2016.01.07


モーリスでまとまりましたね。納得でございます。

春秋マイルG1を制して香港マイルを獲ったわけですから、いまいま考えうるマイラーの戦歴としては最上位でしょう。国内でG1を3つ獲った馬はいませんしね。妥当な結果と思っています。

JRAの発表はこちら。
「2015年度JRA賞」決定!年度代表馬はモーリス号! JRA

そして票の内訳はこちら。
2015年度JRA賞競走馬部門 記者投票集計結果 JRA

年度代表馬への投票、モーリスは74%近くの獲得票でした。個人的にはこの数値、「頃合い」と映っていまして。中距離戦線を重んじるバイアスはまだまだ残っていますからね、ラブリーデイへの一定の票数はあるだろうなーなどとふよふよと思っていました。

同じくマイルを制して年度代表馬となったのはタイキシャトル。その1998年をちゃんと調べてみましたが、そうですねこの年はサイレンススズカの年でもありましたね。ジャパンカップと有馬記念を3歳馬が制する結果でしたし、中距離の古馬を評価しきれない状況がタイキシャトルの背中を押したともいえるでしょうか。

最優秀古馬牡馬でモーリスの獲得票は約40%。ざっくりした印象ですが、決して一方的な中距離偏重でもなくなっているのでは。タイキシャトルの時のほうが(マイラーでも)やむなしという空気があったように思っています。


あとは、その年の馬の中での最優秀を選出するわけですから、「該当馬なし」という選択は避けてほしい、とは毎年思うところです。と訴え続けるのもくどいですかね。…選出方法についてぎゃあぎゃあ話するのもまた楽し、とはこの部分についてはあまり思えずでして。その年をちゃんと評価してほしいなぁ。


ミッキークイーン満票は何やら鼻高々ですしw ハートレーの2票にはホープフルSの価値が膨らんでいく静かな胎動を感じたりもしています。最優秀ダートホースは相変わらず交流重賞の立ち位置がはっきりしていないことを浮き彫りにしていますし。ちゃんといまを反映しているという意味ではよい結果なのかなと。…俯瞰が過ぎますかねw



最後に。

私の年度代表馬。ハッシュタグ付きでツイートしましたが、春の2冠に思い入れがある分、19票のドゥラメンテにもう1票足しておければと思っています。やっぱり圧倒的なパフォーマンスを見せてかつ、その先が楽しみになるダービー馬の存在は大きいですよ。ディープインパクトやオルフェーヴルと同等の高揚感。ケガがなければどうなっていたでしょう。

中山記念での復帰と聞いていますので、楽しみに待ちたいと思います。そう、このわくわくして待てることが何とも有難いですねー。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/887-312e2e30