2015.12.31


2015年、最後の投稿になります。

ようやく大晦日にスケジュールがひと段落しまして、Gallop年鑑をパラパラとめくる時間を得ることができています。

恒例となっている冒頭の座談会は通年免許を取った2人のジョッキーの活躍から、次世代がどう育つかという意見交換につながる流れ。若手ジョッキー本人の自覚と行動という観点と仕組みの改善と。これまでも積み重なっている議論ですが、どちらも必要なのでしょうね。

松若や石川が的場文男と南関東のリーディングを争う、とか、見てみたいですねー。文字にしてみて自分でも軽くふるえていますけどw 中央と地方の垣根を壊す、という表現をよく目にしますが、壊すというよりは作り変える、でしょうか。どんなギミックがジョッキーの経験を積み上げていけるのか、人馬のレベルと賞金の高さが比例する構造がデザインできるのか。…デザインできる人がいるのか、という問題のほうが大きいでしょうかね。

理想的な仕組みについて、ファンががやがや話すのはとても楽しいんですけどね。個人的には先に挙げた松若、石川くらいの世代が徐々に経験と結果を積み上げていく様を楽しめるとよいなと。予想に取り込みながらファンの側で自分が育てたような気になれるなら、それは競馬の魅力、吸引力のひとつにもなるでしょうからね。


東京大賞典のあとに合流した悪友と、今年の5大ニュースは?という縛りでお互いに思いつくまま2015年をフリカエリ。結局双方とも印象に強いG1を挙げることになり、半分は被るという。長いことつるんでいますから似るんですかね。

自分は、…ダービーですね。毎年ダービーを挙げているようにも思いますが。いや、あのドゥラメンテのパフォーマンスは素晴らしかった。レースレベルと、その将来への期待と。どちらも強く包含したダービーというのは本当に得がたいもの。ダイナカール、エアグルーヴ、キングカメハメハ。府中を制した血が折り重なって、それを凱旋門賞に送り出せる期待感。…いっしょに観戦した同僚にはきっと伝わっていないでしょうね。急に理解できても立つ瀬がないですけどねw

あと挙げたのは、香港マイルのムーアとモレイラ、香港カップの武豊、天皇賞春の横山典弘。何か、強い馬にどう乗るかというジョッキーの圧倒的なヘッドワークやフィジカルに心が動いていたようですね。香港マイルの直線は上がりましたよ。エイブルフレンドがモーリスに襲い掛かるわけですから。野心たっぷりのコース取りと馬の首と背を強化するような追うアクションと。素晴らしかったー。

最後のひとつは朝日杯。何がよかったって、来年が激しく楽しみになっていること。2歳G1、それも朝日杯でその感想に至るのは久しぶりな気がしています。その場の賭け事の駒としてみられる側面はもちろん否定するつもりはないですが、1、2着とも先を見越した内容を求めつつのあのパフォーマンスですのでね。直後のお酒は美味しかったなー。実は1、2着の単勝を両方持っていまして。普段は取らない戦略ですけどね、このレースはこれしかないと思っていました。

2歳に限らず、来年に楽しみがつながることは得がたい状況ですね。こう思うのは年を重ねたせいだけではないと思っています。わくわくしながら次のレースを待ってきたからもうすぐキャリアも20年になってしまうわけで。相も変わらずしょうもないなーが半分、すてきな趣味という自画自賛が半分。このままいきましょうかねw


個人的な出来事も少々。有馬記念はひとりで観戦したのですが、その後のゴールドシップの引退式をひとりで迎えたかったからでした。オルフェーヴルの有馬記念を一緒に観戦した同僚が今年亡くなりまして。若さが病気の進行を早めたようです。

初めての競馬観戦に当たって、先日のアメトーークの競馬芸人のように2頭のステイゴールド産駒を雑に紹介したところ、ゴールドシップをいたく気に入っておりました。当日ぬいぐるみを買い込んで、レース前の緊張感に耐え切れなかったのか不用意にテンションが上がって落ち着かない様子でした。ムーアの賢明な騎乗で3着を確保したわけですが、まぁそんなことはよくわからず、頑張ってくれたことを含めて感激しておりました。こちらはそれをいじりながら、堪能してくれた様子に満足していたことを覚えています。

自分の気持ちの区切りのつもりもあったのですが、引退式では既報の通り記念撮影を拒否するゴールドシップ。笑かしてくれましたし、馬の走りとひとの思いは並んで進むことはあっても別物だなと改めて。ヘンな感傷をもっていた部分は上手く折りたためたようです。自分より若い命が先に逝くのはさびしいもの。そこだけはまっすぐに受け止めておこうと思っています。



今年は、このブログに向かい合う時間の捻出がますます難しくなっていました。細かく書きたいことが多くなっていますので、メモ書きみたいな投稿を増やすのがよいのか、ちょっと迷ってみたり。長文のつもりはないんですけどね、思ったことを記していくと普通にこのくらいのボリュームになってしまいますし、そこまで書かないとすっきりしませんし。。。 しばらく悶々とするのかな。読み手の皆さまに致命的なご迷惑のかからない範囲で。いろいろ工夫していくかもしれません。


相変わらず年末ギリギリでの投稿になってしまっていますが、今年も本ブログのご愛顧、ありがとうございました。

来年もいい意味で変わらず、この時ここに注目していた、わくわくしていたなという日記をしたためていければと思っています。ひとり分の身勝手な意見になることも変わらずでしょう。許容範囲広めで、引き続きお付き合いいただければ幸いでございます。

まもなく2016年。よいお年をお迎えください。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/885-ecedac9c