2015.09.07


パッションダンスかぁ。なによりマイネルミラノの競馬でもありましたね。

JRAの発表ベースでは、7Rで小雨から雨へ、芝コースは10Rから稍重へ。含水量の測定方法から考えると、短時間での天候と馬場表面の変化のスピードは発表のそれより早かったものと推測されます。あ、先の測定方法についてはコジトモさんの著書「馬場のすべて教えます」の第3章、135ページからをご覧くださいw 宣伝かいなw

フジの中継から見始めていましたので、天候の変化を確認した時点で予想も金額も力を抜こうと決めていました。メイン発走まで残り時間からして、馬場を読んだうえでの展開予想まで辿り着けないですものね。えぇえぇ、傷口は浅くて済みましたよw こういうときの悪いほうの予感は当たりますねぇw

レースラップです。
13.2-11.0-11.3-11.3-12.0-12.3-12.0-11.6-10.5-13.0

マイネルミラノのスタート。柴田大知の静かな滑り出し方は秀逸だったと思っています。巴賞の勝ち方、少し速めのイーブンラップをギリギリまで継続し続けていました。この息の長さがストロングポイントでしょうから、極端な加速を求めない姿勢は特徴を引き出す理にかなったものと思われます。ゴール前までの粘りこみを生む大きな要因であったでしょうね。

ですので、ちょっと逸れますが、ラスト400からの10.5はさすがに速すぎるのではと感じています。Mahmoudさんのような検証方法があれば精度の高い反証もできるのでしょうが、ここでは違和感だけ提示しておきましょうか。


勝ったパッションダンスはこれを直後で追走、直線の進路も含めデムーロの戦略がぴったり嵌った印象です。逃げバテてきたアーデントに右鞭で併せ、今度はマイネルミラノに照準を合わせながら左鞭で馬場のよい外へ展開、最後は再びの右鞭でマイネルミラノを外側から飲み込んでいきました。いやー見栄えがしましたねー。

次走は天皇賞とのこと。予定されている豪華メンバーからすると見劣りする印象は否めませんが、似たような馬場になったら、あるいは面白い存在になるかもしれません。でもなー、アドマイヤキッスの下、という響きからは息長く府中を粘りこむイメージはちょっと湧いてこないような。。。

予想はメドウラークから。差し馬のなかでパワーと充実度を認めての本命視でしたが、パッションダンス以降の有力馬がことごとく差し損ね。このあたりに、マイネルミラノが作り出したペースにスポイルされたのだろうと見ています。調子が維持できるなら秋の府中で巻き返せるのではないでしょうか。富士Sかな。

3歳馬2騎、ミュゼスルタン、アヴニールマルシェはともに大きく着順を下げてしまいました。秋を見据えた仕上げ、距離適性、あるいは追走のペース。敗因は様々に考えられますが、この惨敗が今後にどう影響するのか。どちらも適性が限られるタイプになっていくような予感もございます。



最後に。

日曜メインを待たずに、藤田伸二引退の一報。なかなかリアルタイムの競馬に集中しにくい流れがありました。どうしても情報取りたいと思ってしまいますものね。本人の直筆メッセージを確認してからこちら、なにかしらまとめておこうと思って過去のレースやコメントなどを振り返っております。週中には別途記事にするつもりですので、しばしお待ちいただければと。…待ってる方がいるのかわかりませんけれども。

一点だけ。引退のニュース記事に一番多く使われている写真が96年のダービーなんですよね。引退報道に驚きつつも、久しぶりにフサイチコンコルドの写真が大きく出回っていて、そちらはちょっと誇らしかったりしております。

…そうですね、本人が以前から仄めかしていましたし、残念には思っているのですが引退自体そこまでショックではないんでしょうね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/856-f9be2406