2015.05.11


クラリティスカイがきっちり捉えました。

府中で現地観戦でした。この春開催でははじめて。いやー5月の陽射しを皮膚で感じるといいますか、あの場内の空気は独特でよいですねー。それだけでダービーが近いなぁ、と思ってしまうのはさすがにその皮膚が鋭敏すぎちゃっているのかもしれませんね。

土曜の夜に多少雨があったようですが、かえって馬場にはよかったでしょうか。9Rの湘南Sは内を縫ったダローネガがきれいに外を回したピオネロを凌いだ内容。これを「見」して、内外の馬場差は大きくないと認識して予想を組み立てました。

レンイングランド、マテンロウハピネス、アルビアーノ。おそらくいずれかが先手、ただしいずれも厳しいペースを臨むタイプではない認識。翻ってグランシルク、アヴニールマルシェ、ミュゼスルタンら人気どころは自分でポジションを取りにいくタイプではない有力馬。おおよそスローで流れるのでは、という予想の大枠は前日のうちにまとまっていました。

内外変わらない馬場。であれば好位の内で立ち回って、抜け出した先行馬を捉えられるのが最善。パドックをふよふよと眺めながらクラリティスカイとダノンメジャーのスケール感に絞り込みつつ、これまでの経験値と折り合いへの不安、枠順のアドバンテージを見て、クラリティスカイを軸に取りました。スタートしてアルビアーノを直前に見ることができる枠順は大きなプッシュ材料でしたね。

パドックで見たアルビアーノはやっぱりかわいい、ではなくてw 成長途上といいますか意識して仕上げきっていないといいますか、気持ち余裕を持った馬体でした。今後の成長の余地も残していたように思いましたが、今日のメンバーでは誰かに差されてしまうだろうという予感も強く覚える出来でもありました。本当はアルビアーノ軸で心中、などと思っていたのですが、思い入れはアルビアーノ単勝に、予想はクラリティスカイ軸の馬連と、比重を分けた馬券に落ち着かせました。はい、戦略としては正解でございましたね。


レースラップです。
12.4-11.1-11.8-11.9-12.1-11.1-11.3-11.8

レース後のインタビューであった通り、4コーナーまでクラリティスカイはかなり逸っていました。それをしっかり手綱をホールドして直線まで我慢できたことは大きなポイントだったと思っています。あーホールドというのは手綱を動かさないということではなく、フォームが伸びきらないようにかつ力をロスしすぎないように、首の振り子運動で生じる力を上手く逸らすよう可動域を適宜詰めていた、という意味ですね。場内のリプレイを見ながら往年の岡部さんが思い浮かびました。

上がり3ハロンは減速ラップ。早仕掛けせざるを得ない展開もあったアルビアーノに対し、レースラップが落ちるのをじっくり構えるかのような鞍上。アルビアーノのひとつ外に出すタイミングといい、素晴らしかったですねー。

父仔制覇はNHKマイルカップでは初とのこと。クロフネのNHKマイルカップはアンビリーバブルな差し切りでしたが、息子は卒のない立ち回りでした。筋肉質な馬体はクロフネというよりはフレンチデピュティ、スペシャルウィークというよりはタイキダイヤ、というイメージ。折り合い次第で2000mくらいまでは大丈夫と思っていますが、詰めて使っていることも合わせて、ダービー…?慎重な判断をお願いしたいと思っています。


改めて、アルビアーノは惜しかったですね。勝てない展開だと思いながら眺めていても、直線抜け出した瞬間はアガりました。クラリティスカイに並びかけられてからも気持ちを切らさずに踏ん張る姿はしっかり確認しましたよ。ええ、頑張り屋さんは好きですともw こちらもオークス参戦にはレース間隔が気になりますが、折り合いに懸念が少ないことはわかりました。出てきてくれるなら面白い存在と思っています。


ダノンメジャー、ニシノラッシュは、それぞれ折り合いに配慮しながら、外枠のディスアドバンテージに抵抗するように極力前にポジショニングしようと試みていたように見えています。結果的にダノンメジャーは3コーナー前後で持っていかれる格好になりましたが、勝つための縦のポジションを意識できるジョッキーであることは信頼に足るポイント。内枠で前に馬を置けたらいい勝負になったかもしれません。ニシノラッシュもクロッカスSの切れがどんな適性に落ち着くのか、見極めはまだまだこれからと思っています。


グランシルクはもったいない競馬という印象。パドックではかなりよく見えていましたが、中山の切れ味とスタートに府中1600とのギャップを感じてもいました。あれ以上ポジションを上げられないあたりに、鞍上が前走の記憶を持ち込んだ痕跡を見ています。その割に直線入口からの仕掛け。前にクラリティスカイがいる分じんわり仕掛けながらスペースを狙う判断の余裕がほしかったと思っています。内枠スポイルと見て評価を下げたのですが、鞍上の判断にメリハリがあればあるいは、という認識。どこかで走ってくるでしょうから、それは覚えておかないといけませんね。


あとはフミノムーン。マーガレットSの印象から、あの強みを活かす場面はないだろうと思って評価を下げました。後方外々からの直線一気は人気薄の一発狙いでしたね。おそらくは前走からの距離延長と、外々先行で惜敗したファルコンSを踏まえたものと推察していますが、坂下からの爆発力は目を引きました。洋芝、スプリント寄りなど条件が変わればより活きるかもしれません。アドマイヤムーンらしいといえばいいでしょうか。



最後に。

G1直後に耕一路へ。今年も安定のモカソフトをいただきました。以前の競馬場のイベントでランキング1位になったこともあるのでしょうか、並んでいる列のほとんどがモカソフトを注文。お店の方が「モカソフト以外の注文の方~」と声をかけていたのですが反応ゼロとはw しつこくなく程よい濃厚さは、暑い日には特に似合いますね。府中競馬にお越しの際は是非お試しくださいませ。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/833-c1ab8569