2016.04.16


桜花賞の後、府中にあるバーに寄った話を少々。

レース名や馬名を冠したカクテルを出しているお店です。
Cafe & Bar COLT

ずっと新作カクテルの紹介ツイートを眺めていまして(また仕事で疲れたー的な絶妙なタイミングで目にするわけですw)、府中開催の前の方が混まないかな、などと思い立って行ってきました。

備忘録的にいきましょうか。飲んだ順にまずは桜花賞から。桜のリキュールに桜の花びらをあしらった女子力高めなヴィジュアル。口当たりすっといただけます。
カクテル 桜花賞

続いて皐月賞。こちらはジンベースなのですがオレンジジュースとパインジュースがうまく同居して程よい甘さに。舌で比べるならこちらの方が女子力高め?
カクテル 皐月賞

そして無理やり作っていただいたフサイチコンコルド。バーボンにはまるで疎いのですが、ボトルの栓に馬をあしらったブラントンという銘柄をチョイス。ケンタッキー「ダービー」に引っ掛けていただきました。彩りは勝負服をイメージして。
カクテル フサイチコンコルド

最後に、雑談の流れからタニノギムレット。ギムレット自体がジンやウオッカベースのカクテルですので、タニノがつく分普通のそれから一捻りしてみてください、という意地悪なオーダーw 「オレンジ」ジンを使って勝負服にイメージを寄せるという回答をいただきました。これがまたビッとしたテイスト。
カクテル タニノギムレット


競馬お好きなんですか?という定型のご挨拶に真正面から応え過ぎるおバカな客でございました。お店の方も競馬に詳しかったので(でないとカクテルのイメージつくるのむずかしいですものね)それに甘えてまぁ滑らかにしゃべるしゃべるw いつのまにか横山さんがいかにステキか、こちらの見立てをじゃんじゃん語る大変面倒な流れになりまして。気持ちよく喋らせちゃうからなーずるいなーw

アンビシャスを動かすために戦略的なポジショニングとソフトタッチの話や、セイウンスカイとホクトスルタンのラップ比較が超勉強になる話や、まぁバーテンダーの方に滔々と語ってはいけないそれですよね普通w ご面倒をおかけいたしました。

フサイチコンコルドの一杯は、口にした瞬間のバーボンの強さと独特の香り。こちらがプラセボよろしく構えていたこともあるのでしょうが、橋口師と小林稔師のそれぞれの人生の研鑽が交錯したこと、舌触りと一緒に一気に脳裏に浮かんできまして、本当に一瞬だけ、グッときちゃいました。いい大人があぶなかったです。ちょうど「名馬の理」を読んでいたことも大きかったのでしょうね。96年のダービーに深みを与える一冊ですよ。


ちょうどいまは皐月賞の有力馬カクテルを紹介しているところ。個人的にはサトノダイヤモンドと話してしまっていますので、ダービー前後でまたお伺いしないとなー、などと思っています。楽しい時間を有難うございました。


…おそらくですが無駄にキャリアを重ねたが故の楽しみ方なのでしょうね。記憶なり思い入れなりが堆積していないと、ああいう風にお酒の舌触りでグッとくることはないでしょうから。

思い出しました。ロックドゥカンブしかりウオッカしかり。馬きっかけでお酒を覚えていった事実も、えぇ、どうやらわるくないと思っていますねw

過去記事でロックドゥカンブのラベルなども見られるはずですので、興味のある方はブログ内検索にて。本気で探したもんなあ〜w



最後に。

熊本の地震、心を痛めております。終了間近の荒尾競馬に行ったことはありまして、個人的には勝手ながら若干の近さを覚えていることもあり。ですので、競馬の、それもいい感じに酔うことができました的な記事をこのタイミングで?と逡巡していたのですが、あまり自粛が過ぎるのもどうかと思い直しました。

テキストなり映像なりが遠隔地から伝わってくるのはテクノロジーありきな訳で、それが全く機能していなければ(想像はしにくいですけれども)知る由もなかったことではあるわけです。その距離感を想定しながら、こちらの日常を崩さないというスタンスもまた大事かなと。

わざわざ雑な話題を振りまくつもりもなく、ひとり分のよかったことをそのまま書いておくか、という整理がつきましたので、本当にそのまま書き連ねた次第です。被害に遭われた方を揶揄するような内容じゃないですものね。心配は別のところで。



さてもう明日には皐月賞。何となく文中で本命馬が知れている気がしていますが、馬場から展開から、しっかり見極めていきたいと思っています。予想の結果如何も大事なのですが、わくわくできる形でダービーにつながってほしいですね。ぜひぜひ。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://keibadecade.blog98.fc2.com/tb.php/907-b8784920