2008.10.06
相手に相撲を取らせる、という言葉があります。
正確な意味は相撲ファンに任せるとしてw
今日のスプリンターズS、スリープレスナイトは
まさにそんな内容で勝ちきったように見えました。


映像を見れば一目瞭然ですが、すばらしいスタート。

あれだけスタートがいいと、逃げたい馬がそれより前に出るためには
必要以上に初速にパワーを使うことになります。

反対に、スタートのよかったスリープレスは
先頭に立ちたいウマが前に出るのを待ってから
自分のポジション(今日は前から4~5番手)を
ゆっくり確保する余裕がありました。

余力十分で不利のない外側を回った時点で
そりゃ後は横綱競馬になりましたね。
前後半のラップも理想的に推移しました。
完勝、でした。



…30過ぎると涙腺はゆるむものでしょうか。
勝利ジョッキーインタビューは、もう、ダメでした。

苦労の経緯はあちこちでさんざん語られているので割愛しますが
手術後、周囲から差し伸べられた温かいきっかけに
日々の騎乗で応え続けたジョッキーの
号泣でも冷静でもなく、かみしめるように質問に受け答える姿は
もう、ダメでした。
不覚をとりました。そして、よかった。


単勝も買っててよかった(涙)


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/83-ee267ec0