2015.07.28


スマートオリオン、買いたかったですね。

いまいま箱根湯本におります。改札そばにカフェがありまして、程よい香りのアイスコーヒーとパンオショコラをパクついているところ。ようやく半休を取りまして、思いつきで箱根の日帰り温泉まで脚を、もといw足を延ばしてみました。新宿駅に着いた時は事故でロマンスカーが止まっていたのですが、在来線を乗り継いだあたり、半分意地になっていたのでしょうね。

場所は箱根湯本の駅から程ないところ。宿泊施設の温泉を日帰り客にも開放しているせいもあるでしょうか、夕方はひとが少なめなんですよね(個人の感想です)。気持ちのバランスをとるなり熟考するなり、オフラインといいますかLeave me aloneといいますか、たまに対話を離れる時間と空間が必要なようでして、そのために利用する場所にもなっているようです。ストレス解消のために男性は黙るらしいですしね。男子力?


この土日も仕事で出ずっぱりだったため、中京や函館の馬場とオンタイムで向かいあうことはできず。雨にも祟られる時期ですし、まして最終週、ひとレースごとにコンディションがうねっているだろうと、早々に予想も馬券も諦めておりました。ただ多少乾いてパワーがいるならグラスワンダーいいんんじゃないすか?くらいのことは思っていましたよ。ねー。残念でした。さぁ、回顧回顧。

レースラップはこちら。
12.5-11.2-11.0-11.7-11.8-11.4-11.6-12.2

カレンブラックヒルが1番人気とは驚きました。番手で競馬するイメージが大勢だったのでしょうか。メイケイペガスターがかかって突っかける分、マイペースで運べないリスクは相応に見積もっただろうなとは個人的な回顧ですが。内枠ですから出すしかないですしね。マイペースで運べないかもしれないカレンブラックヒル。ほら、怪しい響きじゃないですかw

意識してだしていったスマートオリオン。おそらくは前が止まらない馬場コンディションを踏まえたアクションと思われます。速いペースを追走してなお、一瞬で加速できるパワーを兼備しているか。そしてそれを引き出せるか。ミルコはうまく引き出したんでしょうね。最初に映像を確認した際の、4コーナーのポジショニングにはおぉと感嘆してしまった次第です。前走が1400できれいに嵌っていましたが、今回も近いリズムで運んでいたんでしょうね。

ラスト100でアルマディヴァンに詰め寄られたあたりに、1600より1400の息遣い、回りは逆ですがパワーが要って坂がある中山との相関性、荒れたとしてもエクイターフの反発力を味方につけられたアドバンテージ、このあたりの特徴を見ているところです。淀のマイルで横綱競馬を披露できるタイプとは異なるんでしょうね。


2着のアルマディヴァンはスマートオリオンが開けた進路をなぞってのゴール前強襲。人気薄の思い切った騎乗といえばそうですが、馬場も回りも向いているんでしょうね。リピーターとして認識しておいたほうがよいかもしれません。ちょっとだけ、新潟マイルも嵌るかもというイメージも湧いております。


気になった馬が何頭か。

エールブリーズはだいぶ苦しい位置からスパート。外を回りながら早めの仕掛けと、勝ち馬と比べるとより苦しさが見えてきます。鞍上川田は躊躇をしていない、というより3コーナーあたりで腹をくくったように映りました。厳しい流れになってしまったなりに迷い少なく甘んじて受け止めるリードなら信頼に足るでしょう。よく4着までもってきました。


カオスモスは直線内に切れ込んでの5着。ラストは息があがった格好でした。坂路で49秒というかっとんだ追い切りを消化していたのですが、ひと息で走りきるにはマイルは長いですよね。展開と折り合いひとつと思っていましたが、こちらも異なる観点で鞍上のリードの賜物でしょうか。

…追い切りの指示がすごかったんですよね。併走馬(ネロ)が50秒で行くからそれを追いかけてくれ、みたいな。ラストは左へのもたれを調整しながらでしたが、すごい時計ですね。あー、むしろネロを褒めるべきでしょうかねw


アルバタックスは鞍上お得意の切れ味勝負。存分に引き出せたんではないでしょうか。嵌ればオープンでも十分、とは思いましたが、この「嵌れば」の取り扱いが予想の折には難しくなりそうなイメージ。継続騎乗でもう1、2戦見てみたいと思っています。



函館2歳Sもちょっとだけ。

終わってみればブランボヌールの強さが目立つばかりでしたが、函館の捲りどころを十二分に心得た鞍上のリードもまた、強力な後押しになっていたと思っています。前半突っ込んだラップになったことをしっかり利用できているのは岩田のファインプレーでしょう。相手関係が強化されつつ、距離が伸びるなら、次走が試金石という認識です。

しかしディープインパクトはあっさりと10場重賞制覇を達成してしまいましたねー。あとはG1級のスプリンターがでれば完璧、でしょうか。ミッキーアイル?いやーどうすかねw



ロマンスカーに場所を移しながら、最後に。

進撃の北村宏司。…大事なことなのでもう一度w 進撃の北村宏司ですよ。ついに船山さんからも飛び出してしまいました。

JRAのレース映像ではちょうどそのセリフの直前で切れてしまうんですよね。なんてことでしょう。ググッた結果、どこかのまとめ記事からYouTubeで確認することができました。なんかこう、かみしめるほど味がでる響きでございますw

固め打ちの難しさと、冴え渡る騎乗と、逆転の福島リーディングと、北村宏司という佇まいと、進撃の巨人w タイアップ戦略じゃないお遊びだから余計に面白がれる距離があるように思っていますです、はい。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/849-061fdd1e