2016.03.24


マウントロブソンが届きました。

パドック映像を見直すと、岡部さんの指摘どおりまだまだ緩い体つき。それで逃げ粘るマイネルハニーを捉え、後続を抑えたわけですから、力はあるなーという印象です。でも、今年は別路線組が相当骨っぽいですからね。ラスト12.6での接戦に、きさらぎ、弥生とのレベル差をひとつふたつ感じてしまうところではあります。

公式レースラップです。
12.7-11.5-11.8-12.3-12.0-11.6-12.0-11.6-12.6

マイネルハニーは大知の積極策が奏効した様子。踏み固められたであろう内々を通っての僅差は、条件に少し恵まれるところもあったかな。クラシック登録がないようですので、次走の動向が気になります。有力馬に先行気質の馬が少なめですので、ペースを読むのにはポイントになるでしょうか。

ロードクエストは例のごとく後方待機からの3着。鞍上池添は必要なトライアルを済ませたでしょうか。スタートから追走から、外側の芝コンディションから。戦前のコメントでは中団追走も示唆していましたが、どうやら諸条件から叶わなかった模様。これで皐月賞までスポットが当たらないのであれば、ちょっと面白い存在になるかもしれません。が、それまでの馬場コンディション次第、というところが大きいかな。

ミッキーロケットはスタートがすべて。ドレッドノータスは馬場コンディション、直線の登坂、ペースなどなど、京都2歳Sは真裏に近い条件設定になってしまったという認識。次走の選択がどうなるか、巻き返しのタイミングを見極められるとよいなぁと思っています。



阪神大賞典、まいりましょうか。

シュヴァルグラン福永は道中で自信を深めていたことでしょう。3コーナー手前の陣形から、残り600から仕掛けるのかなーと思って観ていましたが、ドンピシャで逆にびっくり。4コーナーで一番外を回るタイミングをあえて選択したようにも見えています。それを考えると、本番に向けたトライアルとしては十二分の内容でしょう。気になるのは今回の相手関係(ちょっと手薄感)、ハーツクライと京都の下りの相性、このあたりかな。しかし、戦歴と成長曲線はかなりハーツクライですね。

公式レースラップです。
13.0-11.6-12.5-12.2-12.3-12.2-12.6-13.7-13.3-12.6-12.3-11.9-11.6-11.6-12.4

アドマイヤデウス岩田はもったいないコース取り。馬場の悪い状態で、4ハロンを目いっぱい使う11.9-11.6-11.6-12.4ですから、直線半ばでの切り返しは致命的でした。コースロスを抑える戦略に拘りすぎたのかな。4コーナーのシュヴァルグランとのスムーズさはちょっと対照的に映りました。

タンタアレグリアは何とも。前走の東京よりパフォーマンスを上げているようには思えているのですが今回は完敗の様相。京都のトリッキーなペースで浮上する可能性はあるかな。鞍上蝦名と春天の相性は無視できない…むーん、微妙ですね。

トーホウジャッカルは7分の仕上げにも届いていなかったでしょうか。シュヴァルグランが前走から二桁絞り込んできたのとは対照的。降雨の影響を強く受けた馬場も味方しなかったでしょう。…期待していたんですが、どこかで復活なるでしょうかね。

うーん、天皇賞に向けては日経賞の方が要チェックになるような。慌てずに大阪杯の結果まで待ちましょうか。



フラワーC。はあまり書くことがないでしょうか。

エンジェルフェイスの逃げ切り。以下のラップをみる限り、福永のコメント通り、楽に逃げられたようですね。

公式レースラップはこちら。
12.7-11.9-12.2-12.5-12.2-12.2-11.9-11.3-12.4

スローの分、11.3の時点でほぼ勝負が決した格好。ただし12.4を差すことができないメンバー。上がりタイムが勝ち馬と二桁着順の馬であまり変わらないことは、4コーナーの並び順が大きく変わらずに入線していることからも伺えます。このペースに抗う力をもった馬はいなかった、という理解でもよいのかもしれません。

個人的には府中に変わってラルクを観てみたいと思っていますが、どうでしょう。

あー桜花賞戦線。うーん、やっぱりメジャーエンブレムとチューリップ賞組が中心になるのでしょうね。



そしてファルコンS。

中京の芝は、3場で一番崩壊気味に見えました。トウショウドラフタ田辺はよく馬場を読んだ上で直線大外へ。思い切った作戦が奏効しましたね。馬場をこなしたことをどう受け止めるか。比較的きれいな府中で連勝してきたアンライバルドと考えると道悪はマイナスですが、ネオユニヴァースと考えると不良馬場をこなしたロジユニヴァースが想起されて何とも複雑。

公式レースラップはこちら。
11.9-10.5-10.9-12.0-13.1-13.0-13.6

まぁ、前傾ラップですね。この馬場状態ですから先行馬には相当にタフなレース後半になったようです。勝った馬でも上がり38.5ですからね。これよりひどいのはロジユニヴァースのダービーか、トウケイヘイローの札幌記念か。そう考えるとシゲルノコギリザメ、ある意味侮れないですね。

ブレイブスマッシュは4コーナー手前までの外目の進路を切り返してインからこじ開けるように進出。シゲルノコギリザメをねじ伏せるあたりは強いの一言ですが、外から1頭、さらにうまく馬場を読んだ人馬がありましたからね。いや、今回はこれまでと異なる強さが垣間見えました。

NHKマイルカップ、うーん、これもまた直結しにくい印象があります。府中との馬場状態の乖離。勝ち馬のラストの鮮やかさは冷静に評価しておきたいものです。NZTがまだですしね。



ふひー。

この3連休はフラワーCを除いて、すべてリアルタイムでの観戦が出来ずじまいでした。そのフラワーCも予想はままならず、勢力図だけ簡単におさらいして「見」していました。馬場が全然読めない状況でしたし、仕事やらなにやら、いろいろございましたしね。疲れがでたのか花粉が猛威を振るっているのか、週明けは結構ダウンしておりました。ようやく、簡単にですがまとめが書けましたね。

中京の馬場コンディション、G1までに決定的に回復することはないでしょう。ファルコンSの結果を知った直後は、これでエアロヴェロシティでよいな、と思っていましたが、その前年チャンピオンは疝痛で回避。いやーわからなくなりました。いまのところミッキーアイルかアルビアーノのイメージなのですが、直前まで馬場はわからないでしょうからね。予想の糸口は地味に観察したいと思っています。



最後に。

ドバイミーティングが週末。恒例のJBISレポートも開始しています。
2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

ドバイターフはソロウの回避でリアルスティールの可能性がグッと増したように思いますが、実際はどうなるでしょう。ワールドカップはCalifornia Chromeとホッコータルマエのマッチアップ。…、いろいろ不利が大きいのかもしれませんが、米国2冠馬のパフォーマンスが圧倒するように思っています。シーマクラシックはもちろんドゥラメンテ。通用してほしいですねー。

週末は何とかスクランブル放送に間に合うように。その後のG1もありますからね。花粉に負けてはいられません。頑張ります。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/902-4475323a