2015.12.07


サンビスタが突き抜けるとは。恐れ入りました。

リプレイで観るとミルコが終始いいポジションで進めていることがわかります。2コーナーまでにやりあうコパノリッキー、クリノスターオー、ガンピットの少し後ろ。向こう正面から3コーナーにかけて進出したローマンレジェンド、それを受けて早めのスピードアップを余儀なくされたであろうホッコータルマエからも少し外れていました。温存、温存という感じ。

録画した中継映像、4コーナー手前で一時停止すると象徴的な位置関係が確認できました。固まった先行馬群の一番後ろにサンビスタ、ちょっと離れたその後ろにロワジャルダン、ノンコノユメ、サウンドトゥルーの順。1~4着はすべてラチ沿いを通っていました。

対照的に3、4コーナーでペースを上げてラチを離れた馬は軒並み着順を下げている、とはざっくり言いすぎかな。ラチ沿いを通したアドバンテージは最内有利などのコースのバイアスというより、距離ロス=スタミナロスを抑える効果ではなかったかと理解をしているところです。じっとしていた分、坂を登りきってからもうひとつ踏ん張れたんでしょうね。ルメールは終始手が動いていましたけどね。

デムーロは自己申告していた通り、ダートG1と牝馬でのG1が初。いずれは獲っていたのでしょうが、お見事なリードでした。角居師はダートと牝馬の厩舎です的なウィットに富んだ揚げ足取りw をかましていたようですが、思えばヴィクトワールピサの組み合わせ。信頼が許すコメントでございましょうね。


公式レースラップです。
12.5-10.7-12.3-12.5-12.2-12.3-12.5-12.5-12.9

スタートから1コーナーまでの駆け引き。何とか後手を踏まなかったコパノリッキーとコーリンベリーが先頭を伺う形。ただし松山は先頭に立ちたくない引っ張り方で1コーナー手前を迎えていました。クリノスターオーがボウマンでなければすんなり武豊の逃げだったと思われます。

ヘンな予定調和にならなかったことはよいかもしれませんが、この動きにボウマンがどんな勝機を見いだしていたかは正直、謎です。スタートからプッシュし続けていましたから、予め決め込んでいたかな。外々を回りたくなかっただけであれば作戦としては、…うーん、でも控えてよいかというと…やむを得ないでしょうか。少なくともJBCクラシックの2コーナーでコパノの単騎が確定したあの諦観は回避されましたからね。

ひとつ捉えているのは、けっこう時計のかかる馬場コンディションであっただろうこと。他の条件戦をみると走破タイムも上がりもかかっているんですよね。時計がかかる分なおさら、なだれ込みを狙う有力馬が多かったという推測も成り立ちそうです。走破タイム1:50.4はタフで評価できるものでしょう。また、2ハロン目の10.7で下げたサンビスタと先頭を争った馬のコントラストはくっきりとしていますよね。


本命はノンコノユメでした。でも直前まで決まりませんでしたね。やはり先行有利のロケーションですからホッコーが無難だよなーなどと、締め切り5分前まで逡巡していました。

パドックでコパノリッキー、ホッコータルマエの充実度がそこまでなかったこと、今後の距離延長を視野に入れるコーリンベリーは先手を取りたがらないであろうこと、パドックでチャカつく馬がままいたこと、返し馬で歩かせる馬も少なかったですしね。

おそらくコパノが1、2コーナーをマイペースで迎えられないとして、序盤でペースが上がった場合4コーナー付近は一度緩むかスピードにのって直線になだれ込むか。いずれにしても直線入口は遠心力に逆らわないでしょうし、進路を求めた結果馬群が外に展開してインが空くと読んだ次第です。

で、これらの条件を見方につけられる馬はどれか。1枠1番の追い込み馬、そして鞍上ルメール。直線までインをキープできる可能性と鞍上の視野を信じて、ノンコノ夢に賭ける判断といたしました。最内を突くことができるかは博打でしたが、4コーナーのイン突きという賭けには勝つことになりました。前に1頭いましたけどね。

ルメールもコメントしていましたが、今後が楽しみ。もうひとつからだが増えてほしいなと思いつつ、一番力を発揮できるコースは東京ダート2100ではないか、などと繰言が思いついているところでございます。…やっぱり府中でやりません?w


サウンドトゥルーはレース振りが高いレベルで安定してきたでしょうか。2、3着を分けたのは枠順と思っています。1番枠の馬が先に内ラチ沿いを確保していましたからね。4コーナー出口で大きく外に持ち出す形になったのは、1番枠の馬にインを握られてしまっていたからでしょう。大野の大外強襲はスノードラゴンを彷彿とさせますね。こちらもこの後が楽しみです。


ホッコータルマエは先行勢では最先着の5着。向こう正面から捲り気味だったローマンレジェンドを背負う格好になった分、前にはいられるわけにはいかないでしょうから、早めのプッシュを迫られました。道中どこかでひとつ緩んでいたら、結果も違っていたかもしれませんね。

スタート直後にクリノスターオーに接触したこともポジション取りには影響があったでしょう。ボウマンもスタートからしばらく内に寄せないで真っ直ぐ走らせていますしね。人気馬ならではプレッシャーを受けていたようです。うーん、力負けとは思っていませんが、ひたひたと年齢の影が忍び寄っている?どうでしょう。年末の大井で再確認できればと思っています。


ロワジャルダンは待機策で外枠を克服してきました。浜中のインを狙うリズムはジャパンカップと似た印象をもちました。厳しいペースを外した追走が着順を押し上げましたが、来年もうひとつパフォーマンスを上げてこれるかな。ここ最近では珍しく、条件戦から馬券を買いつつ追いかけてきていますので、今後も高いレベルで楽しめるとよいなーと思っています。


回顧とは別に少し。リアルタイムはウインズにいましたので、フジの中継映像は帰宅してからチェックしました。気になったのはミルコの勝利ジョッキーインタビューを途中で切ったことと、実況のアナウンサーがおそらくノンコノユメとサウンドトゥルーを直線で誤認していたであろうこと。それぞれは異なる問題点をもっていると思うのですが、競馬中継の番組つくりに繊細さを感じにくいという点では通底しているものと思います。何とかならないですかねー。


血統で気づいたこともさくっと。中山最終の芝2500、勝ったサトノレオパードの祖母がレディータイクーン。ノンコノユメの祖母と同じなんですよね。かたやトニービン→ウォーエンブレムと重ねて中山芝2500をこなし、こなたアグネスタキオン→トワイニングと重ねてダートの強豪。端的に、面白いものですねぇ。ざっくりしたイメージのヒントにはなるかなーなどと思っているところです。



最後に。

ほんとうはウマ科学会にお邪魔したことも、ステイヤーズSのアルバートも、サラBLOODの感想も書いておきたいところなのですが、なんとも時間が取りづらく。無理はだめっすよと自分に言い聞かせながら、仕事の取りまとめごとにあーだこーだと取り組む時間の確保を優先した一週間でございました。

ふいに2008年カネヒキリのジャパンカップダートを思い出してRACING VIEWERで再確認したり。そうしたさくっとした時間なら取れるんですけどね。同厩サンビスタとの符号を求めていましたけれども、3コーナーでラチ沿いキープ、くらいかな。カネのほうが枠も外ですし、コーナーごとに外に膨れるアメリカ馬も今年はいませんでしたし。懐かしいついでに当時の投稿を紹介しておきます。現地にいましたねー、ルメールが神がかっていたなー。
more than a DECADE JCダート観戦記

少しずつ書く時間は見つけていこうと思っています。まぁ、ステイヤーズSは「\ライアン最強/」って言うだけで済みそうですけどねw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/878-337f9366