2015.10.08


凱旋門賞はゴールデンホーン Golden Horn の完勝でした。

事前の待機策を切り替えての先行。いったん大きく馬群から離れて、徐々に馬群に被せるように2番手へ。何やら昨年の宝塚記念で見たようなリードでしたねぇw

頂上の3コーナーで外を回らないセオリーもしっかり押さえていますし、逃げ馬の後ろに首を突っ込んだり離れたりしながら前進気勢を削がないアイドリングもさすが。あのがっちりした前受けは日本のジョッキーで見てみたいところですが、ねぇ。2番手で仕掛けどころをコントロールした上での直線の粘り腰ですから、エプソムやサンダウンの走りを思い起こせばフィニッシュまでの力強さは納得するばかり。そりゃフランキーも翌日の騎乗をキャンセルしますよ、おそらくはhangover=二日酔いですけどw

3連覇を狙ったトレヴ Treve は出負け気味に後方から。よりローリスクなポジションを求めたせいでしょうか、3コーナーを待たずに馬群の外へ。結果的にこの外々の分が最後まで詰められませんでした。鞍上ジャルネは馬場に敗因を求めましたが、その馬場状態がフランキーにあの戦略を促したともいえますしね。…トレヴを庇ったとも言えるかな。それでもあれだけ詰めてくるわけですから、力の衰えを感じさせないままの引退となりそうです。お疲れさまでした。

来年はロンシャン改修のためシャンティイでの開催。ジョッキークラブ賞とディアヌ賞、いわゆるフランスのダービーとオークスが開催される、という程度の認識しかもっていませんが、どうやらロンシャンと異なり直線は登坂というロケーションのよう。コース紹介のページは以下、フランスギャロのサイトにありました。アンジュレーション等々はYahoo!翻訳の力を借りたのでざっくり読んだ感じですねw
Chantilly Racecourse


…記事のタイトルのわりにはドゥラメンテが出てきませんねw

いや、ごくありきたりに端的に、今年遠征していたらどうだっただろうなーと思いました。もちろん日本の2冠馬が出走を決めれば英仏の有力陣営は違う戦略を取ってきたでしょうし、異なる展開が待っていたのでしょうけれども。でも、今年の展開なら、そして今年のロンシャンのコンディションなら、ね。Flintshireの直後くらいから前の馬を割って出てくる姿…、はい妄想が過ぎているだけですねw シャンティイが未知数ということもなおさらイメージが膨らんだひとつの要因なのでしょう。


凱旋門賞か、菊花賞か、秋の天皇賞か。今年、日本の2冠馬には秋の目標について3つの選択肢が想定されていました。結果的には夏前の故障のため選択そのものが不要になってしまったわけですが、もし無事に夏を迎えていたら結構な議論になったでしょう。

もちろんローテーションは関係者が決めるものなのですが、ファンの側でも賑々しく言葉は交わされますよね。むしろそこが楽しみでもあるわけで。なにより、ある意味では何に価値をおくのか、語る側の価値が少なくなく問われることがまた面白いわけで。それがスルーされてしまう形になったのはもったいないな、と思いつつ、そのことを書こう書こうと意気込みながら夏を越してしまったわけですねw

少し前に「3冠」の価値が保持されているのは日本とアメリカくらいという対談を目にした覚えがあります。ちゃんと裏を取れって話ですが、サラブレだったかな。英仏愛独とも、3冠の最後、いわゆるセントレジャー(仏はロワイヤルオーク賞ですね)の価値が下がっているのは前々から認識されているところ。主要なG1が2400m→2000mと短くなっていることが要因なのでしょう、先述のフランスダービーも2400m→2100mへ距離短縮していますし、新英国3冠もラムタラを最後にでていませんしね。

世界の潮流だけでは日本の3冠を語れないとは思っています。ただ、ステイヤーが繁殖として国内外のマーケットに評価されにくいことは、競走馬としてどうキャリア形成するか、どうパフォーマンスを見せるかに影響を与えますよね。ドイツの重い血統が重宝されているのも、スピード化した血統トレンドへのカウンター、カンフル剤という前提がともなうわけで。

いまいま菊花賞を目指す理由は、G1としてのステータスがなお残っていることもそうでしょうが、賞金が大きく下がっていないこと、同世代で競う数少ないレースであること、ステイヤーに偏重した特長があまり問われない展開になりやすいこと、あたりが挙げられるでしょう。あー、ディープインパクトの場合は池江師自身の価値観もあったのではと思っています。…オーナーかもしれませんね。


個人的には3冠の価値は存続していってもらいたいと思っています。2冠を獲った馬には、仮にその個体が2400mギリギリだったとしても挑戦を強要するくらいの価値が保持されていてほしいかな。あーでもあんまり強迫的なのはまずいですねw

一番の理由はむやみなハードルの高さ、ですね。もはやこのご時勢、適性の乏しいローテーションへ挑むことの方が困難でしょうから。適性のある中で登り詰めたチャンピオンには異なる適性へチャレンジする価値を残しておきたいと考えるようになりました。

逆、もあるでしょうか。もし3冠の価値、菊花賞の価値が有効に機能しなくなるとしたら。場合によるとステイヤーの価値がレース体系からして大きく軽視しまうかもしれません。レースの多様性が予想の面白さを担保しているとも認識していますので、楽しみ方が減るという方向に舵が切られてしまうことになるのでは、と思うところでもあります。



じゃあ「ドゥラメンテ」はどこに向かってほしかったか。やっぱり?自分は菊花賞なんですよね。来年ロンシャンでないことには目をつぶって、凱旋門賞ではなく淀の3000mへチャレンジしてほしかったと思っています。

ドゥラメンテ故障前に発売されている優駿7月号は日本ダービーの回顧に誌面を割いています。堀師はそのインタビューの中で、秋の進路については名言を避けつつ、「完成させたい」とコメントしていました。個人的にも感じていましたが、ダービー時点でもなお未完成の馬体。仮に夏場を休養に充てずフランス遠征への準備に費やした場合、あの馬の「完成」をみることができたのか。…まぁ多分に未知数なのではありますが。

エアグルーヴの血統は春のクラシックには未完成なまま臨むことが多い認識があります。比較的うまくいったのはルーラーシップくらいでしょうか。あのプリンシパルSをうまくいったと表現していいのかはなんともですけどw 堀師はそのあたりも含んで発言している、と勝手に言外に読み取っているところです。結果がともなってなお慎重な姿勢であることでしょう。

長距離戦への価値観も加わりますのでなかなか一概にいかない議論なのですが、レースの多様性に軸足を取りたいことと、ドゥラメンテの個体への期待を合わせて、個人的には菊花賞という結論をもっています。別の成長曲線をもった馬なら、きっとまた別の悩み方をしたでしょうね。



最後に。

この手の議論はどこかで決することがないと思っています。大前提ですね。だからこそいちファンとしては「お遊び」の部分も感じながらつらつら書いた次第です。なんと申しますか、その時の当事者が都度の現実に直面した結果得られた選択が次の価値を醸成する、のであれば健全なのではないかと考えています。

たとえばナリタブライアンのスプリント挑戦、いまでは取られないローテーションですが、ブライアンでもダメだったという事実がひとつ積みあがったことが、より適性を重視する価値を確信させる要因になったともいえるわけで。まぁ96年当時でも無謀だという意見が優勢だったと記憶していますけどね。

ディープインパクトとオルフェーヴルは3冠成った翌年に凱旋門賞へ挑戦しました。ドゥラメンテはこの議論を回避する格好になりましたが、相変わらず我々がどんな価値に重きを置くかは問われ続けていると思っています。決裁することがなくとも、ファンも当事者ですからね。ずぅーっと考え続けていくことになるのでしょう。

個人的には、凱旋門賞へのコンプレックスからも3冠へのドメスティックな拘りからも程よい距離で。面白がりながら取り組めるとステキだなと思っています。

はい、以上で身勝手で面倒な議論、打ち止めといたしますねw


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/863-0cc45c02