2015.12.30


サウンドトゥルー、初戴冠となりました。

追走に苦労したとの鞍上大野のコメントがありましたが、有力馬が前でけん制しあう展開を上手く待つことができたと思われます。蹴り上げられて砂ぼこりが舞う、末脚を伸ばすにはちょっとパワーを要する馬場状態。コパノリッキーを競り潰したホッコータルマエもバテてしまう最後の直線をタフに差してきました。スタミナと走り方と、有力馬の中では一番マッチするだろうという読み。当たったようで良かったです。安心して年が越せますねw

公式レースラップです。
12.6-11.9-12.2-12.5-12.1-11.9-12.0-12.6-12.3-12.9

枠の並びを見て思ったのは、コパノに意地悪できる要素が整っていること。ハッピースプリント、サミットストーンらが内で張って外からホッコーが被せてくるなら、外枠を引いたコパノリッキーは先手を取りきるまでに相応のダッシュを必要としてしまうだろうと読むに至りました。実際その通り厳しいけん制があったようです。

もうひとつ、2番手を担う馬がホッコータルマエ以外に見当たらなかったことも展開予想のポイントでしたね。JBCクラシックは1、2コーナーで単騎逃げの体制を許した結果、追いつくことができないという負け方になりました。コパノのマイペース、というより武豊のマイペースを防ぐには自分でけん制しに行くしかない、幸は少なからずその認識から戦略を組み立ててくると読みました。これはチャンピオンズC同様の意識だと思っています。それにしては自身にとってもきついマークの仕方になりましたけどね。


パドックではホッコーもコパノもよくは見えませんでした。やはりシーズン後半、特にチャンピオンズCに向けた仕上げがあったでしょうから、出来はよく見積もっても平行線、個人的には少し下降線という見立てに落ち着いていました。仕上がりだけでいえば、プレティオラスやサミットストーン、ユーロビートのほうがよかったと思っています。

仕上がりひと息とスタミナを要する馬場、コパノとホッコーが前々でマークし合う展開。すべて加味すると、1、2番人気は本命に推しづらくなりました。一方のサウンドトゥルーは、息の長い末脚、素軽いスピードというよりはパワータイプ、パドックでの見栄え、これらの条件はこのレースについてアドバンテージが大きいと判断するには十分でした。

ええ、自画自賛する回顧になっていますが、ほとんど読みきったレースになりましたね。予想も馬券もうまくいきました。ぶい。


ただ、これでダート中距離路線の序列が大きく変わるかというと、どうでしょう。軽いダートではまだまだ、ホッコータルマエもコパノリッキーも巻き返してくるでしょう。サウンドトゥルーに速い上がりをどこまで求められるか。体調やパンプアップが順調に上向いても、MAXのスピードはそう変わらないでしょうからね。フェブラリーSに回った有力馬とのマッチアップまでは暫定王者的な認識が妥当かなと思っています。


さて、当日は現地観戦。いったん内馬場に足を運んで、ラーメンフェスティバルへ参加しました。チケットを購入し、いくつか屋台が並ぶなか久留米ラーメンを選択、気の利いたとんこつスープを堪能いたしました。トッピングしたすりごまがマイルドさを演出。いやー美味しかったですね。そのあとは早めにパドックに陣取ってG1エントリー馬の登場を待っておりました。

やっぱり府中と比べても馬との距離が近いですねー。コパノリッキーのカメラ目線、ユーロビートの流し目、サウンドトゥルーの筋肉質な馬体などなど、間近で見て取ることができました。

そして騎乗命令がかかってからのミスターピンクの存在感w いやあれはやばいですw ずっとファンの側に意味ありげな視線を固定しながらニコーッとし続ける妖艶な主張w 「どうですかみなさーん」的なw 「安心してください、ピンクですよ」的なw パドックって馬を見せるためにあると理解してはいますが、あの瞬間だけは内田利雄を魅せる独特な亜空間と化していましたw いやー役者でしたねー。


どうやら3号スタンド(G-FRONTのすぐ隣)が取り壊しになるようで。強い思い出があるわけではないのですが、さすがにオッズ表示のためモニターなどはちょっと年季が入りすぎていましたからね。メインレース後、普段買わない売店でホットコーヒーを購入してターフビジョンを見守る流れにいたしました。きれいでかつ移動しやすい設計だとよいですね。

そうそう、4号スタンドのジャンクフードは変わらずの安定感でした。ハムカツが美味しいんですよ。一方でおでんの存在をはじめて認識しまして。ラーメン食べちゃった分自重しましたが、現在はかなりロックオンしている状況w 寒いうちにもう一回は現地参戦したいですね。



最後に。

個人的にはこれで2015年の競馬納め。最後がきれいに締まりましたので、これでよい年越しができそうです。レース後は悪友と合流、ジンギスカンなどをさっくりほおばりながら、久しぶりに旧交を温める流れもございました。年度代表馬はモーリスでいいよねとか、ドゥラメンテは長期滞在ありきで海外遠征してほしいとか、雑で旬な会話に華を咲かせていましたね。いい時間でした。

フジキセキの報もありますね。こちらは明日書ければ。残念なりに「長兄」の回顧はしておきたいと思っています。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/883-d347ea41