2008.10.09

久しぶりに、…おぉ、もう20年来の付き合いになるのか、
ダート短距離のマッチョメンが好きな悪友と
大井競馬場へ。

パドックの「いつもの」場所で、というだけで
ピンとくるあたりがおバカな歴史を感じさせます。

その「いつもの」場所から、トーシンブリザード、ゴールドアリュール、
マイネルセレクト、アドマイヤドン、アジュディミツオー…
名だたるダートの名馬を観察してきました。ほんまに歴史やねぇ。


おちあうなり、さっそく品評会。
ヴァンクルは1.7倍までは信用ないよ、とか
リミットレスは先を見据えてか仕上げが甘めじゃね、とか
フジノウェーブはパドックの外々回ってるよ、とか
正太郎くんは正直どうなの、とか。

…互いの近況報告くらいしろよw ですね。



予想を固めたのはレース直前。
馬場は不良だったのですが、大井にしては砂が浅めに見える感じ。
返し馬で蹴り上げる砂の量が少ないことから、
早い時計の能力勝負と思い、パドックで酷評したはずのリミットレスへ。

…初志貫徹すべきでした。直線失速。
やっぱり仕上がり途上だったか。
予想の具合も「いつもの」感じでした。あーあ。

勝ったフジノウェーブ、御神本(みかもと)騎手の
インからそつのない立ち回り。
ウマも1200mがあってる感じでした。

しかし、本番のJBCにつながるかというと…。うーん。
園田の1400mには直結しなさそう。
むしろ今日は3着でしたが、ヴァンクルの巻き返しが
ありそうな気がしています。




最後に、さっくり昔話。
第一回のJBCスプリント、そのパドックがすばらしかった。

馬番順に、ゴールドヘッド、フレアリングマズル、
一頭置いて、メジロダーリング、サプライズパワー、ノボジャック、アインアイン。
とにかくデカイ!
ヘビー級のオンパレード。あの「のっしのっし感」はなかなか貴重でした。
すげーケツだよ!先輩きれてます!とはしゃいでおりました。


…最近トップをはるダートスプリンターには
あの頃のマッチョさを感じないんですよね。
カラダの作り方が変わったりしてるのかもしれません。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/84-50f6ee7a