2015.06.23


ノンコノユメでしたねー。

G1が終わってようやく、この春初めて悪友と府中へ繰り出しました。道中、遠慮の少ない近況報告をぶちかましながら、「ヒヤシンスの差し脚はバテないタイプのそれでしょでしょー慎重に外回して泥被らないようにしてるでしょー戸崎の1倍台でしょードバイ帰りでしょー稍重の速い馬場でしょー、…ゴールデンバローズ怪しくね?」という見解をゆるゆるとまとめておりました。いや、アホっぽいんですけどw アホですけどw そしてこのノリは昨年と同様なので自分でも驚いているのですけどw

詳しくはこちら。昨年も同騎手の1番人気でございましたね。
more than a DECADE ユニコーンS

結局、現地のパドックでそれ以外にキラッと光る馬が見当たらなかったこともあり、ゴールデンバローズを軸に取るという思考停止感。いけませんね、まず疑ってかからなければいけないのにね。これがちょっと時計のかかる良馬場なり、大井の2000mだったらまだためらいが少なかったように思っていますが。まだまだ精進が足りませんな。


レースラップです。
12.4-10.8-11.3-12.3-12.1-12.1-12.1-12.8

逃げると思われていたアキトクレッセントが出遅れ。これはペースが落ち着くか?と思ったらブチコが積極的にハナへ行きました。内のピンストライプ、外のノボバカラと雁行体勢であったことがペースを緩めなかった要因でしょうか。

ブチコはそのままなだれ込むような5着。乗り替わった石橋脩の好判断だったと思っています。馬もよく粘りました。ただ、次にどこを使うでしょうね。適鞍と番組の兼ね合いがちょっと難しくなり始めているような気もしています。

しかしまぁ、直線向いての坂下でノボバカラの唸っていることw フォームからして馬なりで自分からスパートしていましたね。そのまま粘りこんで2着ですから、馬場の軽さが失速幅の緩やかさを担保したように見て取っています。そうなんですよね、昨年コーリンベリーが頑張ったことを考えると納得なんですよね。いいスプリンターになってほしいです、ノボバカラ。

うーん、鞍上北村に焦点を移すと、もう少し馬の力を蓄えながら直線半ばまで運べないものかと、ちょっと思ってしまいました。それだけすんごいパワーなのかもしれませんが。古い話ですが、タイキシャトルを抱え込む岡部はもう少し唸らせながらホールドできていたように覚えているんですけどね。…例えた馬がまずかったかしら。


ゴールデンバローズの敗因は様々考えられますが、鞍上が向こう正面で横のポジションを決めかねてしまったことが大きいように思っています。確かに前に入ったマイネルオフィールも若干ふらふらはしているのですが、ひとつ外にだせる隊列を求めるならもう少し泰然自若として外からの被せに応じられなかったか、と。

向こう正面中ほどでかかり気味になったことで、苦し紛れ(だと見えています)に内に進路をとると、マイネルも内に寄って進路を塞がれる格好。そこから切り返してようやく外に馬のいないポジションを確保、したと思ったらもう3コーナーですからね。結果的に3コーナーまでの手綱の出し入れが多くなってしまいました。勝負どころで12.1が続く締まったレースラップ。追いかけるには過酷な流れだったかもしれません。どちらかというと、4着という着順の印象のわるさよりもよく粘ったという点に重きを置いておこうと思っています。


勝った馬の話をしましょうか。ノンコノユメ。パドックでは戦歴のままの軽い馬場向きかなーという印象がありましたが、軽い馬場なら先行馬の粘りこみも効きますからね。相対的に展開面でスポイルされると考え、軽視してしまいました。前走青竜Sでは脚をきっちり使いきっている印象があり、そこから大きく成長しているとも思いにくく。でも、末脚磨かれていましたね。恐れ入りました。

ひとつ思っているのは、ジャパンダートダービーにはつながりにくい結果ということ。カゼノコのような展開も考えられますが、先行勢が緩ペースを作りそうな場合やパワーを要する馬場だった場合は結構狙いづらいかな。2000mに延びる分は大丈夫と思っています。ただいまいまのところはクロスクリーガーVSホワイトフーガ、かなぁ。天気も含めてまだまだ決めませんよw



最後に。

昨年の記事を読むと、直線で進路が確保できなかった鞍上の所作について厳しい意見を展開していますが、今年はその反省に立ったような早めに外への進路を探す戦略。こうして過去の記事を引っ張り出してくると、いまとの相関があるような文脈も見えて面白いと感じているところです。

だいぶめんどくさい文体ではございますが、過去記事など見てもらうのもその当時の雰囲気が垣間見えて面白いかもしれませんね。このブログのナビゲーション、月単位のカレンダー形式にしたのは、競馬ファンの方なら多少時系列であのときのレースを記憶しているだろうという読みがあったため。自分向けでもあるんですけどね。

…意外と1年前の同じレースと同じことを反省していたりするので、事前にちゃんと見返しておいたほうがよいみたいですw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/843-0a336653