2015.06.28


ゴールドシップがゲートを出ませんでした。

ラブリーデイが勝ったのは了解しているんですが、やっぱりあの出遅れはインパクト大きいですねー。WINSで観戦していましたが、フロア全体が何ともいえないどよめきに包まれておりました。

ひとつ隣のトーホウジャッカルに刺激されたか、ゲートが開く直前に大きく立ち上がってしまいました。ゲートが開いたのは一度着地してもう一度立ち上がる瞬間。WINSのリプレイで改めて確認してみましたが、何ともいえないタイミングでしたね。一瞬駐立が成立したようにも見えますし、あれ以上慎重に待ったとしてもゴールドシップのブオオ感は増すばかりだったかもしれませんし。何より駐立がままならないこと自体が問題ですしね。

スターターを揶揄するコメントも散見されていますが、今回は許容範囲ではないかなと思っています。レース売上の60%ちょっとがゴールドシップ関連ですから、ヒステリックな反応もまたやむを得ないとも思いますけどね。

ゴールドシップの所作に仰け反り気味でひいていたのがひとつ外のラブリーデイ。一番影響のありそうな場所にいた馬が実にそつのない先行策でG1タイトルを手中に収めました。ゲートのなかではかなり露骨にひいてたのにね。大外枠であるが故のポジショニングの自由度も奏効したようです。


レースラップです。
12.2-11.6-12.2-13.4-13.1-12.7-12.5-11.7-11.0-11.6-12.4

レッドデイヴィスの逃げ。G1初騎乗の松若、おそらくはゴールドシップの出遅れを了解していたでしょう、非常に抑制の効いたラップを踏みました。ラブリーデイが着かず離れずの2番手。松若、川田ともにこの緩ペースがゴールドシップをスポイルするのに適切であるとわかっていたのではないでしょうか。残り600mからの11.0、ゴールドシップにはおよそ不似合いなラップ。松若のこの加速がゴールドシップ勝利の可能性を完全に摘み取ったと思っています。

週中は雨が相当心配されていましたが、実際に土日は降雨少なめ。馬場状態の発表は良まで回復しました。表面の緩さの程度がポイントと思っていましたが、直線の速いピッチをみる限り、ラブリーデイには十分許容範囲だったようです。

阪神大賞典で距離と馬場を懸念され、鳴尾記念でスピードを披露した戦歴からして、今回評価を上げきるところまではいきませんでした。川田の好判断も大きかったでしょう。もろもろきれいに噛み合ってのG1勝利と思っています。


4コーナーまで内目でじっとしていたデニムアンドルビーがきれいに外に出して猛追。リズムはマーメイドSのシャトーブランシュと似ていたでしょうか。浜中のたたみかけるリズムは迫力ありましたねー。緩ペースからの末脚勝負だと持ち味が活きる、という
イメージを再確認した次第です。もう少しでしたね、惜しかった。


終始内にこだわったショウナンパンドラが3着。直線向いて、トーセンスターダムの進路の逆を取るまで池添は冷静でしたね。人気がなかったことで思い切った騎乗ができたのでしょうが、そういえば秋華賞もリスクを負ってインにこだわった結果でしたものね。池添の度胸はしっかり評価すべきでしょう。


…なにか、こう、馬券にからんだ3頭について、エモーショナルな瞬間があまりなかったのはゴールドシップ本命だったせいでしょうね。パフォーマンスにケチをつけるというよりは個人的な心象の話ですのでね、はい。道中スローなのがオンタイムで把握できていたこともあるでしょう。上位勢の力量、今日のレースレベルは、秋のG1戦線で順次問われていくことになるでしょうね。


頑張ったのは菊花賞以来のトーホウジャッカルでしょう。追い切り映像を観た限りではひとつも買う必要がないだろうと思っていましたが、パドック、返し馬と確認して、逆にこれを無視してはいけないと評価を改めました。ジョッキーの誘導にも消極的なところはなく。直線向いてからの反応は強さの証と映りました。順調に秋を迎えてほしいなぁ。楽しみな馬が戻ってまいりました。


あとは気づいたところを。

トーセンスターダムは積極策。おそらくはこちらの鞍上もゴールドシップの出遅れをすばやく察知していたでしょう。勝ち馬とそう変わらないポジションを取っているあたり、さすがですね。

ディアデラマドレ、ヌーヴォレコルト、ラキシスはそれぞれの位置から伸びあぐねていました。上がり3ハロンのうち最速が600-400m区間に計時されていることは、後続勢も末脚の持続力を求められたということ。先に記載した2頭はけっこう頑張っていたと思っていますけどね。それぞれの鞍上も勝負に行っていましたし。どの馬も緩い馬場が得意ではないでしょうから。それぞれの善戦があったと、きれいにまとめておきますねw



最後に。

ゴールドシップの癖について、週中にある記事を確認していました。
【あなたの知らないゴールドシップ】(2)わずか10メートルの距離が円滑に調教を進める秘策 : 競馬 : スポーツ報知

この記事の中で気になったのは「(調教の後に)ほどよく前に馬がいて、後ろにいないのがベスト。本当は周りにいない方がいいが、1頭じゃ歩かない。10メートルぐらい前で離れているのが理想です。」という助手の方のコメント。あくまで移動やクールダウンの際の話のようなのですが、道中リラックスした追走を求める場面にもイメージがつながってしまってまして。陣営の苦肉の策がゴールドシップのストレス耐性、レースでの対応の幅を狭めている可能性を感じた次第です。じゃあどうすれば、って話なんですけどね。

レース中の(=馬群から受ける)ストレス回避策として自ら出遅れるようになっているなら。現役の残り時間を考えると、もうゴールドシップの好スタートを見ることはないのかもしれません。なにより秋のG1戦線、適性のある条件でかつ目標となりうるレースとなると…有馬記念のみ?適鞍をどこに求めるかが難しいシーズンになる予感がしています。



さぁて、これで夏競馬が本格化。今年は職場の皆さまと変則ルールでのPOGを実施予定ですので、2歳戦の見え方もちょっと違うかもしれません。いや、POGの発想自体をあまり得意にしてきてはいないんですけどね。違う空気をいれるのも面白いかもしれません。とりあえずポルトフォイユとレッドヴェルサスの末脚は覚えておきたいと思っています。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/845-cc50a177