2015.11.30


ショウナンパンドラが差し切りました。

「競馬の神様に試される」再びの15番枠。ただ、2000と2400ではスタートからのレイアウトが異なりますし、何より出走馬が異なります。ましてかなりのバイアスが生じていた内有利の馬場コンディションですからね。戦前の自分のイメージからは、天皇賞ほどのディスアドバンテージは感じていませんでした。

スタートから1コーナーまでの攻防。内側のコースを譲らず内枠の馬は先行気味。外のイトウ、カレンミロティック、アドマイヤデウスは被せるように先行策。結果として生じるその直後の空間に、ミッキークイーンとショウナンパンドラが収まっていく形。戦前のイメージとは大きくは乖離していませんでした。いやーそれでも、1コーナーまでの攻防はなかなか語りつくせない認識でございますね。

4コーナー。ショウナンパンドラは外からミッキークイーンに蓋をされた状態で直線へ進入。池添は慌てていなかったでしょう、前にラブリーがはいってもサウンズがはいっても同じリズムで追い続けていました。限られてしまったコースの中でパンドラのリズムを損ねない所作はさすがの落ち着きだったと思っています。ラスト1ハロンでラブリーデイを捉える底力は、パドックで確認した充実感からすると納得…というのは果てしなく個人の感想ですけどね。オールカマーで本命視した見立てからの連続性がございますよ。強かったなー。


公式レースラップです。
12.7-10.8-11.7-12.1-12.0-12.3-12.6-12.7-12.5-11.8-11.5-12.0

内有利のバイアスが象徴的に表れていたのは10R、ウェルカムステークスのネオリアリズム。というよりライアン・ムーアのインへの拘りが露骨に見えたレースでした。大外枠のスタートから二の脚をつけずに馬の顔を左に向けて内ラチまで。スタートダッシュがつかないことで生じるビハインドよりインコース。結果的に終始インで1着ですからね。おそらくですが内々で前が詰まるリスクよりインを捌くメリットが大きいと判断していたのでしょう。やはり怖いジョッキーです。

他のジョッキーもそれを理解していたでしょうか。少なくともアドマイヤデウスの積極策はメリットを享受するためのものでしょうね。カレンの通った道をなぞるように1コーナーへ向かっていきました。イトウとの接触は余計なそれと映りましたが、策としては納得できるそれでした。ワンアンドオンリーの好位付けも同じ納得感がありますね。好スタートでしたしね。


本命はミッキークイーンでした。陣営の懸念であったゲート、これが11番枠と相まって予想する際の大きなポイントになっていました。ごく個人的に、本命視したい自分がいましてですね。勝負に足るポジションが取りにくいマイナス要因との葛藤がギリギリまで続きました。最後は先の通り、前がかる他馬のポジション争いを想定して、インにねじ込みインに拘る可能性に賭ける、かなりの博打っぷりでの本命視でした。

現場では4コーナー出口の外へ展開する様子は確認できたのですが、浜中、インを捨てたのは向こう正面半ばだったんですね。4コーナーでアクセルを踏むための予備動作。ここが勝敗のポイントになったように思っています。空けたインに押し上げてきたのは、ひとつ後ろに控えていたラストインパクトとライアン・ムーア。。。 そして3コーナー入口ではイトウとナイトフラワー挟まれての接触。。。 進路をクリアな状態で(前に馬のいない状態で)直線を迎えたかったのかな。浜中の勝負への積極的な気概も敗因であるかもしれませんね。

ただ、ついにサウンズオブアースを交わせなかったあたりは展開や馬場うんぬんではなく、力不足と評したほうがよいと思っています。本当はショウナンパンドラよろしく、もうひとつ充実した状態で出てきてほしかったんですよね。マイナス6キロが示すとおり何とか平行線というフィジカルだったと認識しています。…レース間隔という意味では、エリ女は初めから可能性薄かったでしょうね。香港ヴァーズ、は輸送があるか。。。

個人的に。秋華賞では信じ切れなかった分、わずかでも具体的な可能性が見いだせるならそこに賭けたかったんですよね。枠ではラブリーデイ、鞍上とペースではラストインパクト、出来ではショウナンパンドラ、ポジショニングではサウンズオブアースと、…今から考えると結構アドバンテージがない状況でしたねw ひと通り頭を巡った上での本命視ですので後悔はございません。わが人生に悔いなしw 堪能させていただきました。あ、馬連でタテ目を押さえたそつのなさもございますので、大丈夫大丈夫w


ラブリーデイはそつのないレース運び。直線最内で詰まるリスクをしっかり避けたコース取りと受け取っています。直線早めに先頭に立ってしまったのは不運というべきでしょうか。敗因として細かい要因はいくつか挙がりそうですが、あの着差なら押し切ってほしかった、とも思ってしまっていまして。

中山金杯のレコード勝ちからこちら、G1のタイトルにそん色ないパフォーマンスを示してきたと思ってはいました。でも、いまもって本物か?という空気がありますよね。個人的にはちょこっとだけ、天皇賞秋のゴール前、抜け出してからの失速の感じに微妙にいい印象を覚えておりませんが、うーん。…でもなー、それだけでフィジカルの強さや機動力を決定的に疑うには当たらないとも思うんですよね。

相当代謝に優れているとの記事は目にしましたが、今年10戦目の有馬記念、疲れを残さずに迎えることができるか。しっかり見極めたいと思っています。相対的に成績上位で年度代表馬、というのは少々さみしいですものね。どうせならいろいろ有馬で決めてほしいかな。


ゴールドシップは、正直、お客様でした。パドックから返し馬、ゲートまで終始落ち着いた様子を見せていましたが、自分のパドックでの見立ては今日はファイティングポーズを取ることがないだろう、というもの。ポヤッとし過ぎていましたね。レースの追走も末脚も落ち着いてしまいました。

…あー、ファンの方が入れ込んでいたかな。パドックで最初に出てきたときは結構ざわついていましたしね。いやいや、ミッキーのお尻を見ながら周回はさせないでしょうw 違う種類のジャパンカップが始まってはいけませんからねw そりゃ最初か最後だよと心でツッコミをいれてはいました。

須貝師からは捲らないよう指示がでていた、とはレース後のコメントから。追い切り後のインタビューでのリラックスした表情と合わせて、これで、ジャパンカップを最良のひと叩きにする計算があっただろうことは推察できそうですね。もし勝てればそれに越したことはないけど、くらいの割り切る思いはあったのでしょう。ローテーションのどこで勝負するか、しっかり絞っているという観点では妥当かもしれません。10万人を前にしたスクーリング、とは聞こえが悪いでしょうか。有馬記念にはつながる内容だったと思っています。


最後に。

これで今年の府中開催が終了。ジャパンカップの勝ち馬がレイと馬服をかけられて、表彰式の横でクールダウンしている姿を見届けると「あぁおわりだなぁ」と充実したようなさみしいような、なんともいえない心地になりますね。この心地に名前をつけるとしたらなんでしょうw サザエさん的なアレかなぁ、ジャパンカップ・シンドローム?違うかw
JapanCup2015 ショウナンパンドラ クールダウン

そしてジャパンカップ翌日は恒例のアレ。業務的には何とかなりそうですので、東大の講堂にお邪魔しようと思っています。


※11/30夜に追記:文章力が足りなくて申し訳ありません。誤字やら言い回しやら、もろもろ伝わらなさそうな箇所を当初の意味を動かさないように書き直しています。投稿前に読み返す時間も大事ですね。失礼いたしました。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/877-bc2588e8