったと思っています。4コーナーの不利、外に大きく膨れたことで「勝つチャンスがなくなった」とはルメールのコメントですが、出負けで馬群の後方外々を回らざるを得なかったことは悪循環に陥ったことを示しているでしょうからね。リプレイを見ながら、馬体のスケール感は異なりますが、ジャングルポケットの負け方を記憶から引っ張り出しておりました。

ダービー、どうでしょうね。ルメールが特徴を押さえたでしょうからしっかり巻き返してくるはずですが、勝ち切れるかというと何とも言えなくなった、というのがいまいまの見立てです。ただ皐月賞も本馬なりにラスト伸びていましたからね。馬場、枠順、ペースを見ながら、評価の上げ下げに悩むことになりそうです。

そうですね、やはり自分のなかではライアン・ムーアが凄過ぎた分、東スポ杯<セントポーリア賞なんでしょうね。そうすると弥生賞の福永はかなり素敵な乗り方だったということになるのかな。トライアル間の評価は毎年悩ましいものです。


あとは、向こう正面から積極的に運んだブライドエンブレム。なおラストまで伸びていましたからね。おそらく最内枠はアドバンテージをあまり生まなかったでしょうし、どちらかというと少しパワーの要る馬場状態のほうがよいでしょうか。次走、府中の2400mで田辺がどう特徴を活かそうとするか。まだイメージを掴みかねていますが、それも楽しみのうちと思っています。



最後に。

一緒に観戦した初競馬な同僚はサトノクラウンの単勝。レクチャーもそこそこに雄々しい決断でしたから、こちらが気後れするくらいでした。どうせなら当たってほしかったですけどね。楽しんでもらえたようなのでよかったです。何よりエスコートした本人が一番わくわくしてしましたからねーダメですねー。いい年こいて困ったものではありますが、わくわく感が伝わったのなら何よりと思うことにいたします。素敵な配慮もいただきましたし。ありがとうございました。


さぁ、来週からは府中開幕。今年はどれだけ現地へ繰り出すことになるでしょうか。やはり生の観戦に勝るものはないですからね。5月の陽射しとモカソフトw 必須でございますねw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/829-88221113