2015.05.07


ワンダーアキュート、狙いすましての差し切りでした。

現地観戦ができました。悪友と車で向かいまして、車中にて近況報告など。この年齢になりますと心置きなく口悪く雑に語れる場面が少なくなって来ますので無駄に盛り上がりました。もちろんG1の展開予想も雑。クリソライトいけないんじゃね、でも武豊は絶対いくんじゃね、みたいなw

競馬場向かいのららぽーと近辺が駐車場待ちの行列でとんでもないことになっていましたので、隣のvivitという商業施設に駐車スペースを確保しました。いやーさすがGW、フードコートでご飯を買うのにどこも30分以上待つとは。来年以降は気をつけて乗り込まないといけませんね。

肝心の予想は、パサパサの軽い馬場を確認できたことを活かしきれませんでした。クリソライトが無理にでもハナを叩くイメージ(それ以外に勝ち目がないという見立て)だったので、その直後で立ち回って抜け出せる馬を探しました。サンビスタ本命、単穴ハッピースプリントという結論だったのですが、そうなんですよ、上がりの速い馬場であればワンダーアキュートの立ち回りにもう少し重きを置くべきだったんですよね。…やっぱりコロッケ売り切れのショックが大きかった模様ですw


レースラップです。
12.1-11.2-12.3-12.6-12.0-11.8-11.8-13.6

有力馬は先行馬群にしっかり参加していましたが、この流れはかなりきつかったでしょう。積極的だったセイントメモリーは3コーナーで早々に吸収。直後にいたベストウォーリア、に外からこれも積極的だったハッピースプリントが並びかける4コーナー。地方のジョッキーがG1らしいペースを演出した格好ですね。


ハッピースプリントのペース配分でいうなら、向こう正面でジリジリとペースを上げなければ違った勝負の仕方があったかもしれません。直線入口で膨らんだ所作は、半分狙いで半分思惑以上であったと読み取っています。余力のなさを感じ取ってタイトにコーナリングするのを避けたでしょうか。ベストウォーリアを交わせなかったあたりは馬場の速さとの兼ね合いかもしれませんが、3歳春のイメージにグッと近づいてきた印象。マイル前後で楽しみにしたいですね。


ベストウォーリアは早め早めに勝負したのでしょう。個人的に1400ベストという認識がありまして、ラスト1ハロンの息遣いへの期待値から本命視はしませんでした。見立て以上に走っていましてそれは驚きでもあったのですが、スタミナ不足を露呈してしまうイメージ自体は合っていたと思っています。今後の目標はどこになるでしょうね。スローの1600なら、という評価は変わらずでした。たとえばJBCスプリントとしても、むーん、1200ならダノンレジェンドが一枚上手でしょうか。


勝ったワンダーアキュートをしっかり褒めましょう。9歳であのパフォーマンスですからね、端的にすごい。ラスト1ハロン13.6を若者2騎がバッテバテのなか、しっかりとしたフォームで差し切りました。他馬が相撲を取り切った後で進出するカウンターアタック、それを狙って実行した和田の視野が最大の勝因でしょう。先行馬群の一番後ろで、離されないように追走すること自体がひとつの勝負の仕方だったようにも見えています。

カウンターアタックですので、このまま帝王賞につながるかというと何とも。コンビ復活の和田はまだまだ狙っていくでしょうが、ホッコータルマエ相手ですからね。ただ、当日の馬場が速いようなら一考の余地が増えると思っています。


サンビスタはパサパサの馬場で上すべるように走っていたとのこと。確かに前走圧勝したマリーンCがかなりの悪馬場でしたから、相対的にスピードに寄った馬場があまり得意でないという可能性はありそうですね。風で砂埃が舞いやすいコンディションでしたから、最内枠から内ラチ沿いで追走するとまともに砂埃を浴び続けるわけで、それが敗因とも推察できます。個人的な印象はノーカウント。少しレース間隔を詰めていますので、リフレッシュして次走に臨んでもらえるとよいなぁと思っています。


クリソライトは残念のひとこと。武豊は2完歩目以降で早々に逃げの戦略を切り替えてしまいました。おそらくは周囲の初速を見て、逃げにこだわるのは得策でないと判断したのでしょう。前走ダイオライト記念でのスタートダッシュからすると2400の相手関係で楽にハナを切るダッシュが見られませんでしたからね、切り替えを即消極論と捉えるのは違うと思っています。が、控えて勝ち目があったのかというと疑問。とするなら、陣営としてはこの一戦の勝利に執着するところではなかったかもしれません。しかし、この内容から帝王賞はなぁ。



最後に。

GWも終了、日曜のNHKマイルカップのことを考え始めております。個人的にはアルビアーノが好みのタイプなので(顔ねw)それが予想に反映しないよう心のバイアスを調整するところから。きれいかかわいいかでいうと、かわいい方ですよね(謎

グランシルク、ミュゼスルタン陣営のコメントからは自信が覗いていますが、馬場状態と枠順が大きく結果を左右しそうな構えをもっています。昨年のミッキーアイルのような極端なバイアスが生じるのかどうか。今週は現地でG1観戦できそうですので、しっかり準備して臨みたいと思っています。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/832-8d4634f2