2015.10.05


ストレイトガールがスプリント戦も制しました。

ハクサンムーンが3ハロン目で溜める形を取ったことで、後半3ハロンの差し脚比べの様相となりました。こうなるとトモの容積がものをいうといいますか、瞬間的に強く加速できるパワーとピッチが必要になったと思っています。それを3ハロンのどこで使うか、という難しさはジョッキーが抱えなければいけないのですが、やや強引な進路取り、理想の仕掛けどころを鞍上戸崎がつくりだしたとは言いにくいでしょうか。馬の力で勝たせてもらった、というコメントはそのまま受け取るのがよいように思っています。

公式レースラップです。
11.7-10.7-11.7-11.2-11.2-11.6

過去10年遡っても、3ハロン目の11.7は抜けて遅いそれ。2ハロン目の10.7も決して速いほうではありません。二の脚を使ってハクサンムーンが先頭に立ちましたが、競り合いたくない先行勢の思惑が拮抗した結果、ハクサンムーンが行ききるのを待つような展開になりました。そのハクサンムーンがペースを控えるなら、スローペースが生まれるのも納得ではあります。アクティブミノル、ベルカント、そしてミッキーアイル。アクティブミノルはペース面、あとの2頭は折り合い面から、いずれも前半無駄に競り合うのは避けたかったでしょうからね。

3ハロン目の溜めの結果、ミッキーアイルが本格的に引っかかり、アクティブミノルがつられる格好で2、3番手のペースが上がりました。前3頭が重なったあたりで残り600を通過。溜めた分、ここからギアを上げなければいけません。スタートダッシュで脚を使った馬のペースの上げ下げ。ハクサンムーンやアクティブミノルには厳しかったでしょうね。

あーいちおう。Twitterで一部の方が指摘されていた通り、2、3番手の個別ラップにはおかしな点があるようです。この手の話は過剰に声高にせず、ヒステリックなトーンを避けて、事実をひとつひとつ丹念に指摘する、という姿勢が肝要と思っています。地味な働きかけになりますけどね。

…戻ります。ここからペースを上げてコンマ2秒差の4着に踏ん張るのですから、ミッキーアイルのフィジカルは相当なもの。ただやはり前に馬を置きにくい外枠がアダになった模様。そうしている間にピークが過ぎてしまうならもったいないですけどね。

ベルカントには前半に突っ込んだラップを踏んで後半なだれ込むか、平坦コースで末を活かすか、というイメージを持っていましたので、中山が向くかなーというそもそものエクスキューズをもって予想していました。トモ、コンパクトですものね。今回は前走の溜めた競馬がうまく活かせない展開では合ったと思っています。

ひとつ前の10R、勝浦特別は同じ芝1200で1:08.1。スプリンターズSの方がコンマ1秒遅いというのはさすがに予想できませんでした。ただ、エクイターフ+エアレーション+路盤改修で排水性のよい馬場が開催後半でも程よいグリップ感を保っていましたから、先行馬に対して、どこで脚を使いどこでスピードを抜くかという柔軟性を担保することになる、とは思っていました。そのアドバンテージを活かせる人馬や展開であるのか、ということが大きなポイントにはなるのですけど。

今回も先行馬3頭がもっと折り合って4ハロン目で溜めを効かせることができたら、たとえばミッキーアイルが完勝している流れだったかもしれません。あ、ウキヨノカゼが前走のリプレイをしていたかもしれませんね。

ウリウリは鞍上岩田がペースの緩みを感じていたでしょう、早めの仕掛けだったと思っています。外枠の分もあるでしょうね。止まってはいないのですが、坂を上がってウキヨノカゼに交わされるあたり、戦前の一般的な評価、報道よりもペースに左右される面があるのかな、と思い始めています。鞍上のコメントも後方から一発を、というニュアンスでしたしね。

レッドオーヴァルはようやく能力をめいっぱい出し切る競馬。G1の度に馬場に泣かされてきましたからね。ペースを眺められるギリギリ前々な位置取りから、4コーナーを積極的に踏んでいく蛯名は、乗り替わりとしては十分以上の騎乗だったと思っています。登坂しながらなお加速できれば、あるいはスタートで出さなくてもあの位置を取れれば。でも、そこがたらればになるあたりは力負けということなのだと理解しています。

サクラゴスペルはもう横山の運び方を讃えるのみですね。スタートを決めて4コーナーで動かなかったこと。どちらも人馬双方の力が問われるところですが、これをこなしたことが僅差2着の大きな要因であると思っています。休み明けを考えると追い切りの動きはよいなーと判断していた分、馬連の相手に加えることができました。よかよか。


勝ったストレイトガールは前半追っ付けながらの追走。かなり心配になりました。ヴィクトリアマイル、セントウルSと見て来て、レースの運び方がスプリンターからマイラー寄りになってきている印象がありましたので。結果的にその持ち味にマッチしたレースラップに乗れたこと、が勝因のひとつだと理解をしているところです。どんなペースでも勝負どころで強くひと脚が使えることは大きな武器であるでしょう。トモの容積も十分ですし、フジキセキ×タイキシャトルを信じた部分もあります。内枠の立ち回りやすさも活きたと思いますが、できればコパノリチャードをスムーズにパスしてほしかったかな。

このあとは暮れの香港を使って引退とのこと。香港マイルのほうが合う気もしていますが、参戦はやはり楽しみになります。是非無事に。



最後に。

これを書いている間に凱旋門賞が終わりました。Golden Hornの完勝する姿は先ほど「すぽると」で確認。Treveはだいぶ外を回ってしまいましたね。ドゥラメンテのことを書こうと思って夏が終わってしまいましたので、凱旋門賞の結果と合わせて、府中開催の前に書いておこうと思っています。週中に時間確保できるかしら。頑張ります。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/862-52dcca7c