2016.01.12


ロジクライが好位から押し切りました。

追い切りで好調なのは頭にはいっていましたが、他に目移りする有力馬が多かったかな。いや、確たる能力をもった馬が見当たらなかった、という言い方でもよいのかもしれません。終わってみれば納得、ではありました。

過去のシンザン記念を観ておけば…、いやロジクライ本命まではいけなかったでしょうか。馬番1桁の馬が好位の内でじっとして、直線先行馬の進路をかいくぐって抜け出す、というパターン。古くはタニノギムレット、ジェンティルドンナ、レッドデイヴィスもそうでしたね。今年もその傾向が変わらなかった、ということでよいのかなと思っています。

浜中もこれで4勝目。ジョッキーもリピーターということでよいでしょうか。2000年代の前半に4連覇した御大がおりますしね。


公式レースラップです。
12.5-10.9-11.4-11.5-11.8-12.3-11.7-12.0

シゲルノコギリザメの先行策。抑えられなかったとは太宰のコメント、ピースマインドをパスする様子からはその通りであったでしょう。ただ結果的にこのペースは後続のスタミナを奪っていったようです。馬場がちょっと重たくみえていましたがその影響もあったでしょうか。よく粘りましたねー。かかったなり、限られた条件下での後半のまとめ方は賢明であったように見えています。


勝ったロジクライも切れる脚があるかというと、今回の有力馬にも見劣るところではあるでしょう。前傾気味になったラップをしっかり追走できたことに評価すべき勝因があると思っています。バテにくい末脚は馬場状態と加味して、今後どのレースで活かされるのか。忘れた頃に、という予感がしています。そして馬券が外れるというやつですねw


2着のジュエラーはかなりの末脚を披露してくれました。3、4コーナーまでシゲルをラップを追撃しない後方待機ですから、展開が嵌った面もありそうですけどね。鞍上デムーロは他馬を気にする、こわがるところがあったとコメントしているようです。直線取った進路を見ると、そのあたりのストレスを上手く避けたとも言えそう。桜花賞が1強ではなくなった?少なくとも年末より楽しみが増えてきたように思っています。


もう一頭の牝馬、ラルクを本命にしました。スタートが立ち遅れ気味、道中も数度接触があった影響かスムーズな追走ではなかったようです。次走以降で巻き返してくる可能性はまだまだ十分と思っていますが、距離は伸ばしたほうがよいようにも。

ロッテンマイヤーの新馬戦にも感じたことですが、コンパクトに筋肉のついた脚長のスタイルできれいにストライドを伸ばすタイプは、スタミナが問われたり急な加速が問われたときに脆さが出てしまう可能性はある認識。新馬が鮮やかな分、ということだと思っているのですが、残念ではあります。ポテンシャルに賭けるいつもの癖なのは知っていますけどね。


アストラエンブレムは絶好の内容とみました。これで差し切れないわけですので、クラシック戦線で狙っていくにはペースに注文がつきそう。4コーナーのポジショニングを確認した瞬間は勝ったと思ったんですけどね。

ピースマインドは、何ともいえません。かかり気味にいって落ち着いたように見えていましたが、直線早々に失速。これまでで一番パフォーマンスの下がる結果になってしまいました。序盤、シゲルにパスされるまでに力み過ぎたのかな。戦前は控える競馬を経験させたい旨陣営のコメントがありましたが、こちらも残念な、というよりかなりマイナスな経験になってしまったように映っています。



フェアリーSも少々。

といっても勝ったビービーバーレル、3着のダイワダッチェス以外はごちゃっとした展開に巻き込まれてしまった様子。公式レースラップを記載しますが、このレースの語り口としてはあまりそぐわないかな。
12.4-11.3-11.8-12.0-12.1-11.6-11.2-11.9

先手を取る石橋の判断が奏効したという認識です。あまり中盤のラップをいじらなかったことも、しっかりしたフィニッシュにつながったのでしょう。すでに各方面で語られ切ってしまっている感がありますが、中舘厩舎の初重賞。逃げ切りでの達成はとても感慨深いですね。

2着ダイワドレッサーはクードラパンに蓋をされる場面が2度3度。これがなければ、とまではいかないでしょうが、スムーズであったなら少し違う展開もあったかもしれません。ラストの伸び脚はよかったですね。


斜行をとられたコパノマリーン。パトロールフィルムでみるとジョッキー田中勝春の判断ひとつのように見えました。直線に向いて直前にいたダイワドレッサー三浦はゴールまで右鞭。それを確認していたのかいなかったのか、ひとつ外の真横にいたレッドシルヴィをパスしきることなく外へ展開、というより押圧。ダイワドレッサーと一緒に外に展開していますから前はなかなか開きませんよね。ようやくダイワの外にでるあたりで鞍下が外に膨れますが、ここは鞍上が制御できない急な動きであったようです。

この合わせ技で後続の玉突き事故が発生してしまいました。脚がなかったとはいえ、ハマヒルガオあたりはかなり後方の外々へ吹っ飛んでいってしまいました。

肩を入れてドリブルするような、強引な進路の主張があったようにも。最初の被害馬レッドシルヴィの鞍上は同日騎乗停止をとられたコントレラスですから、もう何とも。ラフな雰囲気が進んでしまうことを懸念しないといけないですかねぇ。あ、レッドシルヴィについてかなり一方的に被害を受けてしまっていますので、このレースだけでコントレラスがあーだこーだ、というつもりはありません。もちろん。

明け3歳牝馬の重賞とはいえ、もう少しコントロールの効いた内容が見たかった、と苦言めいたことを書いておきますよいちおう。だってねぇ、あれがなければ、これがなければ、という回顧は面白くないですから。ふむ。



あー、いちおう福寿草特別についても。ロイカバードが武豊らしい差し切りで2勝目。残り4ハロンから加速するレースラップを1ハロン弱待ってからの追撃でした。確かに京都内回りで強い内容なのですが、若干カラダに余裕がないようにも。筋肉はついているのですが、腹回りが少し、ね。でもレースを重ねながら細いラインがしっかりしてきている印象もあり。

次走はきさらぎ賞、サトノダイヤモンドと再戦らしいのでそこが試金石になるでしょう。この福寿草特別が理想形だと重賞戦線では頭打ちになってしまうでしょうけどね、楽しみな1頭ですので、まずは順調に。いまのところのパフォーマンスと戦歴から、ちょっとトーセンスターダムっぽい印象を覚え始めてもいます。



最後に。

月曜の競馬はさらりとかつ事前に予想と馬券を済ませて、夕方前には馬事公苑近辺へ。関東装蹄師会が毎年開催している馬学講座へ参加してきました。昨年も参加していまして、その様子は以下の通りです。
more than a DECADE 第18回公開馬学講座

今回の雑感も改めて書くつもりでいるのですが、今週は余裕あるかなー。印象が鮮明なうちに書いておきたいと思っています。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/888-d12f85ef