2015.09.18


アクティブミノルの逃げ切りでした。

いやー、先週末からこちら、とても書き物をできる勤務状況ではありませんでした。土日の競馬はもちろん、後味微妙な愛チャンピオンSも、ロンシャンの凱旋門賞前哨戦も(特にトレヴね!)、ワイズダン引退も、ショウナンアデラの捻挫も(残念。。。)、チェックはしているんですけれども、いろいろ思い巡らす余裕がないのはなんとも、ね。ようやくの先週末の回顧。いまいまも軽く睡眠時間を削ってはいますのでw さくっと書いておこうと思います。

公式ラップはこちら。
11.9-10.8-11.3-11.1-10.9-11.8

ハクサンムーンの内からハナを叩いて、そのままマイペースで直線まで。ハクサンムーンが気持ち早めに控える判断したように見えていまして、道中のリズムをよく整えられたことがラストの粘りを生んだと思っています。

54kg、人気薄などもろもろの要因は上手く重なったのでしょうが、馬場状態は違うとしてもハクサンムーンがロードカナロアを凌いだ2年前とラスト2ハロンのラップは同じ。このレースについてはアクティブミノルの強さが存分に発揮された、という評価が妥当でしょうね。

ウリウリは二の脚がつかずの最後方。そこからが岩田でしたね。道中内ラチまで寄せてから直線に向いてなお一呼吸待つ落ち着き。外に回さず、メイショウイザヨイが外によれるのを待ってその間を突いてきました。二の脚がついていれば、というタラレバはなんとも言い難く。うまくでてしまったら内ラチまでは辿り着けなかった可能性がありますからね。ラストの差し込みを見ると、やっぱりG1でも面白い存在になるでしょう。今回より買いやすさがでてきたように思っています。

気づいたのは岩田のフォーム。トントンの質が変わってきたように見て取っています。腰を落とすたびに重心が後ろへ、膝を立てるたびに力が上方に逃げている、というイメージが続いていたのですが、その上下動が少なくなり、前後左右に体がブレなくなっているようでした。またゴール前に向けて、右で握った手綱を丹田(へそ)にグッとひきつけて、重心を前にずらしながら首の推進に自身の体重を乗せるような追い込み。おおおおぉ、と唸りながら録画を何度も巻き戻しておりました。円熟期?といっていいような。ディープブリランテのダービーと比較するとね。さすがにそれは意地悪かw すごいですよ。

惜しかったのはマヤノリュウジン。横山が中団追走を決めて(これができるとは)、あとはどれだけ伸びるかという直線に向いたところで進路を阻まれてしまいました。メイショウイザヨイの外ヨレがストレイトガール、マヤノリュウジンと玉突く不運。それがなければ、とは思いませんが、スピードにのったらどうなっていたでしょうね。北九州記念では1戦早く買ってしまいましたが、この次までは楽しめそうな出来と見ています。体調を維持して、G1で見たいですね。

ストレイトガールは上手く流れにのっての差し損ね。あの流れなら差してほしかったですが、ひと叩きとしては及第点でしょうか。伸びの物足りなさに、マイル寄りにシフトした心身の特徴を見て取る必要があるように思っています。

バーバラは先行馬の直後のエアポケットでストレスの少ない追走。あの位置をすっと取った鞍上の好プレーと見ています。逆に言えば相当うまく運んでの3着ですので、これ以上を望みにくいとは思っています。直線に向いてきれいに前も開きましたしね。



京成杯オータムハンデにも触れておきましょう。

まぁ、アルビアーノが負けちゃった時点であまり語るところはないのですけどねw すみませんねー好みなものでw

もとい、フラアンジェリコというより田辺の思い切りのよさが勝利を引き寄せました。腹を括っていたでしょうね。こちらも開幕週の馬場、53kgの軽ハンデが奏効したのでしょう。道中の抑制の効いたラップがかえって待機勢の末脚を際立たせたと理解をしています。

その馬場コンディション、コジトモさんによると(netkeibaの亀谷さんとの対談ですね)中山の馬場がけっこうてこ入れされていたようで。去年の夏とのことでしたが、排水をスムーズにする暗渠管が設置され、また粒の揃った砕石層が路盤にはいったことで、かなり水はけがよくなっているようです。確かにどうしようもないグチャグチャなコンディションは見ていないような。

またエアレーションを施したエクイターフ。開催週は適度なクッションをもち、踏み固めていく開催後半は開けた穴が埋まっていくことでかえって締まった、時計のでやすいコンディションになるとのこと。今回は開幕週ですものね。適度なクッションは逃げ粘りを許しにくいバイアスを担保しているようです。

しかし嵌りましたね。1~5着まですべて写真判定の同タイム。自信を持って切ったヤングマンパワー、ショウナンアチーヴも勝負になりましたので、…まぁまともに予想する時間は皆無だったのですが、こちらのイメージした馬場状態とはちょっと違っていた様子です。惜しかったんですよね、5頭BOXでフラアンジェリコがはいっていて、ラスト1頭をエキストラエンドからシャイニープリンスに変えてしまう余計な判断。大胆に攻めたつもりだったんですけどねー。


アルビアーノは好位追走。あのラップから直線先頭ですから、押し切ってほしかったなー。前半力み気味に見えましたので、その分坂が堪えたかな。走破タイム、上がりからして、ここから秋華賞に向かうなら面白いかもしれません。前で運ぶならペースも握れますしね。


エキストラエンドは4コーナーの手応えからすると大善戦の2着。ただし3コーナー過ぎから内のスマートオリオンとずっとやりあう流れ。けっこうな回数接触しながら、直線の坂でかなり荒っぽくスマートの進路を斜めにカットしていました。取りたい進路がずっと重なっていたようなのですが、あれしかなかったかな、という後味の微妙さは残っています。


グランシルクの4コーナーは、セントウルSのバーバラのような勝てるポジショニング。あの位置から差し切れないのは瞬間的な加速を担保するパワー不足なのかなーと思っています。なにやら、マイルが最適かというとちょっと違うような気がしていまして。あー、距離というよりコースレイアウトで嵌るところがどこか、というアプローチの方がよいのか。…良馬場の札幌記念?とりあえず淀のマイルとは少し違う印象をもっています。



最後に。

オルフェーヴル、殿堂入り。いやーまぁ、そりゃそうですよね。95%を超えた得票率も納得。種牡馬としての活躍を待たずの選出も納得でございます。歴史の証人ですのでね、今後も長く語ってまいりましょう。心配なのはメモリアルホールのスペースくらいかなw

ちょっと気になったのはそれ以外の馬の票がまとまらなかったこと。ひとり2→4票に増えてなおあれだけバラついてしまうと、今後はどうなってしまうでしょうね。変にハードルの高いデファクトができあがってしまうのも、あまり歓迎しにくいかな。そうか、来年の投票はオルフェーヴルがいない分、ちょっと楽観しててもいいのかなw

個人的には「世界の」ロードカナロアがしっかり選出されてほしいと思っています。トータルの戦歴もそうですし、ラストランの香港スプリント連覇は圧巻でしたからね。短距離馬の選出にバイアスがかからないでほしいという願いも込めて。来年はよろしくお願いします。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/858-c5ac3737