2015.09.28


ショウナンパンドラの末脚、鮮やかでした。

コース替わりの内枠を引いた時点で期待値が上がっていましたが、返し馬でグッときましたね。その直前までヌーヴォレコルトを上位に取ろうと思っていたのですが、これで決心しました。

それまでの諸条件の見極めも後押ししてますね。9Rのプロディガルサンの4コーナー、少頭数ながらそこそこ外を回っていました。今日の阪神とは違い、イン突きでなくとも差し脚は効く馬場という見立ては得られていました。一方でマイネルミラノがペースを握るとして、前走新潟記念はかなり上手く溜めの効いたケースと見ていましたので、それよりはパフォーマンスは落ちるだろうと予測。

内々で溜められて好位付けできる馬にアドバンテージがあると見つつ、中団から4コーナーで外に回す馬にもチャンスがあることも考慮に入れました。…実はヌーヴォとパンドラのポジショニング、道中の前後関係、直線の内外のイメージはそれぞれ反対だったんですけどねw

あとは鞍上池添に内枠でうまく立ち回れるイメージがあったことも加わりましたね。何ででしょう、オルフェーヴルだけではないと思っていますよ。3、4コーナーでの十分すぎる落ち着きは3冠ジョッキーの胆力と受け取っております。お見事でした。

公式レースラップです。
12.5-10.9-12.4-12.4-12.6-12.6-11.9-11.7-11.4-11.7-11.8

残り1000あたりからペースアップを目論む野心的なラップとも見えます。ただし馬群がグッと縮まってくる箇所ですので、マイネルミラノにしてみれば結構なプレッシャーを受けたのかもしれません。リアルタイムの映像ではむしろペースが少し落ちたのかと錯覚していました。これを見て取れないわけですから、まだまだ修行が足りませんね。


ヌーヴォレコルトは終始インベタ。すてきなスタートダッシュだったのですが、鞍上のコメント通り、一つ前のロゴタイプの折り合いにお付き合いするガタガタした道中になってしまいました。スタートがよかったことと岩田、この条件の重なりが詰まり気味の追走を招いたと思っています。

しかしそれでもなお、すべての馬を振り切ったわけですからたいしたもの。ただしその振り切った瞬間に外差しに屈してしまいました。カラダが仕上がりすぎていたようにも見えていますが、次走に向けても、悲観する内容ではなかったと思っていますよ。しかし無理やりでもインを突きますねぇw


ロゴタイプは直線入口まで最内を閉めながらの追走。後ろにいるであろうヌーヴォ対策としては十分な戦略だったと思っています。結果になかなかつながりませんが、一頃に比べれば十分調子も戻ってきているでしょう。次走は富士Sとも。距離を短くすることは一長一短と思われますが、引き続き無視はできない存在になるのでしょうね。


ミトラ、マリアライトは切れ負け、サトノノブレスは外枠スポイル。比較的明快な敗因があると見ています。それぞれ調子は悪くない認識ですので、次走以降、適性のある条件で走れるかどうかで取捨を見極めるのがよいかなと思っています。有力どころでは後方ままのレッドレイヴンがよくわからず。何に敗因を求めてよいのやら、今のところは不明と認識しておきます。



神戸新聞杯もさっくりと。

リアファルがあれだけの着差で逃げ切るとは思いませんでした。ひとつ前の10R、こちらも逃げ切りでしたが、直線に向いてからの隊列がほとんど変わらずゴールまでなだれ込む展開。かなり前残りしやすい、というより外差しが全く効かない馬場という理解はしていたんですけどね。逃げるリアファルが早めのスパートを強いられる展開になるんじゃないか、という読みは外れてしまいました。

公式レースラップです。
12.6-11.1-12.8-12.9-13.0-13.1-12.7-12.4-12.0-11.0-11.4-11.7

ルメールが早くにペースを握ったことで、余力たっぷりな道中の運びになった模様。残り600からの11.0はちょっと速すぎるようにも思うのですが、自分からペースを上げて押し切ったわけですからたいしたもの。トラックバイアスの分大きく割り引いて考えるつもりですが、鮮やかなパフォーマンスでした。

半兄クリソライトのイメージからすると、わかりやすい能力の発揮の仕方だったでしょうか。ダート実績からでしょう、菊花賞からチャンピオンSのローテーションを希望するコメントも(これは半笑いさんですねw)。でも実現したら面白いですね、自分もこのローテに一票です。そうそう、TwitterのTLではクロスクリーガーの名前がちらほら。兵庫CSではワンツーでしたね。過剰でなければ、ファンの側が思い入れるストーリーを紡ぐのはよいことと思っています。


リアルスティールはなかなかにパンプアップした馬体。ただしテンションが落ち着くことがなく、道中もなだめるのに苦心する姿が見て取れました。ラスト200はリアファルと同じ脚色に。完敗といっていい内容だと思っています。

逃げ切りを許したことで鞍上福永の判断がバットなテイストで話題になっていますが、使える脚の短さも含め、この前受けできない性質の馬を、あの極端なトラックバイアスのなかで勝ち切らせるのはなかなか難儀なことではないかと。距離延長となる次走を考えると、極端にだしていくわけにもいかないでしょうしね。折り合いを壊してまで獲りに行くG2か、と予想する側も問うべきで。その結果安定の2着、とはこちらも苦笑いするしかない部分もありますけどね。。。


アルバートドック、タガノエスプレッソ、キロハナあたりは馬場とペースに見事にスポイルされたと見ています。マッサビエルは中山のサトノノブレスのような外枠スポイルですし。レイクヴィラファームにとっては受難といいますか不運といいますか…。これらの馬はさくっと巻き返してくる可能性を忘れずにいようと思っています。


またティルナノーグは前走の押し出されるような逃げが色濃く反映した先行策だったと見ています。結果リアファルに鈴を付けに行く係になってしまったのが、こちらも不運であったでしょう。慌てずに仕切りなおしてほしいと思っています。


さて、これで菊花賞トライアルが終わったわけですが、不在の2冠馬に替わる磐石の本命はでてきませんでしたね。ちょっと繰り返しっぽくなりますが、トライアルで着順を落とした馬が条件ひとつであっさり巻き返してくる可能性を忘れずにしておきたいと思っています。ということは予想が悩ましくなるってことなんですけどね。それもまた醍醐味ということで、えぇ悩ませていただきますともw



最後に。

さくっと宣伝ですw 優駿10月号の表紙、ゴールドシップが超ステキですのでお求めはお近くの書店ないしターフィ通販クラブまでw

今井寿恵のような時にゾクッとするようなそれとは異なり、日常のつぶさな観察からあの瞬間をきれいに切り取った一枚という印象でした。こうした写真がもっと市井にあふれるようなら、競馬へのイメージにもいい影響があるのではないかなーなどと思っています。なお優駿はまだ読んでおらずw 読まずに勧めた格好で申し訳ございませんーw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/860-39337839