2016.03.06


エイシンブルズアイ、石橋脩の好騎乗でした。

外差しが効きやすい馬場コンディション。そして自分の型にもっていきたいハクサンムーン。前傾ラップになる可能性は十分でしたからね。道中は中団から、先行馬群の輪郭をなぞるように4コーナーで外へ展開。後は独特なピッチ走法で差し切るだけでした。最後までピッチが保たれていたあたり、石橋脩の判断がきれいに嵌ったことが窺えます。前走1600の洛陽S、武豊が道中をソフトにじっくり進めたことも今回活きたでしょうね。それも見越してのローテーションなら野中厩舎を褒めるべきでしょう。鮮やかでした。

公式レースラップです。
11.6-10.3-10.8-11.3-11.4-12.1

終始ハクサンムーンが引っ張ったということで、馬場状態が異なるのはもちろんとして、2013年のスプリンターズSのラップがよい比較対象になるかなと。この時もハクサンムーンは2着。勝ったのは世界のロードカナロアですね。
11.9-10.5-10.5-11.0-11.3-12.0

トップスプリンターの古馬に2年前よりパフォーマンスが上がることを期待するのは酷ではありますね。むしろ半年弱の休養を経てこのパフォーマンス、特にマイペースで行ききるだけの初速。まだまだ通用すると見たほうがよいのでしょう。でも中京の1200かぁ。ミッキーアイルもいますしねぇ。

逆に加速に若干の時間を要しながら(と見ています)3着に食い込んだスノードラゴンも長期の休養明け。1年8ヶ月は長いですね。それを割り引くとかなりのパフォーマンスであったと思います。仕上がり途上という認識ですので、馬場や展開に注文はつきそうですが、次走楽しみになってきました。なにか、末脚の切れと持続のバランスがゴールドシップのようにもみえましたね。ええ同じ芦毛にイメージが引っ張られている可能性大でございますw

アルビアーノは5着。大外枠は割引材料と思っていましたが、スタートから二の脚がつかなかったあたり、かえってよかったかもしれません。初の1400だったスワンSでは中団追走。これも下げたものではなく、道中の速いスピードに戸惑いながら追走していたようでしたしね。

直線挟まれてしまったのは1番人気を背負っていたため、かな。人気を背負っていなければ一呼吸待ってスノードラゴンの外を狙えたように思えたんですけどね。不幸だったのは距離ロスを抑えながらコーナリングした結果、3、4コーナーでフレイムヘイローの真後ろにはいってしまったこと。4コーナー手前で少し置かれるような形になってしまいました。それを挽回したい思いもあったかもしれませんね。しかし、それでも上がり最速の33.8とは。高松宮の本命は決まりかな。相変わらずかわいいですしねw

ゴールドペガサスはノーカウントでよさそう。3コーナーあたりでワキノブレイブに被せられて内々に押し込められてしまいました。被せて押し込めた横山が一枚上手かな。直線は前に先行馬群の壁があって全く追えませんでしたので、次がG1でなければあっさり巻き返してもおかしくないかと思っています。

アフォードは気持ち早いポジショニング。このことで4コーナー、一番外まで振り回す形になってしまいました。石川、狙った通りのコース取りだったのかなー。できればひとつ下げるなりして、アルビアーノが狙ったコースをイメージしてほしかったと思っています。ただ、加速を保つコーナリングには彼特有の感覚がありそう。掴んでいる、という印象がございます。



チューリップ賞も少々。

シンハライトが接戦を制しました。早いタイミングで池添は外から被せられるポジションを確保。このあたりにジュエラーとの内外の枠の差がでたように思っています。4コーナーでジュエラーの仕掛けはひとつ遅れていましたからね。2頭の上がりは同じ33.0ですが、着差以上にシンハライトの強さが目立ったと思っています。

公式レースラップです。
12.2-11.0-11.4-12.2-12.1-11.2-11.1-11.6

内枠を利してのヴィブロスの逃げ。いやー、ヴィルシーナのシルエットでしたね。のど手術明けからすると、だからこそかもしれませんが、積極的な進め方でした。もうひとつ成長してくれば重賞に届くかな。クラシックは置いておいて、楽しみに思っています。

レッドアヴァンセは後方の外から。大外が堪えた、というコース取りでした。4コーナーではかなり置かれる格好でしたし、その時点でストライドは伸びきっていましたからよく最後まで脚をのばしたなという印象です。

ただ、マイナス14kgは懸念材料でしょう。本番にむけてレース間隔が開き過ぎることから調子のよさを見極めての出走、という報道でしたが、ちょっと事情が違っていたかもしれません。でも上がり33.1は十分な数字ですしね。個人的にはスタート直後や直線入口など、キュッとした身のこなしが必要な場面で物足りなさを覚えていまして。仕上がりいまいちではあったのかなと思っています。武豊も大外のディスアドバンテージにあまり対抗しなかった印象。これもトライアルライド?微妙なところではありますね。

デンコウアンジュは内枠から押しての追走。内枠「だから」という縦のポジションの求め方だったと受け取っていますが、終始おっつける形になった割には最後まで差し込んできました。距離が足りない、という率直な印象がありますが、オークスで逆転できるかというと、うーん。でも春のクラシックでは無視できない存在と思い直しています。結果が出たからではなく、アルテミスSのようなスピードの乗せ方がよいイメージですが、それが嵌るラップ構成がピンポイントだと思われる次第でして。。。

馬場コンディションのよさを加味しても、走破タイム1:32.8は秀逸。永らくメジャーエンブレムにライバル不在感がありましたが、さすがチューリップ賞というところでしょうか。ジュエラーとシンハライト、展開ひとつで桜花賞、面白い、かもしれません。はい、自分はメジャーエンブレムのつもりですw



今週は藤田菜七子のデビューに触れておいたほうがよいかな。

いや、変に否定的なことを言うつもりも、いっしょにフィーバーするつもりもあまりなくてですね。冷静にコメントすると、川崎の5戦目の3、4コーナーでプッシュしてコースを確保する姿や、土曜の中山で内外の先行馬の勢いをみて控える姿には好感を覚えているところです。ペースやコースの判断は早いのではないでしょうか。それに即応するカラダの動きは、筋力も含めてこれからなのでしょう。あとは馬の動きにマイナスな動き方が少ないような印象もあります。差し馬のフォーム、最後までのびのびとしていますからね。

という類のつまらないコメントはあまり求められていないでしょうw マスコミ煽りすぎ、というコメントも散見されていますが、名実伴って、よりたくさんの人を引き付ける存在になってくれるなら。既存の煮詰まった競馬ファンがあまり煮詰めるようなコメントをだすタイミングではないように思っている次第でございます。ほんとに真面目に、「かわいいー」とか「すごーい」とか形容詞ひとつで競馬をみる層が興行を支えている側面もありますからね。本人や根元師がそれを受け止めている節もありますし。温かく見守っていきたいなぁと思っているところです。



最後に。

弥生賞前日。3強の3連複はさすがに買いづらいオッズですので、いかに絞り込むかを考えているところです。縦のポジショニングを決め、今回の勝敗を分けるポイントになるのはおそらく名手3人の思惑。このトライアルになにを求めるか、だと思っています。しっかり読んでちゃんと本命を決めてレースに臨むと十分楽しめるんじゃないかな、と。

ここのところはひとりで競馬場やWINSに繰り出すことが増えていますが、そのせいかパドックから発売締め切りまでの時間にしっかり集中できている感触はございます。まぁ、接待競馬でなければ、いっしょにいて満喫できるひととしか繰り出してない気はしてますけどね。ちなみに接待競馬は「エスコート」というスイッチがはいっているので、軽くお酒にお付き合いしながら分析度外視でさらさらと楽しむことができています。

予想の深度もそうですが、楽しみ方に幅をもたせておくことが充実感につながる気がしていまして。昨年の朝日杯で実行した、2頭の単勝買いという禁じ手もまた楽しみ方のひとつでしょう。

…おや、本命が絞れない可能性がでてきたかなw

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/899-f795409d